浪越徳治郎の経歴や学歴は?死因や家族、子供の情報もご紹介!

シェアする

本日気になる人物は”ジェット浪越”こと浪越徳治郎さん。今の若い世代の方達はあまり知らないと思いますが、浪越徳治郎さんの経歴や学歴、そして死因や嫁、子供について詳しくご紹介したいと思います。

なんと言っても僕は“天才たけしの元気が出るテレビ”世代の人間なので”ジェット浪越”さんのことは知っています。アーハッハッハッハ!とユニークな笑い声だったのがとても印象的です。いつの間にか見なくなったなーと思ったら当の昔に亡くなっていたんですね。

それではさっそくご紹介しましょう!

スポンサードリンク

浪越徳治郎の経歴や学歴?

浪越徳治郎画像引用:株式会社 浪越指圧アソシエイツ

名前:浪越 徳治郎(なみこし とくじろう)
生誕:1905年11月15日
出身地:香川県仲多度郡多度津町
死没:2000年9月25日(満94歳没)
別名:ジェット浪越 アッハー浪越
職業:指圧師


浪越徳治郎さんの簡単な経歴プロフィールはこんな感じになっています。

94歳でなくなっているので大往生だったんじゃないかと思います。僕が元気が出るテレビで浪越徳治郎さんを観てた頃はすでに80歳を越えていたんですね。とっても元気なおじいちゃんというイメージで観てたのでその頃すでに80歳を越えているなんて思ってもみなかったです。

ジェット浪越というニックネーム以外にアッハー浪越というニックネームがあったのも初めて知りました。
浪越徳治郎さんが指圧に目覚めた理由というのがとても健気というか優しい人なんだなというエピソードがあります。それはリウマチ持ちだったお母さんの痛みを自分の手でどうにか軽減してあげたいという気持ちで、指圧を編み出したとか。

昭和15年、現在の文京区に日本指圧学院を創立することとなります。

“指圧”という言葉を付けたのも浪越徳治郎さんなんですよ。
さらに、あの絶世の美女であるマリリンモンローが日本に来日したさいに、胃痙攣を起こしてしまい浪越徳治郎さんが素手で直接指圧してあげたという逸話もあります。マリリンモンローの体に触れた唯一の日本人ということです。これもすごい話ですよね。

スポンサードリンク

他にも多数の著名人を指圧したことで有名な浪越徳治郎さん。
指圧した著名人を上げるとするとモハメド・アリ、吉田茂首相、歴代の内閣総理大臣などなどです。1980年後半頃に”天才たけしの元気が出るテレビ”に出演したことでその名を全国区に轟かせます。

浪越徳治郎の家族、子供について

全世界に“指圧”という言葉を広めた張本人ということですが、そんな浪越徳治郎さんの強い意志を受け継いだ息子(浪越徹)や孫(浪越孝)が現在では指圧業界で活躍しています。浪越徳治郎さんの息子・浪越徹さんはプロボクサーのファイティング原田の指圧トレイナーをしていました。カナダやオランダで指圧を広めるためにセミナーなどを積極的に開催します。

ですが、浪越徹さんは1994年に父・浪越徳治郎さんよりも一足早く亡くなってしまうこととなります。息子さんが自分よりも早く亡くなってしまったことに相当ショックを受けたでしょうね。ですが、浪越徹さんの息子さんである浪越孝さんがしっかりと指圧を受け継いで今現在も活躍しています。

浪越孝さんは指圧の可能性追い求め、さらに世の中にもっと広めるべく、株式会社 浪越指圧アソシエイツを2001年に設立しました。この行動力は尊敬に値しますね。

もちろん国内、国外でセミナーや講演会を積極的に行い指圧の知識をいろいろな人に教えています。指圧をこよなく愛し、指圧の為に生まれた指圧のプロとはまさに孝さんのことかもしれません。

浪越徳治郎の死因は?

息子さんやお孫さんに恵まれた浪越徳治郎さん。

そんな浪越徳治郎さんが94歳で亡くなってしまいましたが、気になる死因はなんだったのでしょうか?調べた結果、2000年9月25日肺炎でお亡くなりになりました。

高齢の方は肺炎で命を落とすリスクが高まりますから、たかが肺炎と安易に考えてしまうのはとても危険ですよね。94歳まで生きて寿命を全うしたので浪越徳治郎さん的には大満足だったんじゃないでしょうか。きっと充実した人生を送られたことだと思います。

まとめ

爆報!THEフライデーに取り上げられたジェット浪越こと浪越徳治郎さんについて詳しくご紹介しました。

今、指圧という言葉が多様され、いろんなところに指圧マッサージを受けられる施設がありますが、そのすべてが浪越徳治郎さんの功績があったからこそだと思います。僕も指圧マッサージは受けたことがないのでこれを機に興味が沸いたので受けてみようかなと思います。

普段、パソコンをよく使うので首から肩がとても凝っているんですよね。これは指圧マッサージを受けるにはもってこいですよ。指圧マッサージを受けたらまたこちらで紹介しますね(笑)

スポンサードリンク

関連記事

シェアする

フォローする