上橋菜穂子のwikiや経歴プロフィール!結婚や夫は?出身高校などもご紹介!『SWITCHインタビュー』

シェアする

上橋菜穂子
2月8日放送の『SWITCHインタビュー 達人達(たち)アンコール「上橋菜穂子×齊藤慶輔」』に出演した上橋菜穂子さん。

上橋菜穂子さんは児童文学作家、ファンタジー作家という職業なんですが、どんな経歴を持った方なのかとても気になってしまいました。筆者と同じように上橋菜穂子さんに興味を持った方も多いと思うので詳しくご紹介したいと思います。

上橋菜穂子のwiki風プロフィール

上橋菜穂子出典:http://www.asahi.com/shimbun/

スポンサードリンク

名前:上橋 菜穂子(うえはし なほこ)
生年月日:1962年7月15日(54歳)
出身地:東京都
職業:小説家、文化人類学者
最終学歴:立教大学文学部卒業、大学院博士課程(後期課程)単位取得退学
デビュー作:『精霊の木』

上橋菜穂子さんのwiki風プロフィールは上記のようになっています。
幼少期は祖母や両親から民話や本の読み聞かせをたくさんしてもらい、その頃から既に物語を作ることを目指していました。小さい頃に初めて自分で選んだ本は『王様の剣』でした。

出身は東京で品川区にある中高一貫の香蘭女学校に入学。
中学校に入学してからは海外ファンタジーや歴史小説なども読むようになります。本をたくさん読むことで独創的な感性がこの頃から自然と身に付いていたのでしょうね。

スポンサードリンク

高校の頃には『指輪物語』にどっぷりハマッたり海外へ学習旅行に行ったりもしました。幼い頃からすでに自分の中に一本筋が立っていたんだと思います。なんかそう考えるとすごいなって思います。

大抵の人は小さい頃、なんとなく生活して、なんとなく学校に通って勉強して、なんとなく大人になっていく人がほとんどなのに上橋菜穂子さんは自分の進むべき道が見えていたのでしょう。そして、少しずつ形にして結果を出していくのは並大抵の努力では出来ないことだと思います。

日々の積み重ねや努力が培った結果なんですよね。

そして1989年『精霊の木』で念願の児童文学作家デビューを果たします。
上橋菜穂子さんと言ったら『守り人シリーズ』がとても有名ですが、その独特の世界観でその後も描き続けていく作品となりました。

文学作家の人って勝手にお堅い印象を持ってしまい、普段は近寄り難い人なのかなと思ってたんですが、上橋さんの場合はファンとの交流もすごく大事にしているんです。講演会やサイン会なども定期的に行なっていて、ファンとの距離感もとても近いそうです。

上橋菜穂子の夫は?結婚はしているの?

そして経歴の次に気になるのが上橋菜穂子さんは結婚しているのか?そして夫はどんな方なのか?です。

芸術家や作家の人って独自の感性を持っているので、人と一緒に生活したり、ましてや結婚生活などは送れるのかなと思ってしまうんですが、上橋菜穂子さんの場合はどうでしょうか。

調べてみた結果、上橋菜穂子さんは現在も独身のようです。
結婚歴もないのでずっと独身を貫いているということですね。もちろんお子さんがいるという情報も出てこなかったので、大好きな物語を日々創作して仕事一本の生活を送っているのでしょう。

まとめ

2月8日放送の『SWITCHインタビュー 達人達(たち)アンコール「上橋菜穂子×齊藤慶輔」』に出演した上橋菜穂子さんについて詳しくご紹介しました。

現在、NHKで女優・綾瀬はるかさん主演『精霊の守り人』が放送されていますよね。とてもタイムリーな話題ですが、とても面白いドラマだと好評なんです。

スポンサードリンク

関連記事

シェアする

フォローする