久我山ほたる祭りの日程や混雑時間、そして見どころは?!

シェアする

gdfadadsas
毎年夏には、ほたるを鑑賞できるお祭りがいくつかありますが、今回は「久我山ほたる祭り」について書いていきたいと思います。ここでは気になる日程や見頃、見どころや混雑状況などについて詳しく書いていきたいと思いますので是非チェックしてみて下さい。

▼合わせて読みたいお祭りに関する記事
府中くらやみ祭り2016!気になる日程と出店は?交通規制も把握!

久我山ほたる祭りとは?

久我山ほたる祭りは、東京都杉並区久我山で行われる、ほたるを鑑賞できるお祭りのことです。
東京でほたるが見れるなんて、ちょっとびっくりですよね?普段は、閑静な住宅街なのですが、この久我山ほたる祭りの時期になると人工飼育した2000匹ものほたるが放流されます。

スポンサードリンク

久我山ほたる祭りの日程は?見頃って?

久我山ほたる祭りの日程は、2016年6月4日(土曜日)と5日(日曜日)の2日間です。
気になる会場ですが、久我山駅北口・中央緑地公園・宮下橋公園・玉川上水・神田川遊歩道の5会場あり、露店やイベントは神田川久我山橋付近、神田川遊歩道・中央緑地公園で行われます。

毎年多くの人で賑わっているそうですよ!

会場案内はこちら↓↓リンク貼っておきますね。
http://ogikubolife.net/wp-content/uploads/2015/05/20150522e.jpg

18時から21時まで、自転車の通行も禁止される場所もあります。一方通行での鑑賞を呼びかけているみたいですよ。

久我山ほたる祭りの見どころはどこ?

久我山ほたる祭りの見どころについて書いていきます!
まずは、久我山ほたる祭りのイベントや屋台についてです。神田川会場で、神田川久我山橋周辺や神田川歩道で、イベントや屋台が出されています。かるた取り大会や、フリーマーケットなどがあって、昼間から楽しめることができるんです。

なんとビアガーデンもあるので、片手にビールなんてことも!
でも酔っぱらいすぎて、周りに迷惑をかける・・・・・なんてことの無いようにほどほどに。ほたるを鑑賞する前に、早めに来て屋台やイベントを楽しむのもいいと思いますよ!

スポンサードリンク

玉川上水会場では、ほたるの放流が行われてますので玉川上水岩崎橋下流の遊歩道で、たくさんのほたるを見ることができます。

行く前に、場所を確認しておきましょう。
中央緑地公園会場では、いろいろなイベントが開催されています。また、くつろぎコーナーもありますのでちょっと疲れたら利用してみてはどうでしょうか?

私が個人的に気になるのが、久我山駅北口会場です。
ここでは、まちなかマルシェという物産展が開かれていて、いろいろなその土地のものを見ることができます。

久我山ほたる祭りの混雑状況について。アクセスは?

久我山ほたる祭りが開かれる2日間に予想される人出が、5万人から6万人くらいです。たくさんの人で賑わいますので、何事も早め早めに動いた方が確実です!

アクセスについてですが、車での場合は残念ながら駐車場が準備されていなません!
周囲の有料駐車場に止めるしかないようです。車では、首都高4号線で高井戸ICを走るとおおよそ13分で着きます。電車では、京王井の頭線の久我山駅から徒歩ですぐです。車よりも、電車で行った方がいいかもしれませんね。

交通規制ですが、久我山駅から久我山一丁目までの1kmにかけて15時から21時の間は車両通行止めになるので注意してください。

詳しい地図はこちら↓↓

久我山ほたる祭りは、2日間で5万人から6万人もの人が訪れる人気のお祭りだということがわかりました。
なんと、こんなに有名になったのは口コミなんだとか。改めて、人から人への口コミのすごさがわかりますね。真っ暗な背景に、優しいほたるのひかりがピカピカと光る幻想的な風景は、これからもずっと続いて行ってほしいものですね。

東京都内で行われているので、行ったことのない人は気軽な感じで行ってみてもいいかもしれません。今年の夏に、貴重な体験をしてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

関連記事

シェアする

フォローする