府中くらやみ祭り2016!気になる日程と出店は?交通規制も把握!

シェアする

ggdfasdadsas
今回は私の地元に近い府中の有名なお祭りとして、府中くらやみ祭りをご紹介していきたいと思います。東京にしては田舎とも言われていますが、都会ではないからこその面白さがあるんですよ。

桜もきれいに毎年咲きますし、緑がとても多いのでみなさんも是非行ってみてください。競馬場としても有名です。開催場所は府中の大國魂神社で行われます。テーマパークすらも驚くところが沢山ある儀式で見どころも沢山!夜遅くまで楽しめるお祭りなので、仕事終わりにでも行けちゃいそうです。

スポンサードリンク

交通規制と時間はもちろん把握しておこう!

2016年も4月30日から5月6日までと嬉しい1週間!平日休みのかただって行けちゃうんですよ。くらやみ祭りは、期間中はなんと70万人もの人で賑わいます。東京郊外ですが、大渋滞になるので、公共交通機関を利用することがオススメです。

電車でのアクセスも豊富で、京王線・武蔵野線・南武線と様々なルートで目指せます!
京王線なら府中駅で、JRならば府中本町駅で下車になります。いずれも、徒歩5分ほどで到着するので車要らずの嬉しいアクセスです。そして特に5月3日から6日までの間は細かく敷かれるため、この期間は旧甲州街道は通れないものだと思っていいと思います。

スポンサードリンク

くらやみ祭りという名の通り、多くの行事が夜に開催です!
現在は明かりがともされているため真っ暗の中やるわけではありませんが、11時頃に行われる儀式もあるのです。まつりごとにしてはかなり遅い時間ですよね。なので、交通規制が朝早くから通行できない場所がちらほらと出てくるので、車の場合はご注意を。

甲州街道は通行が可能なのですが、かなり渋滞しますので、事故などにも十分気を付けていきたいところですね。

府中くらやみ祭りの出店や見どころもご紹介!

5月3日から5日にかけて、みなさんが楽しみにしている屋台も出店されます。
同時に行事も盛んに行われます。この時期を狙っていくのがオススメだと思いますよ。それでは、見どころをご紹介したいと思います。まず、4月30日は品川の海上にて体を清めると言った行事がまず行われます。

5月1日は、雨が降らないことを願い《祈腫祭》と、5月2日には、8枚の鏡を塩で清めるという《御鏡磨式》が行われます。派手ではないのですが神事が見られるチャンスです。3日には、こまくらべという競馬式。

馬の状態をみる儀式で、騎手をのせた白馬が登場します。
4日は、太鼓など山車が練り歩きます!華やかさと賑やかさを求めるならこの期間はオススメです。5日はおいでという《御輿渡御》が始まります。男達が御輿を担ぎます。クライマックスなので見ておきたいところです!

府中全体を武蔵野と言ってますが、大國魂神社が守護してくれているといったことで、神様を祭るお祭りとして1000年以上も続く伝統的なお祭りなのです。

因幡の白兎の逸話で知られている大国主の別名が大國魂大神と呼ばれています。
昔と同じ光景を自分達の目で見ていただきたい大きなお祭りなのです。デジカメや、スマホでの撮影を楽しみながら訪れる人も沢山います。地元民としてもオススメしたいお祭りNo.1です。

スポンサードリンク

関連記事

シェアする

フォローする