畠山重篤の経歴や家族、子供は?現在の活動や講演情報もチェック!

シェアする

畠山重篤,牡蠣養殖

3月13日に放送する『プロフェッショナル 仕事の流儀』に出演する牡蠣の養殖職人である畠山重篤さん。

スポンサードリンク

3.11の東日本大震災の影響で莫大な被害を受けてしまった宮城県気仙沼市。畠山重篤さんの牡蠣養殖場も壊滅的な被害を受け全てを失うこととなります。

そんな畠山重篤さんの経歴や家族、子供、そして講演会や通販情報などについて調査してみました。牡蠣養殖をゼロからスタートされる日々の奮闘記録なども一緒にご紹介します。

畠山重篤の経歴プロフィールは?

畠山重篤

名前:畠山重篤(はたけやま しげあつ)
生年月日:1943年10月7日(74歳)
職業:日本の養殖漁業家、エッセイスト、京都大学フィールド科学教育センター社会連携教授

畠山重篤さんの経歴プロフィールはこのようになっています。現在74歳ということですが、牡蠣養殖歴はなんと50年にもなるということです。

24歳の頃から牡蠣の養殖をしていたので、かなりのベテランなんです。

そんな畠山重篤さんなんですが、生まれは中国の上海ということ。
そして、戦争が終わったあとに父親の実家がある宮城県唐桑町に移り住むこととなります。宮城県気仙沼水産高等学校を卒業したあとは、牡蠣や帆立の養殖を勉強し、それを自らの本業として携わるように。

本業の牡蠣養殖以外の活動としてはたくさんの著書を出版し、受賞したりしています。

そして、地元の漁師さん達と【森は海の恋人】というキャッチフレーズを掲げ、植林活動を行っています。74歳という高齢にも関わらずとてもエネルギッシュな生き方をしているなと思いますね。

これは僕の勝手な思い込みなんですが、戦争時代を生き抜いて来た方は精神的にも肉体的にも強いなと思います。僕のお爺ちゃんもすでに90歳になるんですが、やりたいことがたくさんあり、それをやりきるまでは生き続けると言ってます。

もうここまで来ると本当に尊敬の眼差しになってしまいます。

畠山重篤の家族や子供は?

畠山重篤さんは現在、結婚をして3人のお子さんに恵まれています。

息子さん達には自分が築き上げてきた牡蠣養殖の技術などを受け継いでほしいと思っていますよね。そしてその願いも叶い、現在は三男であるまことさんという方が養殖業を受け継ぐこととなりました。

スポンサードリンク

まことさんは一時、東京に出て違う仕事をしようと思ったと語っていますが、考えを直し地元に残り牡蠣の養殖を受け継ぐことを決意しました。

畠山重篤さんもそれが決まったときはホッとしたでしょうね。

東日本大震災の被害で今まで築き上げてきた牡蠣養殖場が壊滅的になってしまい、それを立て直すためにゼロから再スタートしたときは本当に辛かったでしょう。

ですが、三男のまことさんの助けなどもあり、本当に心強かったと思いますよ。地震の被害でたくさんのものを失ったことだけでも精神的につらいはずなのに、そのマイナスな気持ちにも負けずに再スタートを切れるメンタルの強さ。

ご家族の支えがあったからこそ出来たことなのかもしれませんね。

畠山重篤の現在の活動や牡蠣の通販お取り寄せ情報は?

畠山重篤さんは牡蠣養殖の他に講演活動などを行っています。本当にエネルギッシュですよね!

先ほどもお伝えしたNPO法人【森は海の恋人】という特設サイトがあるので講演情報が気になる方はそちらをチェックしてみましょう。

畠山重篤さんの豊富な人生観を生で聞くことが出来るチャンスかもしれませんね。

そして僕的に一番気になったのが畠山重篤さんが養殖をした牡蠣はどこで食べることが出来るのかです。ここまで海を愛し、牡蠣の養殖に人生の大半を費やしてきた、そんな畠山重篤さんが養殖する牡蠣がどんな味なのか…これはみなさんもとても気になることだと思います。

生牡蠣って本当に新鮮じゃないと食べることが出来ませんし、場所によって味も全然違うんですよね。僕もたまにオイスターバーとかに行き生牡蠣を食べたりするんですが、美味しいお店は本当に美味しいんですが、まずいところはまずいです(笑)

とくに牡蠣の食べ放題とかやっているお店は微妙なところが多い気がします。まぁこれは僕の持論というか意見なんですけど、ちゃんと品質にこだわっているお店は美味しいんですよね。

話が逸れてしまいましたが、畠山重篤さんが養殖する牡蠣を通販でお取り寄せすることが出来るんです!これには驚きましたね。

2017年4月から牡蠣の通販を開始するということで僕も一度食べてみたいなと思います。

畠山重篤さんの牡蠣を食べてみたい!という方は下記のサイトから購入することが出来ますよ。来月からの販売になります。

水山養殖場WebStore

まとめ

3月13日に放送する『プロフェッショナル 仕事の流儀』に出演する牡蠣の養殖職人である畠山重篤さんについて詳しくご紹介しました。

東日本大震災の被害で1から牡蠣養殖場を再建するということは本当に大変だったんじゃないかと思います。今があるのは畠山重篤さんの努力とそれを支える家族のお力があったからだと思います。

畠山重篤さんには体に気をつけて今後も牡蠣養殖を頑張ってもらいたいなと思います。畠山重篤さんが育てたプリプリの牡蠣も是非、味わってみたいものですね!

スポンサードリンク

関連記事

シェアする

フォローする