友達がいない人に共通する特徴!これからの出会いに生かそう!

シェアする

dsadsasds
自分の周りには友達がいないと寂しい気持ちになり、ふと孤独感を感じることはありませんか?
実は、近年友達ができないことや、友達がいないことに悩んでしまう人が増加傾向にあるようです。社会人の場合は、学生時代は友達もそれなりにいたけれど、仕事の関係で忙しい日々を送っているうちに友達との連絡が徐々に少なくなり、いつの間にか友達も減っていたという人が一番多いようです。

昔から友達づくりが苦手な人や、友達はできるけど減ってしまう人など、多くの方が友達が少ないこと、友達がいないことに悩み、コンプレックスを抱えているかもしれません。

今回は、友達が少ない人や友達がいない社会人に共通する特徴を紹介します。もし、心当たりある方で、悩んでいるので改善したいという方は自分の性格などを照らし合わせてみてください。

スポンサードリンク

性格が内気で、社交的でない

学生時代と社会人との一番の違いは、コミュニティが事前にあるかどうかという点かもしれません。
そのため、学生時代とは違い交友関係を築くことは簡単ではありません。思えば、学生時代にはクラスというものや、部活、サークルなどのすでに用意されたコミュニティが多くあります。

スポンサードリンク

そのため、高校までは社交性が多少欠けていても友人はできる環境にあると言えるでしょう。
しかし、大学進学とともに交友関係をつくるのが難しくなります。大学とは、クラスというものが存在しないからです。また、たとえクラスのようなものがあったとしても、基本的に大学は自分の席というものがないので、毎回の授業ごとに自分で居場所をつくっていかなければなりません。

座る席も毎回変わるため、自分から話しかけない限り友達をつくることは難しいでしょう。また、サークルや部活というものは自らの積極的な行動が必要となります。

日々忙しく、友人と疎遠になる

社会人になると学生時代とは異なり、多忙かと思います。多忙な日々を過ごすばかりに、プライベートな時間が減ってしまうのも無理ありません。
そのため、学生時代の友人と疎遠になることは珍しいことではなくよくあるケースです。また、お互いに忙しくなりスケジュールを合わせられないことも疎遠になる原因の一つでしょう。

さらに、学生時代のバイトと一番違うのは、勤務時間や日数が圧倒的に多いく、家に帰るころにはもう疲れ切ってしまっていることもしばしば。そのため、休日は家で過ごすことが多くなったりしていませんか?

友達が少ないという人やできないという人は、失敗やリスクを恐れてしまっている傾向にあるということが多いです。
相手の顔色をうかがい過ぎてしまい、孤立した時のことを考えてしまいがちで、一歩踏み出す勇気がなかなかもてません。ですが、コミュニケーションは慣れが一番大切です。それなりに場数も踏むことで、自分なりの工夫をすることができるようになり、友人関係を築くことができるようになります。

最初の一歩を踏み出せさえすれば変わるかもしれません。あなたも、勇気をもってコミュニティに参加してみては?

スポンサードリンク

関連記事

シェアする

フォローする