市来広一郎の経歴は?ゲストハウスの場所や料金についても調査!

シェアする

ゲストハウスMARUYAのラウンジ出典:guest house MARUYA

本日、取り上げる人物は市来広一郎(いちき こういちろう)さん。
市来広一郎さんの経歴や、ゲストハウスの場所や料金なども気になってしまったので一緒にチェックしてみましょう!

最近よくゲストハウスとかシェアハウスとか聞きますけど流行っているんですかね?そこらへんの情報に疎いのでそちらも少し調べてみました。さっそくご紹介していきましょう!

スポンサードリンク

市来広一郎の経歴は?

名前:市来広一郎(いちき こういちろう)
生年月日:1979年(37歳)
出身地:静岡県熱海市
職業:株式会社machimori代表取締役、NPO法人atamista 代表理事


市来広一郎さんの簡単プロフィール&経歴は上記のようになっています。
37歳という若さで株式会社の代表取締り役を務めていて、さらにNPO法人の代表理事ということでやり手な人なんでしょうね。素直にすごい!としか言えない(笑)

大学時代に東京に移り住み、ビジネスコンサルタント業務を担当する株式会社IBMに就職することとなります。市来広一郎さんの実家は宿泊業を営んでいましたが、実家に帰るたびに地元が廃れていく様子を見て自分になにか出来ないかと事業を立ち上げることとなります。

熱海といったら一時期、観光や旅行で行ってみたい場所という感じでとても人気がありましたよね。僕も熱海まで旅行しにいって、海で泳いだり、美味しい海鮮を食べたり、たくさん堪能することが出来ました。旅行に行ったのはもう15年くらい前なのでその頃はまだ人がたくさんいて人気がある印象を受けましたが、現在はどうなのでしょうか。


市来広一郎さんはそんな地元熱海をまた活気のある街にしようと奮起します。

少し前は熱海の空き家率は50%を超えていました。
これを聞いてしまうと相当廃れていたんだなと感じてしまいますよね。そんな古い民家や空き家をリノベーションしてカフェやゲストハウスを開業したのが市来広一郎さんということです。

熱海駅から徒歩15分ほどにある熱海銀座商店街。
かつては人で溢れかえっていた熱海銀座商店街ですが、再起をかける前は人通りも少なくなり、活気もなくなってきていました。ですが、市来広一郎さんを中心となり若い起業家たちが熱海銀座商店街を活気のあるストリートに戻そうとカフェやゲストハウスをオープンさせ人足が増えるようになります。

これは成功とも言えることでしょう!

市来広一郎さんが開業させたのは熱海銀座商店街にある「MARUYA」というゲストハウスです。旅館やホテルはしっかりと部屋があり料理が運ばれてきたり、ベットなどでゆっくり眠ることが出来ますがゲストハウスは素泊まりできる簡易ホテルみたいなものです。

スポンサードリンク

カプセルホテルみたいなイメージが近いかなと思いました。

ゲストハウス「MARUYA」の場所や料金は?

市来広一郎さんが開業させてゲストハウス「MARUYA」

気になるのがどこにあるのか?そして宿泊料金はいくらくらいなのかです。先ほど、熱海銀座商店街にあるといいましたが念のため詳しい場所を載せておきますね。

ゲストハウスMARUYAの詳細

ゲストハウスMARUYAの概要出典:guest house MARUYA

ゲストハウスMARUYAの宿泊料金と場所は下記のようになっています。

check in 15:00-21:00
check out 〜11:00

ゲストハウスMARUYA


MARUYAの公式サイトから画像引用させてもらいました。
素泊まり一泊3,600円というのはとても安いですよね。しかもゲストハウスの良いところは共有スペースがあるということです。MARUYAも他の宿泊者達と共有するスペースがあり、そこで会話を楽しんだり、出会いを楽しんだりすることも出来ます。

ラウンジ、キッチンなどが共有スペースとして設けてあり、みんなで料理したりお酒を飲んだり、考えただけでとても楽しそうですよね!僕もこの記事を書いていて旅行に行きたくなってきちゃいましたよ。MARUYAに行こうかな(笑)

朝食は300円払えば味噌汁、ご飯、そして別料金になりますがお好きな魚の干物を付けることが出来ます。熱海といえば新鮮な魚介を味わうことが出来るので、そういうのも楽しみのひとつとなります。

まとめ

熱海銀座商店街にあるゲストハウスMARUYAの生みの親である市来広一郎さん。

市来広一郎さんの力で熱海に少しずつ活気を取り戻しつつあると言えます。今後も起業家を目指す若者達が市来広一郎さんのあとを追ってどんどん熱海に活気を取り戻していくのでしょう。熱海が今熱い!そう言われている意味が分かったような気がしました。

みなさんも是非、熱海に遊びに行ってみましょうね!

スポンサードリンク

関連記事

シェアする

フォローする