面倒な引越し手続き、電気の使用停止・開始手順について(中部電力編、九州電力編)

シェアする

gdfasdadas

電気の引越し手続き(中部電力編)

基本的には、インターネットでのお申込みとなります。

1.必要となる情報を用意する
  ・「カエテネ」に登録しているか、今回の手続きに併せて登録するか。
  ・「カエテネID」「パスワード—「カエテネ」に登録している場合に必要。
  ・「お客さま番号」—「カエテネ」に登録していない場合必要。「電気ご使用量のお知らせ」「電気料金領収書」等に記載。
  ・引越し月の電気料金支払い方法—口座振替、クレジットカード、振込用紙のいずれかを選択します
   ※日割り計算をしてもらえます。
  ・メールアドレス—「カエテネ」登録の場合は必須項目。
2.現住居の電気使用停止手続きを行う
  ・申込は手続き日の翌日から数えて2営業日前までの引越しが対象。
  ・停止の立会いは必要ありません。
   ※「日曜日の5時~6時」「年末年始」は申込みできないので注意が必要です。
3.引越し先での電気使用開始手続きを行う
(1)中部電力の場合
  中部電力内でのお引越しの場合には、停止手続きと開始手続きを併せて実施できます。  
  その際、「カエテネ」への同時登録も可能です。
  電気温水器の使用の有無も必須項目です。使用する際は、引越し日の翌日から使用可能となります。
(2)中部電力外の場合
  引越し先の電気会社を調べて、開始手続きを行ってください。

スポンサードリンク

電気の引越し手続き(九州電力編)

基本的には、インターネットでのお申込みとなります。

スポンサードリンク

1.必要となる情報を用意する
  ・「お客さま番号」—「電気ご使用量のお知らせ」「電気料金領収書」等に記載。
  ・引越し日、引越し先住所—ネットでの手続きには必須項目。
  ・引越し月の電気料金支払い方法—口座振替、クレジットカード、振込用紙のいずれかを選択。
   ※日割り計算をしてもらえます。
  ・メールアドレス—ネットでの手続きには必須項目です。
2.現住居の電気使用停止手続きを行う
  ・申込は手続き日当日から数えて2営業日以降~20日後までの引越しが対象。
  ・停止の立会いは必要ありません。
3.引越し先での電気使用開始手続きを行う
(1)九州電力の場合
  九州電力内でのお引越しの場合には、停止手続きと開始手続きを併せて実施できます。  
  停止申込みに必要な情報を入力後[誤使用開始のお申込み]ボタンをクリックする事で、使用開始の手続
  きに進む事が出来ます。
  開始手続きには「ご使用開始指示数」入力欄があります。「電気ご使用申込書」に記載がある「前契約
  者退居時の指示数(廃止指示数)」を登録します。
但し、実際のメーターの指示数と違う場合にはメーターが示す指示数と「電気使用申込書」記載の計器
  番号を入力します。
(2)九州電力外の場合
  引越し先の電気会社を調べて、開始手続きを行ってください。
  但し、引越し先が関東より北である場合、周波数が異なります。(九州60ヘルツ、関東地方より北50ヘルツ)
  古い電化製品の場合、まれに使用可能な周波数が限定されているものもありますので、注意が必要です。
  取り扱い説明書、または本体の表示を確認してください。

電気の引越し手続き(電話での申し込み)

中部電力、九州電力ともに、基本的にはインターネットによる手続きとなっているようです。
インターネット環境が無い場合には、各営業所へ電話での手続きとなります。各社ホームページで営業所の管轄地域、電話番号が確認出来ます。
問合せ時には、インターネット登録時と同じ情報が必要です。

(1)中部電力
  窓口の営業時間
  月曜日~金曜日:9時~16時
 (土・日・祝日、年末年始(12月29日~1月3日)は、お休みです)
(2)九州電力
  窓口営業時間 
  月曜日~金曜日:9時~16時
  (土・日・祝日、年末年始(12月29日~1月3日)はお休みです)

スポンサードリンク

関連記事

シェアする

フォローする