多田弥生(多田屋)の学歴や出身大学は?前職についても調査!

シェアする

多田屋旅館の多田弥生さん画像引用元:日本仕事百貨

本日、気になる人物はTV番組・ノンフィクションに出演した多田屋旅館で働く多田弥生さんです。
ノンフィクション放送内では多田弥生さんに密着し日々の生活をドキュメントとして放送しました。その中でも不妊治療、人工授精の決断など、お子さんを授かるためのさまざまな葛藤や悩みがあったみたいですね。

そんな多田弥生さんの学歴や出身大学、そして前職について調査してみました。さっそくご紹介していきましょう!

スポンサードリンク

多田弥生の学歴や出身大学、前職を教えて!

名前:多田弥生(ただ やよい)
年齢:39歳
出身地:千葉県


多田弥生さんの簡単プロフィールはこんな感じになります。

もともと千葉県出身ということで高校や大学は関東圏内に通学していたと思います。どんな学歴があるのかもう少し突っ込んで調べてみました。

多田弥生さんは東京にある看護短大を卒業後、都内にある大学病院で小児科の看護師として働いていました。小児科で働いていたのでもともと子供好きだったのかもしれませんね。ご自身に子供が出来ないことで悩んでしまう気持ちは痛いほど分かります。

東京にある看護大学で有名どころは東京女子医科大日本赤十字看護大学などでしょうか。多田弥生さんがどこの看護短期大学に通っていたのかまでは情報が出て来ませんでした。医療に従事していたのでご自身の不妊原因などについても理解していたのかもしれませんし、積極的に治療に臨むことが出来たのかもしれませんね。

スポンサードリンク

看護師の仕事から高級温泉旅館の若女将に転職するというのはかなり勇気のいることだと思います。
普通に考えて医療の仕事に就きたいから看護師の資格を取り、都内の大学病院で働くことになったわけですよね。ご自身の努力で希望通りの職に就くことが出来たのに、若女将になることに対しての抵抗などはなかったのかなと思ってしまいます。

結婚相手が普通のサラリーマンとかだったら恐らく今も看護師の仕事をしていたかもしれませんが、多田弥生さんの夫である健太郎さんの実家が家業をしていたのでやはり避けては通れない道だったのでしょう。

地元を離れ、慣れない女将という仕事をするというのはかなりの不安やストレスがあったと思います。
自分に例えて考えてみると、とてもじゃないけど真似できないかなと思ってしまいますね。住み慣れた地元を離れるだけでも寂しいし、友達ともお別れしないといけないので精神的に厳しいなと思ってしまいます。

しかも相手のお家に入るわけですから、自分のことを唯一理解してくれるのは旦那である健太郎さんのみということですよね。言葉が悪いですが義理の父親や母親はあかの他人なわけですから。新しい仕事を覚えることで心が休まる日はなかったかもしれません。

それに付け加えて多田屋の跡取りを期待されるわけです。
不妊治療をしてもまったく子供が出来ないことに対してのプレッシャーも相当あったと思いますよ。そういうプレッシャーがあったからこそ、人工授精の決断をしたわけですから。多田弥生さんはとても強い人なんだなと思いました。

まぁ、看護師の仕事が出来るくらいの人なのでもともとのメンタルは強いでしょうけど(笑)

まとめ

ノンフィクションに出演する多田屋旅館の若女将である多田弥生さんについて詳しくご紹介しました。

女将の仕事をする前は大学病院の小児科に勤務していたというから驚きですね。看護の仕事と旅館の女将の仕事は180度違う職種だと思いますが、今後もめげることなく頑張って欲しいなと思います。

多田弥生さん!頑張ってくださいね。応援してます!

スポンサードリンク

関連記事

シェアする

フォローする