浅草三社祭2016!屋台グルメや見どころ、日程などを教えて?!

シェアする

ffdagfdssaa
東京観光地としてもとても有名な浅草。
ここは、日本人だけにとどまらず、各国から多くの観光客が訪れる場所です。そんな浅草では、年間を通して多くのまつりごとが行われています。中でもこれから三社祭が盛大に開催されるのでとても楽しみですよね。

そんな浅草三社祭を一足先に知っておくことが得策です。
参加するのであれば尚更ですよね。かなり大きなお祭りなので、盛り上がり方も半端じゃありません(笑)私も参加したときは人の多さにまずびっくりしてしまいましたね。公式ホームページも参考にしながら調べてみてくださいね。

スポンサードリンク

▼合わせて読みたいお祭りに関するおすすめ記事
京都葵祭2016の気になる見どころや日程、観光名所をご紹介!!

浅草三社祭の日程と見どころは?アクセス方法や交通規制にも要注意!

2016年の浅草三社祭の日程は、3日間開催されます!
5月の13・14・15日です。5月の12日は午後7時より前夜祭として本社神輿神霊入れの儀が行われます。これは、本社神輿へ、浅草神社の御神霊をお移しする儀として古くから行われているものです。

さて、アクセス方法に関してですが、三社祭の三日目には神社周辺で交通規制が入ってしまいます。雷門通り、馬車通り、並木通りが通行禁止になりますので、迂回することをあらかじめ知っておいてください。とにかく交通規制に限らず思っている以上の混雑になるので、注意が必要です。見どころはやはりなんと言っても御輿です。

スポンサードリンク

荒々しいお祭りとも言われるくらいですから、巻き込まれないようにするのもひとつの注意点としてあげられます。若い世代の子たちが多く参加しているお祭りともいえます。

見どころは沢山!浅草グルメも堪能!

以上でお話ししました御輿ですが、数はなんと100基にもなるんです。
悪い病気を払うと言われていて、魂振りと呼ばれています。例年二日目の12時からこの御輿が出てきます。醍醐味はこの二日目がオススメなのです。一日目のびんざさら舞は、荒々しいというのはなく、神殿で奉納を願っておどるものです。

ゆっくりみたい方にはオススメです。でもやはりメインの御輿も見て欲しいと思いますね。それくらいおすすめ出来ます。三社祭にいったらぜひ仲見世に出向いてみてください。

昔ながらの老店舗もたち並び、グルメ天国です。
普段何もない日でさえ賑わっているので、三社祭中なんかどんだけ盛り上がるんだというくらい皆さん張り切っています。中でもあげまんじゅうや芋金時やもんじゃはぜひ食べておきたいものです。基本的に、日々人が多いので、人ごみに負けないようにしていきましょう。

そして、マナーもしっかりと守ってくださいね。

この浅草には多くの人が行ったことがあるのではないですか?
御輿の担ぎ手も数多く参加していますよ。古い建物も、美味しいものもまだまだ健在です。温泉なども栄えて、人力車も沢山行き交っています。人力車で浅草観光も是非してみてください。

ドジョウや天ぷらもとても有名です。
時にはそれを求めて行列ができています。訪れてみてください!行って損する場所はありません。ガイドブックを片手にたまには東京の下町、浅草を是非堪能してみて下さい。

スポンサードリンク

関連記事

シェアする

フォローする