エイプリルフールの起源と守るべきルールをおさらいしてみよう!

シェアする

ssdaasadas

みなさん、普段何気なく嘘を付いているエイプリルフールに起源があったのを知っていますか?

4月1日になった瞬間になんとなく嘘を付いて友達や恋人を驚かせていたかもしれませんが、違う目線でエイプリルフールを過ごしてみるのもまた楽しいかもしれませんよ。そんな本日はエイプリルフールの由来や起源について詳しくご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

エイプリルフールの起源とは?日本への伝来時期は?

エイプリルフールの起源って、そもそも何なのでしょう?
実は、はっきりとした起源や由来は無いようです。一説には、フランスのシャルル9世が、それまでは4月1日であった新年を1月1日とした事で、「嘘の新年」としたというもの。

そのほかにも、4月は大変よく魚がつれる為、「バカな魚(Poisson d’Avril)」とし、お祝いとして嘘をつくようになったというものや、インドの修行僧たちの過酷な修練の終わりにあたる日であり、「悟りの境地から迷いの多い現世に戻る=修行が無駄になる日」であるということでその事を笑う意味を含めエイプリルフールとしたという説など色々です。

ちなみに、日本にエイプリルフールが伝わったのはなんと江戸時代。
でも、現在とは意味が異なり、普段義理を欠いていたことを謝る日であったようです。今のスタイルになったのは大正時代で、パチンコの負けをごまかす為にすりに掏られた嘘をついた人がいたと言う説がありますが、真偽の程は判りません。

いずれにしても、案外に古くからある風習なのですね。


▼エイプリルフールに関するおすすめ記事

エイプリルフール!彼氏にハッと驚くサプライズな嘘を付いちゃおう!
そろそろ3月も終わりに近づき4月になりますね。 4月の頭といったらそうです!エイプリルフール!そんなエイプリルフールに彼氏に対して...

嘘をついてもいいのは午前中だけ?

日本の場合、時間を問わず4月1日は一日中嘘をついていい日と認識されていますが、イギリスやアイルランドでは、午前中だけとなっているようです。

スポンサードリンク

これは、5月29日の旺盛復古記念日の祝祭にて、午前中だけ忠誠の証であるオークの実を服や帽子に付けることとなっているというルールが、そのままエイプリルフールに影響されているとのこと。

その場合には、午後にネタばらしをするそうです。
たとえば、「午後○時から近所に芸能人○○がくるらしいよ!」なーんて言っておいて、午後に嘘だとバラすなど、その事を利用して楽しむのもいいですよね。一日中、ネットニュースや友達からの電話やLINEにはらはらどきどきするのも中々疲れるものなので、午前中に限ってもらったほうがいい面もありますね。

エイプリルフールにもルールやジンクスがある!?

今や、ニュースや企業もこぞって嘘情報を流すほどに定着したエイプリルフールですが、何やら世界の一部地域にはルールが存在するそうです。

・人が心配したり、傷つく嘘は決してつかない。
ドラえもんの話に、しずかちゃんがのび太を「あなたの家が火事よ」という嘘でだますというシーンがありましたが、このような相手を心配させたり、大騒ぎになるような嘘はよくありません。

・騙されてもやり返さない。
相手に嘘をつかれても、リベンジしてはいけない、怒ってはいけないというもの。この日くらいはギャクをかわすことができる大人でいましょうと言う事でしょうか。

・エイプリルフールについた嘘は次の年までリアルなものにならない。
これはちょっと注意が必要ですね。「彼氏が出来たの」「宝くじに当たった」なんて嘘をつくのはやめておいたほうが良いかもしれません。

いずれにせよ、あくまでお遊び。
嘘だと判明したら、大笑いして1日が楽しく過ごせたなぁと思えるような、そんなエイプリルフールにしたいものですよね。

まとめ

エイプリルフールを家族と過ごす人、友達と過ごす人、恋人と過ごす人、いろんな過ごし方をすると思いますが、ほっこりする嘘で素敵な時間を過ごして欲しいなと思います。彼氏と過ごすエイプリルフールなどでも書きましたがそちらの記事も合わせてご覧下さいね。

それでは楽しいエイプリルフールをお過ごしください!嘘の付きすぎには注意ですよ(笑)

スポンサードリンク

関連記事

シェアする

フォローする