プリウスの車検費用の相場は?バッテリー寿命にも注意しよう。

シェアする

gdfadsadas

プリウスの法定費用や重量税はいくら?

いまや、エコカーの代名詞とも言えるプリウス。
歩いていて目にしない日は無いほど、普及していますが、法定費用面のメリットは、エコカー外の車と比べてどんなものでしょうか。

プリウスの重量は約1.3トン。法定費用の区分で中型車にあたります。
通常中型者の法定費用内訳は「重量税+自賠責保険印紙代」の合計で約53000円となりますが、エコカー減税の対象となりますので、この分から、重量税については割引が適用されることになります。

税制は頻繁に見直し、改定されますので、幾ら減税されるのかは、
「日本自動車整備振興会連合会」の「重量税計算ツール」を利用して確認すると便利です。
ちなみに、エコカーとしての基準を満たしているのかどうかは、プリウスでも型式によって異なり、減税無しという場合もあります。エコカー減税対象か否か、国土交通省のHPで確認する事も可能です。また、同じ車種、グレード、型式でも装着するオプションによっては、車両重量や燃費数値の関係で対象か対象外か影響しますので確認が必要です。

車検費用、安く上げるには?相場は?

ハイブリッド車用の診断機、ブレーキ系統において複雑な車の為、ディーラー以外では車検ができないといわれていたプリウスですが、ハイブリッド車の普及に伴い車検店は対応を余儀なくされ、整備工場、車検専門店、カー用品店でも設備や資格を整えることで、車検を行えるようになりました。

但し、中には必要設備や資格を保持していないケースもありますので、お願いする場合には、複雑なブレーキ系統を持つ車種に対応できる技術のある車検業者であるのか、しっかり見極める必要があります。

では、ディーラーと車検専門のフランチャイズでは、どの程度の差があるのでしょうか?ディーラーの場合、トヨタ流点検技術だけで約25000円ですので、それだけを見ても差がありますね。おおよその相場として、ディーラーでは10万~15万程度、町工場や車検専門フランチャイズでは5万前後と言われています。
但し、ディーラーの持つ提案力や情報力は捨てがたいものがあります。
お金に余裕がある場合は、安心出来る方を選択される事をお勧めします。また、車検には、直接には関係が無い整備や、自分でも出来る整備も含まれていますので、丸投げではなく、詳細の見積もりを取って、しっかりと取捨選択して、無駄を省く事でコストダウンを図りましょう。

車検基本料が最大82%OFF!プリウスの車検も格安に!

プリウスのバッテリー寿命を知ろう!

プリウスには、バッテリーが2つ搭載されています。ハイブリッド車専用の駆動用バッテリーと補機バッテリーです。
駆動用は、インバーターモーターを動かす為のものであり、高電圧で大出力可能なバッテリー、補機バッテリーは、エンジンやエアコン、オーティオ等の制御用に装着されているものです。

駆動用バッテリーは10年以上持ちますが、補機バッテリーは約4年~3年で交換が必要になります。
駆動用バッテリーは非常に高く、10万円以上しますが、寿命が長い為交換頻度は高くありません。ちなみに、メーカーは、5年10万キロ保障と駆動用バッテリーに付けています。車の乗り方や走行条件によって異なりますが、5年以内に10万キロに達していない状態で交換となった場合には無償で保障されるようです。

それに比べ、気にしておきたいのは補機バッテリーです。水素ガスを車外に排出しなければならない構造上、駆動用まではいかないにせよ、工賃混みで3~4万円となり、1万円しないガソリン車と比べると高いです。ですが、この補機バッテリーが寿命になると、ハイブリッドシステム全てが動かなくなりますので、マメなチェックが必要となります。

補機バッテリーは、消耗品であるため、乗り方によっては頻繁に交換する必要もありますので、バッテリー交換のタイミング=買い替え検討時期と考えても良いかも知れません。


▼プリウスの車検を格安に!!▼

シェアする

フォローする