珍宝館ってどんな場所?名物おばあちゃんがスゴイ!『月曜から夜ふかし』

シェアする

珍宝館
月曜から夜ふかしで登場した珍宝館。
群馬県で有名なB級スポットということでかなり気になってしまいました。月曜から夜ふかしに登場していたのは珍宝館の名物おばあちゃん。

その名物おばあちゃんのキャラが強すぎてびっくりしました!

珍宝館や名物おばあちゃんについて詳しく調べてみたのでご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

珍宝館ってどんな場所?

まず珍宝館ってどんな場所なのか気になってしまいます。

月曜の世ふかしでは珍宝館がどんな場所なのかには一切触れず、名物おばあちゃんのみにスポットが当たっていました。なので、あの放送を観た人は珍宝館がどんな場所なのかまったく分かりません。

放送を見ていた筆者ですら、珍宝館に何があるのか分からないので、気になって調べてみました。
調べてみるとどうやら秘宝館ということみたいです。でも秘宝館ってなんぞや?と思う人もいると思いますので、具体的に説明すると下世話で変わったものが置いてある場所ということです。

珍宝館で調べるといろんなサイトが登場するので是非、その目で確かめてみてください。
あまりにもソレが露骨すぎるので、当サイトでは掲載を控えさせてもらいます(笑)群馬県ではそこそこ有名なB級スポットの珍宝館。やはりその名前から個性的で面白いものがたくさん置いてあります。そしてなんといっても名物おばあちゃんですよね。

観光客に恥ずかしすぎる下ネ○を連呼する姿はまさに脅威!w
若い女の子や男の子、年配の男性からおばさんにまで下ネ○の嵐です。むしろ珍宝館に行く人は名物おばあちゃんに会いに行って話すのが目的なのかもしれませんね。

珍宝館に置いてある写真を見ましたが、熊の置物やお皿、あとは変わった形をした流木などそれはそれは奇抜で面白いものでしたよ。

スポンサードリンク

珍宝館の公式サイトがあるんですが、これまたとてもユニークなものでした。
公式サイトで既に名物館長ということを公にしているので、珍宝館に行く人はみんな名物館長に会いにいくのが目的なのかもしれません。しかも江頭2:50分にエガ遺産として認定されたと書いてありました(笑)

エガ遺産ってなんだ?!って感じですよね(笑)

男友達同士、女友達同士で観光に行く分にはいいですが、異性友達と一緒に行くと少し気まずい場所かもしれません(笑)
番組内で名物館長の会話には全てピー音がかかっていましたが、相当露骨な下ネ○を話していたのでしょう。逆にピー音が多すぎて気になって気になって仕方ありませんでした。実際に行った人にしかわからない館長のお話なので、興味がある方は是非、珍宝館に遊びに行ってみてはいかがでしょうか。


※”月曜から夜ふかし”の人気記事!

阿部プリンセスキャンディという名前は本名で日本人?年齢や国籍も調査!
6月26日に放送の「月曜から夜ふかし」に出演する阿部プリンセスキャンディさん。 番組にガッツリと出演するわけではありませんが、...

珍宝館の詳しい営業時間、値段、アクセス法

◆珍宝館
営業時間:朝8時半~午後5時(年中無休)
料金:個人1名(高校生以上)1,300円(税込み)団体(40名様以上)1,200円
住所:群馬県北群馬郡吉岡町上野田3366

下記に珍宝館のMAPを載せておきますね。

総展示数は3,500点以上ということなので観に行く価値はありそうです。
観に行ったカップル、夫婦は円満になるとかならないとか(笑)館長のトークはいろんな意味で聞く価値がありますよ!

まとめ

いかがでしたでしょうか?
月曜から夜ふかしで取り上げられた珍宝館。群馬県では知る人は知っているB級スポットとのこと。気になる人は友達や恋人、さらに夫婦で訪れてみるといいでしょう。館長の耳を塞ぎたくなるような下世話なトークも楽しんじゃってくださいね!

スポンサードリンク

関連記事

シェアする

フォローする