細川隆一郎の経歴や妻と息子について調査!気になる遺産はどれくらい?

シェアする

本日、気になる人物は元政治評論家細川隆一郎(ほそかわ りゅういちろう)さんです。

「昭和の頑固親父」と呼ばれるくらい変わった性格の持ち主で毒舌トークが面白いということでワイドショーに出演したりタレントとして活動していた時期もありました。愛娘は細川珠生さんで遠い親戚に内閣総理大臣の細川護熙さんがいます。かなり個性の強いというかコッテリとした家計図が成り立ちそうですよね!

そんな細川隆一郎さんの経歴や妻と息子、そして気になる遺産について詳しくご紹介したいと思います。それではさっそく行ってみましょう!

スポンサードリンク

細川隆一郎の経歴は?

細川隆一郎画像引用元:細川珠生 公式Web Site

名前:細川 隆一郎(ほそかわ りゅういちろう)
生誕:1919年1月1日、福岡県小倉市
死没:2009年8月25日(満90歳没)、東京都
教育:早稲田大学政治経済学部政治学科
職業:政治記者、政治評論家・コメンテーター、タレント・ラジオパーソナリティ
代表経歴:毎日新聞社記者・政治部長・編集局次長・東京本社編集局顧問など


細川隆一郎さんの経歴プロフィールをご紹介しました。

生まれは福岡県小倉市で育ったのは熊本県、中学校を卒業する頃には既に東京で生活していました。出身高校は東京府立四中で現在の東京都立戸山高等学校にあたり、卒業後は早稲田大学政治経済学部政治学科に進学。

もともと頑固な性格で持論を持った人だったので、いろんな場面で毒舌トークを繰り出し、それが面白いと話題になります。
そこからテレビのワイドショーに出演しコメントを担当したり、吉本興業に所属してタレントとして活動していた時期もあったくらいです。その頃から「昭和の頑固親父」というあだ名が付いていましたね。

残念ながら僕は細川隆一郎さんのことをあまり存じないんですが、記憶にないだけでテレビなどでお目見えしていたんだろうなと思います。そのときの映像とか見ればたぶん思い出しそうですよね(笑)人間の記憶とはそんなものなんです…。

スポンサードリンク

細川隆一郎の妻や息子について教えて?

次に気になるのが細川隆一郎さんの妻や息子さんについてです。
愛娘は細川珠生さんということが分かったんですが、奥さんや息子さんはどんな方だったのか気になってしまいます。

調べてみた結果、奥さんは書道家細川春子さん、そして息子さんがテレビ朝日報道局勤務細川隆三さんということが分かりました。細川隆一郎さんの家系図を辿ると驚くべき真実が判明しました!

家系図を戦国時代まで遡ると明智光秀の娘である細川ガラシャまで辿りついてしまいました!
僕は歴史や日本史がかなり苦手だったので明智光秀が何をした人物なのかはよく分かりませんが、戦国時代で名を馳せた人物ということだけは分かります。中学校の頃にさんざん勉強したわけなんですけどね…。人の記憶というのは恐ろしいものです(笑)

そんな明智光秀の娘の細川ガラシャに血縁関係があるとは驚きですね!
細川隆一郎さんの大叔父は政治評論家の細川隆元さんということも分かりました。ひとりひとり見ていくとよく分からない人たちばかりですが、家系図を辿るととんでもない家系の家柄なんだなとびっくりしてしまいます。

細川隆一郎の気になる遺産は?

最後に下世話な話になりますが、細川隆一郎さんの遺産はどれくらいあったのかが気になってしまいます。

血縁関係を見ると只者ではないのが分かりますし、政治評論家やタレントとしても相当お仕事をなさっていた方なのでそれ相応に貯蓄はあったはずです。遺産がいくらあるというのは公にされてはいませんが、恐らく数億円~数十億円くらいはあったんじゃないかと思いますよ。

これは僕の完全な憶測なのでまったく信憑性はありません。

愛娘である細川珠生さんも世間からはお嬢様ともてはやされていたので、お家柄もいいしお金もたくさんあったんじゃないかと思います。そうなると遺産の方も僕達一般人には到底、手に入れることが出来ないくらいの額だと予想されます。

まとめ

細川珠生さんのお父さんである細川隆一郎さんについて詳しくご紹介しました。

昭和の頑固親父と呼ばれるくらいの毒舌トークを炸裂していた細川隆一郎さん。
90歳まで生きて大往生だったといえますし、僕達若い世代が知らない逸話なんかもたくさんあると思います。そういう話も細川珠生さんによって後世に語り継がれていくのかなと思いますね。

スポンサードリンク

関連記事

シェアする

フォローする