田中恒成の戦績や気になる次戦相手は?所属ジムや出身高校を調査!

シェアする

ボクシングをやっている男性

本日気になる人物はプロボクサー田中恒成選手です。

デビューしてから全ての試合をKO勝ちしているアンヘル・アコスタとの対戦で注目を集めている田中恒成選手ですが、今までの戦績や気になる次戦相手、そして所属しているジムや出身高校について気になってしまったので調査してみたいと思います。

スポンサードリンク

“中京の怪物”という異名を持つライトフライ級の田中恒成選手!どんな経歴プロフィールなのかも気になると思うのでそちらも簡単にご紹介しますね。それではさっそくご紹介しましょう!

田中恒成の経歴プロフィールは?

田中恒成画像引用元:Boxing News

本名:田中 恒成(たなか こうせい)
通称:中京の怪物
階級:ライトフライ級
身長:164.1㎝
リーチ:162.1㎝
国籍:日本
誕生日:1995年6月15日(21歳)
出身地:岐阜県多治見市
スタイル:右ボクサーファイター


田中恒成選手の経歴プロフィールはこんな感じになっています。

プロフィールなどを調べていると田中恒成選手はアスリート家系なのかなと思いました。
まず、2つ上のお兄さんは駒沢大学在学中でアマチュアボクサーの田中亮明選手。そして従姉妹はフィギュアスケートの横井ゆは菜選手がいます。ご先祖様に運動神経の良い人たちが多かった家系なのかな?と思ってしまいます(笑)

田中恒成選手は幼稚園の頃にボクシングではなく空手を習い始めます。
小学5年生の頃に空手の打撃を強くするために地元にあるボクシングジムに入門し、そこから本格的にボクシングを習うようになりました。

出身高校は中京高校でボクシング部に所属
そのときのボクシング部長は元OPBF東洋太平洋スーパーフライ級王者、石原英康選手だったとのことです。

高校の頃の戦績もすごいもので1年のときに山口国体で優勝、さらに2年になりインターハイに出場しそれも優勝!

高校時代には4冠を果たすという快挙を成し遂げます。
田中恒成選手はまさに戦うために生まれて来た男と言っても過言ではありませんね。中京の怪物といわれる意味が分かりました!

余談になりますが僕は無類のボクシング好きです。
辰吉丈一郎選手は今でも現役を続けていますが、全盛期の頃に薬師寺保栄選手と対戦したタイトルマッチは本当に震えましたね。

辰吉丈一郎選手のノーガードな構えで相手に向かっていく姿は感動すら覚えます。まぁ、打たれ過ぎて網膜はく離になったりいろいろ困難がありましたけど…あの姿は同性から見てもカッコいいと思えます。

スポンサードリンク

そう思うと亀田興毅選手は守りのボクシングをしていたなと思ってしまいますね。

話が逸れてしまいましたが、田中恒成選手の経歴プロフィールはこんな感じになります。

田中恒成の出身高校や所属ジムはどこ?

次に気になるのが田中恒成選手の出身高校や所属しているジムはどこなのか?です。

田中恒成選手の出身地や出身高校については上記プロフィールで簡単に触れてしまいましたが、岐阜県多治見市が出身地となります。出身中学は多治見市立南ケ丘中学校で出身高校は中京高校になります。そして高校を卒業し中京大学経済学部に進学しました。

現在も在学しながらボクシングに打ち込んでいます。

所属しているジムは”尾張のロッキー”の異名を持つ畑中清詞選手が会長の【SOUL BOX畑中ボクシングジム】です。SOUL BOX畑中ボクシングジムの出身選手は杉田竜平選手、中野博選手を輩出しています。

田中恒成の戦績や気になる次戦相手は?

最後に田中恒成選手の戦績や気になる次戦相手などについて簡単にご紹介したいと思います。

高校時代までの戦績は上記でご紹介しましたが、プロになってからの戦績はまだでしたよね。下記にプロになってからの戦績をまとめておきますね。

2013年9月22日にプロテストを受け見事合格!
そこから田中恒成選手のプロ快進撃が始まります。

・アマチュアボクシング:51戦46勝(13KO・RSC) 5敗
・プロボクシング:8戦8勝(5KO) 無敗

2013年11月10日 6R判定 対戦相手はオスカー・レクナファ(プロデビュー戦)
2014年3月16日 8R判定 対戦相手はロネル・フェレーラス
2014年7月20日 1R 1:55 KO 対戦相手はクリソン・オマヤオ
2014年10月30日 10R 0:50 TKO 対戦相手は原隆二(大橋)
2015年5月30日 12R判定 対戦相手はフリアン・イェドラス
2015年12月31日 6R 2:15 KO 対戦相手はビック・サルダール
2016年5月28日 6R 2:23 KO 対戦相手はレネ・パティラノ
2016年12月31日 5R 1:52 TKO 対戦相手はモイセス・フェンテス

引用元:Wikipedia(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B0%E4%B8%AD%E6%81%92%E6%88%90)

田中恒成選手のプロデビュー戦からの戦績はこんな感じになっています。

田中恒成選手は井上尚弥選手と同様に日本最速タイ記録を保持し、プロになってから8戦目で世界2階級制覇王者となります。現在21歳という若さなのでまだまだ上を目指すことが出来ると思います。

ボクシングほどストイックで辛いスポーツはないと思いますよね。
僕はボクシングが大好きですが、実際に自分がやるとなるとまた完全に別物だと思います。スポーツって大体そういうものですよね(笑)でも若いのにしっかりと結果を残して、飛躍していく様子は本当にカッコいいと思います!

田中恒成選手の次戦相手は今のところ決まっていないので、新しい情報が入り次第、こちらで更新します!

まとめ

アンヘル・アコスタと試合が決まり準備万端に仕上がっているであろう田中恒成選手。

まずは目の前の試合に勝ち、次の目標をしっかり定めて欲しいかなと思います。
これだけ素晴らしい戦績の持ち主ですし、計画的にトレーニングをこなしながらモチベーションを維持していると思うので今後も心配することなく勝ち続けると思いますよ。中京の怪物の異名を持つ田中恒成選手の今後に期待したいと思います!

スポンサードリンク

関連記事

シェアする

フォローする