亀田興毅に勝ったら1000万円の結果速報!挑戦者や会場も調査!

シェアする

「亀田興毅に勝ったら1000万円」

本日18時からインターネット放送、AbemaTVで「亀田興毅に勝ったら1000万円」チャレンジ企画の結果について独自の感想などを述べてご紹介したいと思います。

亀田興毅選手は現役を引退してから約1年半という月日が経ち、まったく運動をせず好きなものを食べたり飲んだりの生活が続いていたみたいですね。そんな生活をしている中、今回の「亀田興毅に勝ったら1000万円」チャレンジ企画のオファーが来たと言ってました。

スポンサードリンク

この企画には約2,000人を越える応募者が殺到し、予選会で選抜された4名が亀田興毅選手と対決する権利を得ることが出来ました。2,000人以上の応募者の中から選ばれた4名ですから、かなりの猛者達なのは言うまでもありません。

それでは「亀田興毅に勝ったら1000万円」チャレンジ企画の結果や挑戦者4名について詳しくご紹介したいと思います。

亀田興毅に勝ったら1000万円の会場やルールは?

「亀田興毅に勝ったら1000万円」チャレンジ企画の詳細を下記にまとめてみました。

◆亀田興毅に勝ったら1000万円のルール

1人3分3ラウンドを戦い、興毅氏を倒せば1000万円がもらえるというもの。

引用元:http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170507-OHT1T50097.html

亀田興毅選手と3分3ラウンドをボクシングルールで戦って勝つというのがルールです。

亀田選手は最初このオファーを断ろうとしたと言ってましたが、ボクシングルールであるならオファーを受けてみようと気が変わったみたいですね。やはり素人に負けることはないにせよ万が一のことがあったら格好がつかないし、ボクシング界に泥を塗ることになってしまいます。

さらに、1年半のブランクにも多少の不安があったんじゃないでしょうか。

「亀田興毅に勝ったら1000万円」チャレンジ企画の会場について調べてみましたが、その会場名はどこにも公表されていませんでした。やはり、人が押し寄せたり野次馬が来たりすると集中力も欠けてしまうし、1,000万円がかかっている真剣試合なので、そこらへんは慎重になったのかもしれません。

ただ会場内には挑戦者の関係者や周囲の人間、芸能人などの観客がたくさんいました。試合を観戦できる人は挑戦者の関係者や周囲の人間、あとは芸能人くらいだと思います。俳優の岩城滉一さんも観戦していました!

やはり亀田興毅選手が久しぶりにリングに立つ姿を一目見たいと思う人が多いんだと思います。僕も生で観戦したかったですよー!!

そして試合の解説は、ガチコンコファイトクラブでお馴染みの竹原慎二さんです(笑)プロボクサーでもありますけどね!他のキャストなども下記に載せておきます。

◆キャスト

MC:田村敦(ロンドンブーツ1号2号)&Zeebra
進行:神田愛花(アシスタント)
実況:辻よしなり
解説:竹原慎二
リングサイドレポーター:中村静香、大川藍、倉持由香
スペシャルゲスト:武尊、武井壮、市川美織(NMB48)
前説:レアレア

かなり豪華な顔ぶれが揃っているのでこれは一大企画だと思いますね!

僕の大好きなK-1王者の武尊さんもスペシャルゲストとしてリングサイドに来ているということでこれはもうアドレナリン放出しまくりかもしれません(笑)

亀田興毅に勝ったら1000万円の挑戦者は?

次に気になるのが亀田興毅に勝ったら1000万円挑戦者4人についてです。

亀田興毅選手に勝機があるから挑む4人なわけですから、ケンカや格闘技にそれ相応の自信がないと挑戦出来ません。そんな猛者達4人を簡単にご紹介したいと思います。

歌舞伎町のホスト・神風永遠

神風永遠

まず、ひとり目の対戦者は歌舞伎町ホスト(ホストクラブAAA)神風永遠選手。年齢は28歳ということです。

ボクシング経験はまったくない選手ですが、タイマン無敗と豪語しています。
そして普段、仕事でお酒をよく飲むので、そんな状態でも動いているので精神力だけは強いと自身で語っていましたね。

1分3ラウンドは闘えないから1ラウンドでKOすると言っています。しかも亀田興毅選手の顎にパッカーンと1激でKOと言ってました(笑)

現役高校教師・松本諒太

松本諒太

2人目の挑戦者は現役高校教師松本諒太選手です。

三重県の都立高校で教師の仕事をしているという聖職者。
こういう企画に一番似合っていないというか、場違いというか、どこまでやってくれるのかが期待ですね。しかもボクシングも格闘技も経験なし!

