濱口竜平のプロフィールや職業は?おすすめプリンレシピもご紹介!

シェアする

プリン

本日気になる人物はプリンに人生を賭けた濱口竜平さんです。

濱口竜平さんは全国のプリンを食べつくしたと豪語するくらい大のプリン好き!プリンのことなら濱口竜平さんに何でも聴け!というくらいプリンに関して豊富な知識があります。そんな濱口竜平さんのプロフィールや職業、おすすめプリンレシピなどについて詳しくご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

それではさっそくご紹介したいと思います。

濱口竜平のプロフィールや職業は?

濱口竜平

名前:濱口 竜平(はまぐち りゅうへい)
生年月日:1972年1月17日(45歳)
出身地:宮城県仙台市
前職:ツアーコンダクター、イベントスタッフ、外資系保険会社の営業マン、店舗プランナー
趣味:料理、陶芸、歌う
好きな食べ物:プリン、寿司、カレー


濱口竜平さんの簡単プロフィールはこんな感じになっています。

出身地は宮城県仙台市現在45歳の男性です。
濱口竜平さんの現在の肩書きは国際プリン協会会長とのことです。プリンに魅了されて会長の座に上りつめてしまうというのは本当にすごいですね。

プリンに出会いハマり始めたのが小学生の頃で、その頃から将来プリンのお店を持つことが夢だったみたいですよ。確かに僕も小学生の頃からよくプリンを食べてましたし、今でも食べるくらい大好きだけどプリンのお店を持ちたいと思ったことはないですね(笑)

濱口竜平さんのプリンに賭ける情熱がハンパないということが分かります。
そして、濱口竜平さんはプリンに対して、命のおかしと命名しています。その理由は命を引き継ぐたまごと命を育む牛乳で作ることから【命のおかし】と呼ぶようになりました。なるほどーという感じですよね。

ひとつのことに人生を賭けるくらい熱中できることがあってうらやましいなとさえ思ってしまいます。

スポンサードリンク

好きなことだからこそ情熱を燃やすことが出来るんですよね。プリンは食べるだけでそこまで深く考えたことがないですから(笑)

その情熱はプリンを食べることだけではなくプリンを作る過程からこだわりがあるらしく、全国47都道府県を巡り本当に良い鶏や牛を探し、自ら製造し小学校からの夢だったプリン屋をオープンすることとなります。プリン屋をオープンするまでに何千回と試作を繰り返し、ようやく濱口竜平さんが納得いくプリンレシピが完成したらしいです。

プリン屋は3店舗まで展開しましたが東北大震災の被害でレシピや屋号を受け渡し、今現在はプリンコンサルタントのお仕事をしているとのことです。

濱口竜平のおすすめプリンレシピ

そんなプリンを愛してやまない濱口竜平さんのおすすめプリンレシピをいくつかご紹介したいと思います。

以前、マツコの知らない世界にも出演していた濱口竜平さん。
そのときにご紹介していたプリンをいくつかご紹介しますね。是非、チェックしてみましょう!

コンビニでお手軽に購入することが出来るプリンから本格的なプリンまでどうぞ!


◆絶品プリン

・プルシック「所プリン」
・元祖プリン屋「まったりプリン」
・おやつとやまねこ「尾道プリン」
・とあっせ「芦屋ぷりん 想(そう)」
・プリン研究所


◆コンビニプリン ベスト3

・ファミマ「プレミアムくちどけ贅沢プリン」
・サークルKサンクス「窯出しとろけるプリン」
・ローソン「ピュアカスタードプリン」

濱口竜平さんのおすすめするプリンはこんな感じになっています。

プリン好きな方はまずコンビニプリンから食べていくといいかもしれませんね。簡単に購入することが出来ますし、自分の口に合うものが見つけやすいと思います。僕はもっぱらぷっちんプリンばかり食べてますけどね(笑)

たまごのコクというか味の深みがあるプリンも好きなんですけど、ぷっちんプリンみたいに昔っぽいオーソドックスな味のプリンが大好きなんです。味覚音痴っていうのもあるんですけど、ストレートに美味しいっていう感じですね。

まとめ

プリンを愛してやまない濱口竜平さんについて詳しくご紹介しました。

全国のプリンを1万種類以上食べたとマツコの知らない世界で言ってましたが、糖尿病とかにならないように気を付けて欲しいなと思います。今後もプリンの味を追求して、美味しいプリンをたくさん製造して欲しいなと思います。プリンのことを調べてたらなんだか急に食べたくなって来ちゃいました(笑)

スポンサードリンク

関連記事

シェアする

フォローする