七夕飾りの作り方をご紹介!折り紙で簡単に作れちゃう!?

シェアする

gdgdsfadsas
七夕のことは知っていても、実際の七夕飾りはどうしていますか?
お店で買うというのも一つの手でしょう。でも、自分で作ってみるというのも悪くはありません。ここでは、折り紙による七夕飾りや、その作り方をご紹介します。

折り紙で、まずは彦星・織姫などを?!

七夕といえば彦星・織姫ですよね。
なんといいましても七夕の主役になりますから、これらは特に丁寧に作ってあげたいものです。ここでは折り紙による作成を紹介していきますが、折り紙は、できれば普通の紙などではなく、和紙とか古典柄のものを使ってみてはいかがでしょうか?

彦星は大人っぽく、織姫はお洒落に仕上げてみましょう。
七夕飾りだけに限ったことではなく、折り紙は柄によって雰囲気が変わってきます。これも、大人っぽい彦星やお洒落な織姫を作るうえでは欠かせないことですから、ぜひ気を配ってみましょう。

スポンサードリンク

さて、もう一つ忘れてはいけないのが天の川です。
一年に一度だけ彦星と織姫が会える天の川もちゃんと作りましょう。これがなかったら、あまりにも彦星と織姫が気の毒というものですからね。

織姫と彦星の話には元ネタがあった?!1年に1度の恋物語?!
七夕といえば、織姫と彦星ですよね。 しかし、織姫と彦星のストーリーは、どういうあらすじになっているのでしょうか?案外、知っていそうで知...

折り紙でくす玉も作ってみる?!

七夕に関して、絶対に欠かせないものが飾り付けですよね。
そんな七夕飾りのなかでも、特に注目すべきものがくす玉です。これには、おもに四角形のものと八角形のものが存在します。四角形のくす玉は、たった6枚の折り紙で作れるという極めてかんたんなものです。

スポンサードリンク

枚数が少ないですから、手間がかからず、子供が作るのにも向いていますよね。
シンプルなデザインを好む人にもおすすめです。八角形のくす玉は、四角形のくす玉よりも小さい折り紙を使って作っていきます。こちらは四角形のくす玉とは異なりかなり本格的ですが、細かい部分が結構大変です。

こういったものが苦手だという人は、やや大きめの折り紙を使用した方がよいでしょう。そうすれば格段に作りやすさが向上するはずですから。

折り紙での巾着の作り方

彦星・織姫、天の川と来て、くす玉の紹介をしましたが、最後に巾着の作り方を見ていきましょう。
巾着はほかの七夕飾りとは異なり、やや存在感がありません。でも、重要な七夕飾りのひとつです。忘れないでしっかりと作りましょうね。

では、作り方をみて行きましょう。
まずは折り紙の縦に折り目を入れてから横のほうに折ります。そして、左右を中央に合わせるようにして折ります。できたら、それを広げて、上に三角形を作るような感じで折ってみましょう。

左のほうも同じように。
次は中央の下を斜めに折ってから、上のほうへと上げてみます。そして、ちょっと余白を残した感じで、三角形の部分を上に折ってみます。最後に、折り紙を裏返してみて、同じように折って、できあがりです!

どうでしょう、自家製の七夕飾りというものは?
お店で買えば、もちろんその方が楽ではあります。でも、多少手間がかかっても、たまには自分で作るというのもいいものではないでしょうか?
今年の七夕はこれで行ってみましょう!

スポンサードリンク

関連記事

シェアする

フォローする