宮崎歩の経歴や歌詞について教えて?年収やライブ活動も調査!

シェアする

本日気になる人物はミュージシャンでシンガーソングライター宮崎歩(みやざき あゆみ)さんです。

この方はジャニーズ事務所に所属するアイドル達ととても深い繋がりがあるんです。シンガーソングライターなので楽曲提供をしたり、自身もライブ活動をしたりしているみたいですね。

そんな本日は宮崎歩さんの経歴や歌詞、そして年収やライブ活動について調査したいと思います。それではさっそくご紹介しましょう!

スポンサードリンク

宮崎歩の経歴や歌詞について教えて?

宮崎歩

名前:宮﨑 歩(みやざき あゆみ)
別名:アユミ
生誕:1971年8月25日(45歳)
出身地:東京都
ジャンル:J-POP、アニメソング
職業:シンガーソングライター、作詞家、作曲家、編曲家
担当楽器:ボーカル、ギター
活動期間:1991年 – 現在
レーベル:FEEL MEE DONBURI RECORDS


宮崎歩さんの経歴プロフィールはこんな感じになっています。

職業は作詞作曲などを手がけるシンガーソングライターです。
自身でもボーカル、ギターを担当し、ライブ活動なども行なっていたみたいですね。宮崎歩さんのお父さんが作曲家の宮崎尚志さんで、お母さんが歌手の中野慶子さん、お兄さんが作曲家の宮崎道さんという音楽一家で育ったわけです。

さらに甥っ子は俳優の志尊淳さんという音楽&芸能一家ということでバックボーンは素晴らしいの一言ですね。
宮﨑歩さんがバンドに興味を持ったのが中学生の頃でそのときはベースを担当していたとのこと。ですが、そのあとにすぐギターに転身することになります。高校時代にギターのテクニックや作曲法などに磨きをかけ、シンガーソングライターを目指すようになったみたいですね。

バンドを組んでロック(音楽)で世界を変えてやる!という志向ではなく作詞作曲を自ら行い楽曲提供などをする仕事に就きたいと思っていたのがとても堅実だと思います。若いながらに将来のことを真剣に考えていたんだと思いますね。

高校の頃に思い描いていたシンガーソングライターの道に進むことが叶い、25歳の頃に作曲家として成功することとなります。1999年にはテレビアニメ『デジモンアドベンチャー』の挿入歌である「brave heart」を担当し、以降のデジモンシリーズの歌を自身が担当することとなります。

最近ではジャニーズやその他のアーティストに楽曲提供を行いつつ、宮崎歩さん自身もライブなど精力的に活動しているみたいですよ。

ジャニーズで楽曲提供を行なっているのが、嵐、V6、Kinki kids、KAT-TUN、Hey! Say! JUMP、ジャニーズWESTなどなど名前を挙げたらキリがないくらいです。嵐の名曲、「ハダシの未来」も手がけているというのだから驚きです。

ジャニーズ以外のアーティストだと、島谷ひとみ、土屋アンナ、和田アキ子、工藤静香、深田恭子、椎名へきるなどなどです。楽曲提供しているアーティストがあまりにも多過ぎて全部あげるのは無理ですね(笑)

スポンサードリンク

宮崎歩の年収やライブ活動は?

次に気になるのがシンガーソングライターである宮崎歩さんの年収やライブ活動について調べてみました。

もちろん宮崎歩さんが自身の年収を世の中に公表しているわけではないのでシンガーソングライターの平均年収を調べてみました。調べてみた結果、ザックリですが年収1,000万円以上はくだらないということです(笑)

ですが、売れればというのが前提にあります。
売れなければ年収100万円未満もざらにありますし、一発当てたら年収1000万円は越えるということです。宮崎歩さんほどの人になると年収1000万円はくだらないレベルだと思いますね。ジャニーズやその他の有名アーティストに数えられないほどの楽曲提供しているわけですから。貯金額は数億円以上はありそうです(笑)

次は、宮崎歩さんのライブ活動についてみていきましょう!

宮崎歩さんご自身のツイッターを発見したので載せておきますね。


次回のライブは2017年7月15日19:30時~広州って書いてありますね。
ということは日本でライブではなく中国でライブがあるということになります!宮崎歩さんの出演するライブを観に中国まで行くというのは難しいのでまた日本でライブをするまでおとなしく待ってましょう!(笑)

そしてこんなこともつぶやいていました。

志尊淳さんがVS嵐に出演した際に叔父である宮崎歩さんのことについて嵐に報告したみたいです。

まとめ

作詞作曲を手がけるシンガーソングライターの宮崎歩さんについて詳しくご紹介しました。

まさかあの人気テレビアニメ、デジモンの楽曲制作をしていたなんて驚いてしまいました!その当時、ポケモンやデジモンは超が付くほど大人気でしたから、もちろん僕の世代でも知っています。もちろん嵐の「ハダシの未来」も知っていますし、宮崎歩さんがアーティストに提供した楽曲たちはいろんな場所で聴いていると思います。

今後もたくさんの人たちを感動させる素敵な楽曲をたくさん作って欲しいなと思います。宮崎歩さん!期待していますよ!

スポンサードリンク

関連記事

シェアする

フォローする