大山烈(坦々麺)の経歴プロフィールは?職業や出身地について調査!

シェアする

坦々麺画像引用元:東京カレンダー

本日気になる人物は坦々麺評論家大山烈(おおやま たける)さんです。
この方は全国1,000食以上の坦々麺を食べ歩いたほど、無類の坦々麺好きな男性です。そんな大山烈さんの気になる経歴やプロフィール、そして現在の職業や出身地について詳しくご紹介したいと思います。

それではさっそくご紹介しましょう!

スポンサードリンク

大山烈の経歴プロフィールは?

大山烈画像引用元:I LOVE 下北沢

名前:大山 烈(おおやま たける)
生年月日:1985年1月7日
年齢:32歳
趣味:全国の坦々麺を食べ歩く


大山烈さんの経歴プロフィールはこんな感じになっています。

そんな大山烈さんは坦々麺が好きなあまり全国のラーメン屋さんや大学の学食、さらに高速のサービスインターや回転寿司のメニューにある坦々麺を1,000食以上を食べつくした男性です。ラーメン屋や中華料理を食べ歩きするのはとてもよく分かりますが、学食にまで出向いて坦々麺を食べるというのは相当好きじゃないと出来ませんよね。

坦々麺は味が濃いしカロリーも高いと思いますが、大山烈さんは太っているわけではなく逆にスマートなんですよ。1,000食以上も坦々麺を食べ歩きしていたらメタボにもなりそうな雰囲気ですが、そこらへんは体質なんでしょうか。大山烈さんは体型を崩すことなく坦々麺を食べ続けて来ました。

ちなみにマツコの知らない世界で大山烈さんが紹介した坦々麺が美味しいお店はこちらです。


・大塚「鳴龍」 坦々麺 800円
・江古田「麺や 金時」 汁なし坦々麺 900円
・神田「雲林坊(ユンリンボウ)」 汁あり坦々麺 880円
・タンタンタイガー

どの坦々麺も本当に美味しそうでしたよ!


なぜ、大山烈さんはこんなにスタイルが良くイケメンなのかなととても謎だったのでいろいろ調べてみました。

スポンサードリンク

大山烈さんはもともとビジュアル系バンドの【KLACK(クラック)】というバンドでベースを担当していたみたいです。
KLACK(クラック)というバンドは当時世間をお騒がせした問題児で有名だったので知っている人は知っていると思いますね。僕のイメージとしては原宿系のちょっとお洒落なパンクロックバンドって感じだったけど、ライブとかはちゃんと観たことないのであまり分かりません(笑)


KLACKのメンバーは、、

ボーカル:U(ユー)
ギター:柳橋昌亜
ギター:神谷聖也
ベース:
ドラム:上村隼人

の5人組みでした。

バンドの見た目とは裏腹に過激な発言や歌詞、そしてパフォーマンスでバンド好きな女の子のファン層を増やしていきましたが、残念ながら2008年に活動停止になってしまいました。

所属事務所は株式会社フリーウィルディルアングレイなどと一緒の会社でした。
元ビジュアル系バンドをやっていたのでイケメンちっくな風貌だったんですね!知っているバンドだったのでちょっとびっくりしちゃいましたよ(笑)

大山烈の職業や出身地は?

次に気になるのが大山烈さんの現在の職業や出身地について調べてみました。

大山烈さんの現在の職業は下北沢にあるBananaMoonというレストランバーで働いていると情報が出て来ました。バーテンダーとかそういうお仕事なのかなと思います。世界でひとりだけ選ばれるバーテンダーの代表になったこともあるみたいですよ。

そして自身が働くBananaMoonの裏メニューで【烈風坦々麺】を作っているので興味がある方は食べに行ってみてはと思います。

そして出身地は神奈川県茅ヶ崎市で、出身高校は神奈川県立茅ヶ崎西浜高等学校になります。
大学に進学はしないでそのままバンド活動に専念したんじゃないかと思いますね。KLACK(クラック)がデビューした当時、メンバー全員若かったイメージがあるので。

大山烈さんのTwitterやFBを見ると2人の可愛いお子さん達と写っている写真が載っていたりするので、現在は結婚して幸せな家庭を築いているのでしょう。奥さんの画像などは載ってなかったのでどういう方かは分かりません。

まとめ

マツコの知らない世界に坦々麺評論家として出演した大山烈さん。

KLACKというバンドのベースを担当していたということに驚きました。人に歴史ありとはこのことを言うんですね!
今後はBananaMoonで働きつつ、バーテンダーの極みを目指すのでしょう!その合間に、大好きな坦々麺を食べ歩きしたり、新しいメニューを開発したり今後がとても楽しみですね!

大山烈さんが放送内でご紹介した大塚にある「鳴龍」、江古田にある「麺や 金時」、神田にある「雲林坊(ユンリンボウ)」も気になるので機会があったら食べてみたいなと思います!坦々麺が好きな方は是非、足を運んでみてくださいね。

スポンサードリンク

関連記事

シェアする

フォローする