中道貴之(元ラグビー選手)の経歴や陸上記録は?職業についても調査!

シェアする

本日気になる人物は元ラグビー&陸上選手中道貴之さんです。

高校の頃まではラグビーが本業で、大学進学後は陸上競技に専念し素晴らしい記録を残しています。ラグビーと陸上で結果を出しているってすごいですよね。そんな中道貴之さんの経歴や陸上記録、そして現在の職業についてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

それではさっそくご紹介しましょう!

中道貴之(元ラグビー選手)の経歴や陸上記録は?

中道貴之

名前:中道貴之(なかみち たかゆき)
国籍:日本
種目:100m
所属:ミズノ
大学:日本大学
生年月日:1969年4月17日(47歳)
出身地:三重県
引退:1996年
成績:国内大会決勝 日本陸上競技選手権大会 100m 3位 (1987年, 1990年)
自己ベスト:100m 電動:10秒35 (1992年)手動:10秒1 (1987年)


中道貴之さんの経歴プロフィールはこのようになっています。

出身地は三重県で高校は三重県立木本高等学校に進学。
このときにラグビー部に所属して、全国高等学校ラグビーフットボール大会にウイングとして出場することとなります。

高校生の頃はラグビー一筋だったのかなと思いきや、高校3年の頃に三重県高等学校陸上競技春季大会に出場し100mを走ります。この時、初めて走ったにも関わらず10秒2という高校新記録を出します。その1ヶ月後に日本陸上競技選手権大会で100mを走り見事3位に入賞!

さらに三重県陸上競技選手権大会100mで10秒1という驚きの日本同一記録を出します。

この時点でラグビーよりも陸上の方が向いてるのかも?と自分の中で思ったかもしれないですよね(笑)
恐らく周りの大人達はラグビーよりも陸上競技に専念して欲しいと思ったはずです。ラグビーはどんなに自分が他より長けていてもチームプレーだし、チームが勝ち進まないと結果は残せません。ですが、陸上競技はチーム戦もありますが、ほとんどの競技が自分ひとりで結果を出すことが出来ます。

そう思ったときにラグビーで結果を出すよりは陸上で結果を出す方が理にかなっていると思うはずです。

ですが、中道貴之さんは陸上よりもラグビーの方に情熱を燃やしていたみたいですよ。
現にローマで開かれる世界陸上競技選手権を要請されたんですが、ラグビーがあるからといって断っていますから。でも日本大学に進学したあとはラグビーではなく陸上競技に専念するようになります。中道貴之さんの中で何かきっかけや心変わりがあったのでしょうか。

スポンサードリンク

僕が同じような境遇だったら間違いなく陸上を選んでいると思います(笑)むしろ高校の頃に初めて100mを走って10秒2を出した瞬間に陸上にシフトチェンジするだろうなと(笑)その方が確実に実績を残せそうな気がしますし…。

中道貴之の陸上競技の記録が気になる?!

中道貴之さんの陸上競技での記録がとっても気になってしまいますよね。

下記にまとめておいたのでチェックしてみましょう!

1987年
・日本陸上競技選手権大会 100m 3位 10秒73

1988年
・世界ジュニア陸上競技選手権大会 100m 2次予選1組7着 11秒11 4×100mR 6位 40秒27
・アジアジュニア陸上競技選手権大会 100m 2位 10秒65
・日本陸上競技選手権リレー競技大会 4×100mR 3位 40秒97

1989年
・日本学生陸上競技対校選手権大会 4×100mR 優勝 39秒83
・日本陸上競技選手権大会 100m 6位 10秒49
・ユニバーシアード 4×100mR 予選失格
・アジア陸上競技選手権大会 100m 3位 10秒48 4×100mR 2位 39秒64

1990年
・日本陸上競技選手権大会 100m 3位 10秒58
・アジア競技大会 100m 予選

1991年
・日本陸上競技選手権リレー競技大会 4×100mR 優勝 39秒35

1992年
・全日本実業団対抗陸上競技選手権大会 100m 優勝 10秒44

1993年
・日本陸上競技選手権大会 100m 6位 10秒83

中道貴之さんの陸上競技での大会記録はこのようになっています。

3回も優勝しているのに驚きますが、それ以外にも2位3位と上位入賞しているのが分かります。これだけの陸上記録を残せるというのはやっぱり天性の才能があったということでしょう。ラグビーだけやっていたらこの才能には気が付かなかったかもしれませんよね。

中道貴之の職業は?

これだけ素晴らしい陸上記録をいくつも樹立した中道貴之さんですが今現在はどのような職業に就いているのか気になります。陸上競技は何歳まで現役として活動していたのでしょうか。

調べてみた結果、、

日本陸上競技選手権大会アジア陸上競技選手権大会では素晴らしい活躍を見せてくれたんですが、ミズノに就職したあとは思うような結果を残すことが出来ずに27歳という若さで現役を引退するようになります。そのままミズノで現在も働いているのかと思ったら違いました。

現在は何をしているのかというと、地元三重に帰り教員(三重県立紀南高等学校)の仕事をしているようです。自分が培ってきた陸上競技に関する知識を若い世代に教えているようです。学生達に自分の経験したことや練習方法などを細かく指導している様子が目に浮かびますね。

ひとつの道を極める為にはその道のプロに聞け!と言いますから、学生達も素晴らしい環境で切磋琢磨して日々、練習しているのでしょうね。

まとめ

元ラグビー選手で陸上競技で素晴らしい記録を樹立した中道貴之さんについて詳しくご紹介しました。

ラグビーでも活躍し、それ以上に陸上競技でも素晴らしい記録を残したことは今後もいろんな場所で語り継がれていくのでしょうね!世の中には素晴らしい才能を持った人たちがわんさかいるんだなと感心してしまいました。

スポンサードリンク

関連記事

シェアする

フォローする