ユーチューバー・ジョー(joe)

ユーチューバーjoe

続いて三人目の挑戦者は今流行りのユーチューバー!登録者数51万人のユーチューバーのジョー(joe)選手です。

この選手が一番、亀田選手の苛立ちを買っていましたね。
なんというか、生意気な口調がパフォーマンスの一環なのかどうか分かりませんがかなり挑発的でした。

しゃべらなければとてもイケメンなんですけど、チャレンジ精神旺盛なその性格が自信過剰に繋がっている気がしますね。

亀田興毅選手とどんな試合をするのか個人的に楽しみです(笑)

マッドマックス16代総長 ユウタ

マッドマックス16代総長 ユウタ

最後の挑戦者は北関東最強暴走族!マッドマックス16代目総長ユウタ選手です。

現在の年齢は32歳ということで挑戦者の中では最年長です。
しかもユウタ選手は全身にタトゥーが入り32歳でも現役バリバリだそうです。総長だったこともあり、過去にいくどとない修羅場をくぐり抜けてきたことは言うまでもありません。

スポンサードリンク

現在は建設業を営んでいるらしく日ごろから体も動かしているので4人の中では一番強そうな気がしますね。4人の中では一番イケイケ感がありますし、今の亀田興毅には何のオーラも感じないと独自の感想を言ってました。

亀田選手とのやり取りやユウタ選手のコメントなどを聞いて竹原慎二さんは苦笑いしていましたね(笑)

亀田興毅に勝ったら1000万円の結果速報!

亀田興毅に勝ったら1000万円の結果については随時更新していきます!

亀田興毅 VS 歌舞伎町のホスト・神風永遠

第一試合は亀田興毅VS神風永遠でした。

神風永遠選手は自身でタイマン無敗と豪語していましたが、ファイティングポーズがやはりド素人っぽさがありました。案の定、1ラウンドもたず最後は亀田選手のボディブロー1発でKOされてしまいましたね。

一試合目ということで亀田選手も様子見という部分はあったと思いますが、世界チャンピオンと素人の差が一目瞭然でした。4試合の中で一番見ごたえがなかった試合だったと思います。

しかもAmebaTVにアクセスが増え過ぎて試合の一番大事なところでサーバー落ちしてしまい、KOされた部分が見れなかったです。神風永遠選手は明日からどんな顔をして歌舞伎町を歩くのでしょうか…そこが少し気になってしまいます。

亀田興毅 VS ユーチューバー・ジョー(joe)

第二試合はユーチューバー・ジョー(joe)選手でした。

ユーチューバー・ジョー(joe)選手は元ボクシング経験者だけあって亀田選手と三ラウンド最後まで闘うことが出来ました。動きにも切れがあったし、しっかりステップも踏みジャブで亀田選手と距離を置きながら間合いを取っていました。

たまに良いパンチが当たっているかなと思いましたが、その頑張り空しく3ラウンド目でTKO負けしてしまいました。
一番、ボクシングらしい試合かなと思ったんですが、まだ後半に猛者がいたんですよ(笑)途中、何回かダウンしましたがオーディエンスの応援でなんとか踏ん張り最後まで闘うことが出来たのはやはり気力があったからだと思います。
レフリーストップされてもまだ闘争心はあったみたいですが、もしものことがあったらいけないのでTKO負けという選択は正しかったと思います。

オーディエンスが絶好のタイミングで「立つんだジョー!」という掛け声をして会場が大ウケしてました(笑)僕も思わず笑ってしまいましたね。

試合直後、ジョーブログの登録者数が54万ほどに増えたといってました。司会のロンブー淳さんもジョーさんのことを気に入り読者登録していましたから(笑)

