父の日に贈りたい扇子ギフト!名入れサービスを活用しよう!

シェアする

hgdsfasdas
毎年6月第3日曜日は、いつも頑張る大黒柱お父さんの日です。
いつもはなかなか言えない日頃の感謝の気持ちをこの日ぐらいは伝えたいですよね。そこでいざプレゼントを贈るとなっても、何を贈ればいいかと迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。

今回は、そんな父の日のプレゼント選びで迷っているあなた伝えたいのが扇子のギフト紹介です。
6月という季節を考えても、ジメジメとした暑い日に扇子は大活躍するので父の日のプレゼントとして人気があります。

スポンサードリンク

▼合わせて読みたい父の日おすすめ記事
父の日のプレゼントは人気ブランドベルトで決まり!

扇子の種類

扇子と言っても実に様々な種類があることをご存知ですか。
夏扇子、飾り扇子、舞扇子、茶扇子、祝儀扇子などがありますが、父の日にぴったりなのは夏扇子です。夏扇子とは、夏にあおいで涼むためのもので、気軽に持ち歩いて使うことができます。

夏扇子には男性用と女性用があり、サイズが一回り違うので購入の際に確認しておくと安心でしょう。

手描き瓢箪紺地60本骨

こちらは人気のある京扇子のうちのひとつです。
紺地の和紙に手描きでひょうたんが描かれており、シンプルなデザイン故年齢を問わずに使用できるため人気となっています。

スポンサードリンク

ひょうたんは、除厄招福や子孫繁栄の象徴とされており、縁起がいいというのもプレゼントにおすすめの理由となっています。
また、こちらは骨の数が60本と通常よりも多くなっているので、仕立てには高度な技術が要されるため高級扇子となっています。ちなみに、骨の数が多いほど、あおいだ時の涼風も大きくなるので暑い時期に最適な扇子です。

手引きカスミ紺地煤竹

こちらも人気のある紳士用夏扇子のひとつです。
和紙・骨ともに最高級の素材を使用し、さらに京都の職人がひとつひとつ熟練した技術で丁寧に仕上げている手作り扇子です。

職人がひとつひとつ手で引いた明るい紺色のカスミ柄が入ったデザインのため、若い人にも使いやすくおすすめです。
また、骨が煤竹で高級感のある落ち着いた雰囲気があるのもポイントとなっています。骨の数は45本と通常よりも多めになっており、開きがよく竹のしなりもあるため、より涼風を感じることができます。

伊勢丹の名入れサービスを活用しよう!

伊勢丹では毎年父の日だけの特別なイベントを開催しています。
様々なサービスが展開されていますが、注目したいのが扇子の名入れサービスです。扇子を購入するとなんと無料で、書道家に名前を入れてもらうことができるのです。

名前の入ったアイテムは、愛着も湧き気に入ってもらえること間違いなしでしょう。商品も当日持ち帰れるというのもうれしいですよね。
以上、父の日にプレゼントしたい扇子紹介でした。エコグッズとしても、注目されている扇子はおしゃれで実用的なアイテムとしてプレゼントにぴったりです。コンパクトなサイズ感なうえに、あおぐと意外にも涼しいというのが人気の秘密のようです。

今は、モダンでスタイリッシュなデザインがたくさんあるので、ぜひお父さんにぴったりな扇子を選んでプレゼントしてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

関連記事

シェアする

フォローする