イオン入間店の駐車場で衝突事故が起きた原因は?画像や怪我人は?

シェアする

今、速報で埼玉県入間市にある【イオン入間店】の駐車場で衝突事故が起きて複数の人たちが怪我で病院に救急搬送されたとニュースで報道されました。

そもそもイオンの駐車場内で怪我人が出るほどの衝突事故が起こるものなのか?気になる原因や事故画像について詳しくご紹介したいと思います。ただでさえ最近は高齢者が運転する車が小学生の列に突っ込んで大惨事を起こしてしまったり、心が痛む事故が多発しています。

スポンサードリンク

自分は大丈夫!と安易に考えているとのちのち大事故を起こしてしまう可能性もあります。そういうときに事故の原因などを頭の隅に入れておくのも大事ですよね。

イオン入間店の駐車場で衝突事故!

まず、気になるのが事故の概要です。

埼玉県警によると、21日午後8時ごろ、同県入間市上藤沢の商業施設「イオン入間店」の駐車場で、数台の自動車と歩行者が絡む交通事故が発生した。 重傷者がいるとの情報があり、県警が詳しい状況を調べている。

事件の概要はこんな感じになっています。

報道の内容を見ると運転をしていたのは60代~70代の高齢者ということ。
この運転手の方がまず1台に衝突してしまい、そこで停車することなくまた次に衝突、さらにまた衝突と合計4台の車に衝突してしまったようです。

さらに運が悪いことに車に衝突しただけではなく歩行者の人も巻き込んでしまったからたちが悪い。

衝突音に気がついたイオン入間店の店員さんが事故に気がつき110番をしたとのこと。
現段階では運転をしていた高齢者の方の性別や名前などは公にされていませんが、何か持病などを持っていたのでしょうか。

車の玉突き事故やノーブレーキで突っ込んでしまう事故などはたいてい持病を持っていたり、軽度の認知症を患っていたりします。もしかしたら今回も運転手の方は何かしらの持病を持っていた可能性も高いですよね。

60代~70代ともなればただでさえ判断力や即座の瞬発力などがかなりにぶります。ブレーキとアクセルを間違えて踏んでしまうこともあると思います。

最近はこの手の事故が本当に多いので、高齢者の方の免許返還義務などをもう少し徹底した方がいいんじゃないかと思いますよ。もし自分の大事な身内がこのような事故に巻き込まれ命を落としてしまったらと考えるととてもやるせない気持ちになってしまうと思います。

スポンサードリンク

田舎の地域に行けば車がないと何も出来ないという意見もたくさんあると思います。車がないと農家の人などは作物も運べないし、仕事になりませんよね。ですが、人の命を巻き込んでしまうような重大な事故を起こしてしまってからでは遅いと思うんですよ。

今すぐに高齢者の方の免許返還を義務付けるというのは無理な話しですが、行政には何かしらの早い対応をお願いしたいです。他人を巻き込んだ車の事故が起こると最近はまたか…と思ってうんざりしてしまうのも確かです。

それは僕だけではなく世間の人たちも思っていることだと思います。

イオン入間店の衝突事故の画像や怪我人の状態は?

運転手の方の情報はまだ60代~70代としか報道されませんでした。

事故の画像や怪我人の方達の容態が気になりますよね。



6人の方達が病院に救急搬送され、一人の方が重症と報道されました。

怪我をした方達の安否がとても気になってしまいますが、運転をしていた高齢の方も怪我をしたのでしょうか。そこも心配ですね。運転をしていたのが60代~70代の方ということで、自分の親と同じくらいの人の事故だと思うとなんとも悲しい気持ちになってしまいます。

運転手の方も事故を起こしたくて起こしたわけではないですし、運転するときは気を付けてとしか言いようがないんですよね。危ないから運転しない方がいい!と言うのもおかしな話だし…。

高齢者の車の運転問題というのは今後もさらに問題視されることは間違いないでしょうね。

スポンサードリンク

関連記事

シェアする

フォローする