さいたまんぞうって誰?wiki風プロフィールや現在を調査!『爆報!フライデー』

シェアする

さいたまんぞう

2月24日に放送の『爆報!フライデー』に出演するさいたまんぞうさん。

スポンサードリンク

さいたまんぞう!?と聞いてえっ?!と思った方も多いかと思います。特に今の若い世代は誰だ?と思いますよね(笑)筆者もさいたまんぞうと聞いて芸人の人なのかなと思ってしまいました。

そんなさいたまんぞうさんが爆報!フライデーに出演して現在の暮らしぶりをご紹介します。さいたまんぞうさんに少しでも興味がある方は一緒にチェックしていきましょう。

さいたまんぞうのwiki風プロフィール

さいたまんぞう

名前:さいたまんぞう
本名:牛房 公夫(ごぼう きみお)
生年月日:1948年12月9日(68歳)
出身地:岡山県久米郡柵原町(現美咲町)現在は東京都中野区在住
職種:歌手・タレント・野球審判
所属事務所:ニューライフ企画

さいたまんぞうさんのwiki風プロフィールはこのようになっています。

高校を卒業してからはアマチュアバンドを組みそこでドラムを担当することになります。1980年頃にコミックソング『なぜか埼玉』という曲で一躍有名に。

曲名を見ると分かるように埼玉県を題材にした面白おかしい楽曲なんです。どの時代も県名や地域をモチーフに曲を作る人っているんですね(笑)

お笑い芸人のはなわさんは『佐賀県』という曲で有名になったし、県名とかはネタにしやすいのかもしれません。最近では群馬をディスっている漫画も人気になっていますし(笑)

スポンサードリンク

しかも、さいたまんぞうさんの『なぜか埼玉』自主制作で12万枚もの売上を出しているというのはかなりすごいことだと思います。

音楽以外では草野球の審判をしたり、最近では俳優の仕事も引き受けているようですよ。あの人気映画「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」の決勝戦で審判を演じているのはさいたまんぞうさんなんです。

過去には『とんねるずのみなさんのおかげでした』にも出演していたので驚きです。

ドラムを叩いたり歌手活動をしたり、野球の審判に俳優業。そう思うとかなり多才な人なんですね。

さいたまんぞうの現在はどうなっている?

爆報!フライデーでも現在の姿が流れていますが68歳になった今はどんな生活をしているのでしょうか?!

今の68歳というとみなさんとても元気で若いですから、まだまだ現役でやりたいことをやっているのでしょうね。調べてみるとさいたまんぞうさんの公式サイトもありますし、ツイッターもやっています。

68歳でほぼ毎日ツイッターでつぶやいているのですごいなと思います。年取って機会が苦手というのは一昔前の話しなんでしょう。


こんな感じで野球の試合にも審判として参加しています。
公式サイトを見ると審判歴は35年と書いてあったので、本当に長い間審判として頑張って来た方なのですね。これからも現役バリバリで野球の審判や芸能のお仕事を頑張ってもらいたいものです。

節約ライフを送りながらまだまだ人生の一発逆転を狙っているさいたまんぞうさんを今後も応援したいと思います!

まとめ

2月24日に放送の『爆報!フライデー』に出演するさいたまんぞうさんについて詳しくご紹介しました。

今後のテレビ出演などもあると思いますし、50代60代の方たちからするととても懐かしいさいたまんぞうさんだと思います。なぜか埼玉というコミックソングも面白いですし(笑)

昔を懐かしむ気持ちで応援して行きましょう!

スポンサードリンク

関連記事

シェアする

フォローする