亀田興毅 VS 現役高校教師・松本諒太

第三試合は現役高校教師の松本諒太選手

まず、亀田選手との体格差があり、繰り出すパンチも一発一発がとても重たかったです。ですが、やはり格闘技経験もなければボクシング経験もありません。体力だけでは勝つことが出来ず、最後はあっけなくKO負けしてしまいました。

松本諒太選手のお母さんも観戦していましたが、親子の絆の深さがとてもよく分かった試合でしたね。

第三試合目になってくるとさすがの亀田選手も「もう、しんどい…。足に来てるわー。」とコメントしていたのも印象的でした。

亀田興毅 VS マッドマックス16代総長 ユウタ

そして最後の試合はマッドマックス16代総長ユウタ選手です。

ユウタ選手はやはりストリートで洗練された闘争本能と格闘センスで亀田選手を翻弄します。解説の竹原慎二さんや武尊選手もユウタ選手には絶賛していました。

ヒット&ウェイがとても上手な印象を受け、フットワークもとても軽く、そしてリーチも長いので亀田選手もとてもやりずらそうでした。さらに身長差もあるので思うように亀田選手のパンチが入っていませんでした。

調印式でのマイクパフォーマンスだけを見ると若干口だけなのかな?と思ってたんですが、やはり4人の中では一番格闘センスがありました。亀田選手も第四試合ということでだいぶ疲れが見えていましたが、KOされることなく3ラウンドまで戦い抜きましたね。

KOすることが出来なかったので亀田選手はちょっと不服そうでしたが、ユウタ選手は全てを出し切ったという清々しい表情で試合を終えていました。やはり拳を一度交えると心を開くと言いますか、スポーツマンなんだなと関心しましたね。

調印式では一番態度が悪かったんですが、試合後はしっかり敬語を使い、人間的にもしっかりしている人なのかなと思いました。

まぁ、試合前はデモンストレーション的な要素が高いので、お互いビッグマウスになって挑発し合うというのはどこの世界も一緒ですから、それも一種のエンターテイメントだと思います。4人の中でユウタ選手の試合が一番見ごたえがあった気がしますね。

こんな試合結果になりましたが、全国810万人以上が今回のチャレンジ企画をAbemaTVで視聴していると言ってました。これってすごいことですよね。これだけの一大企画をインターネットテレビ限定で放送するのもすごいことですよ。

逆に普通のテレビでは実現できなかったことですから、今後のインターネットテレビの可能性を大いに感じたイベントだったと言えます。それと同時にサーバーダウンすることは事前に予想できたことだと思うので、そこらへんの失敗を今後に生かしてもらえたらと思いますね。

テレビがつまらない時代と散々言われていますが、今回のチャレンジ企画で視聴者達がどんな放送を望んでいるのかテレビ関係者には痛いほど伝わったと思います。僕も昔大好きだったガチンコファイトクラブを観ているようでとても楽しかったですね。

今のテレビではなかなか観ることが出来ない、テレビ本来の楽しさというのを思い出した気がします。
視聴者はほんとこういうテレビ番組を望んでいるんですよ。心の底から見たいと思えて、楽しめるテレビが今はまったくないですからね。

久しぶりにエキサイトしてしまいました!!

まとめ

亀田興毅に勝ったら1000万円結果速報や挑戦者などの詳しい情報をご紹介しました。

亀田興毅選手はボクシング界が今、盛り下がっているのでまた活性化させるために今回のオファーを受けたとコメントしていました。どんな形でもボクシングに興味を持ってくれる人たちが増えて、どんどんボクシング人口が増えてくれたら嬉しいと思っているのでしょうね。

正式な試合ではないけど、亀田興毅選手が久しぶりにリングに立つということで注目している人もとてもたくさんいます。

インターネットTVとは言え、今回の企画はかなり大掛かりなものだと思いますよね。
テレビ放送してもいいくらい豪華で面白い企画だと思うので、今後も積極的にこういう企画をやって欲しいなと思います。

スポンサードリンク

関連記事

シェアする

フォローする