日帰りツーリングの季節!持ち物リストをチェックしよう!

シェアする

hhfdgfdsas
晴れた日はバイクで出かけるのもいいですよね。
たまには少し遠くまでバイクに乗っていくのも気分転換になるのでは?そこで今回は、ツーリングの持ち物について紹介したいと思います。ツーリングの持ち物には、ライダーの経験やスタイルが大きく影響するといわれています。
自分にとっての必要なものは何かわかっている人ほどツーリングの達人といえるのかもしれません。

■ライダー用品

スポンサードリンク

・ヘルメット
バイクを乗るときには安全のため絶対に必須です。中型以上のバイクは半ヘルがダメなので、PSGマーク、SGマークがついているヘルメットを選びましょう。

・ライディングジャケット
バイク用のライディングジャケットは、バタつきも少なくベンチレーションのあるモデルなど機能的で良い製品がおすすめです。

・グローブ
操作性、安全性の観点からもグローブは絶対にあったほうが良いでしょう。たとえ、原付でも軍手は安全性に欠けるのでやめましょう。

・ライディングパンツ
夏用はメッシュになっていたり、冬用は防寒使用だったり、プロテクターが入っていたりとジャケットと同じように機能的で良いものを選ぶとよいでしょう。

・ブーツ
ブーツの踵が少しあるだけで走りやすくなります。ブーツは少しサイズが大きめに作られていることが多いので普段はいているサイズより小さめを選ぶとぴったりかもしれません。

スポンサードリンク

・防寒用具
レインウェアでも代替になりますが、それは最後の手段にしてきちんと防寒具を持っていくのがおすすめです。防寒対策には首を温めることがポイントです。なので、ネックウォーマーやリストバンドがコンパクトで効果的と言えるでしょう。

■ツーリング用品

・地図
出かけるからには地図が必須です。昭文社のツーリングマップルが便利で使いやすくおすすめです。このツーリングマップがおすすめの理由は、サイズがタンクバックに入る大きさだということと、十分なツーリング情報が掲載されているからです。カーナビも道案内としては適していますが、ツーリングの気分を盛り上げてくれるのはやはりツーリングマップルだといえるでしょう。

・ヒップバッグ
距離が短いほどヒップバックを使うことで荷物を減らすことができます。

・タンクバッグ
少し停まったときに、さっと出せて使い勝手がよいです。

・ビニール袋
ゴミ袋になり、ブーツカバーがない時の代わりにもなります。

■貴重品など

・免許証
免許不携帯は罰金3000円です。忘れずに携帯しましょう。
・保険証
万が一の事故に備えて携帯しておきましょう。
・車検証
250ccを超える排気量バイクには携帯の義務があるのでご注意!
・財布
旅先での食事やお土産代も忘れずに。
・携帯電話
トラブルが起きた時に助けを呼ぶため。
・ティッシュ
トイレだけでなくなにかと便利。

ツーリングに必要物な持ち物リストの紹介でした。
まとめてみると意外と持ち物が多く感じますが、身を守るためのものもたくさんあるので必要最低限のものをコンパクトにまとめる努力が必要ですね。また、泊まりのツーリングになるとさらに着替えなどの荷物が増えます。
サイドバックなどもうまく活用して安全で楽しいツーリングを!

スポンサードリンク

関連記事

シェアする

フォローする