ワールドエンドクルセイダーズ第1話のネタバレ感想は?登場人物も紹介!

シェアする

ワールドエンドクルセイダーズ画像引用:https://m.youtube.com/watch?v=vN095yfxyUA

週刊少年マガジンで6月14日から新連載スタートした“ワールドエンドクルセイダーズ”第1話のネタバレ感想をご紹介したいと思います。

最初なので登場人物についても一緒にチェックしておきましょう!
まだ読んでない人や残念ながら見逃してしまった人は是非、チェックしてみてください。“ワールドエンドクルセイダーズ”はまだ第2話までしか連載されていないので今ならまだまだ余裕で話題に付いていけますよ。

スポンサードリンク

それではさっそくご紹介していきましょう!

ワールドエンドクルセイダーズの登場人物は?

まず、ワールドエンドクルセイダーズ第1話の登場人物を簡単にご紹介しておきましょう!

内閣総理大臣
・桂 一兵衛

内閣総理大臣・桂一兵衛 長男
・桂 とおる

内閣総理大臣・桂一兵衛 次男
・桂 しるし

桂家 専属執事
・時田 雅一

国家公安委員会 委員長
・筧 政宗

外務大臣
・緒方 東次郎

神の五本指”小指”
・蠑螈(いもり)

神の五本指”中指”
・ターコイル・G・シャトー

神の五本指”薬指”
・ラララ・リラ

神の五本指”人差し指”
・ナジャ

神の五本指”親指”
・犬山くん


ワールドエンドクルセイダーズ第1話の登場人物は大体こんな感じになっています。

僕もさっそく第1話を読んでみたんですが、かなりファンキーなストーリーになっていました(笑)第1話を読んでみて若干、『神様の言うとおり』『魔法少女・オブ・ジ・エンド』にちょっと似てるかなと思いました。

率直にいうと”ワールドエンドクルセイダーズ”はかなり僕好みの漫画です。
登場人物も第1話目からかなり明確に紹介されていますし、1話にしてどんなストーリー展開になるのかはっきり分かります。1話目が終わる瞬間にすぐに2話目を読みたくなる緊迫した場面展開で楽しませてくれますね。

作者のセンスの良さとひねくれ具合がすごく伝わってきますw


※ワールドエンドクルセイダーズを無料試し読みする記事!

ワールドエンドクルセイダーズの試し読みは無料でできる?漫画村って?
画像引用: 本日、気になる漫画を見つけたのでご紹介したいと思います。 6月14日(水)発売の週刊少年マガジンで新連載が開始した『...

ワールドエンドクルセイダーズ第1話のネタバレ感想は?

ワールドエンドクルセイダーズ第1話のあらすじ、ネタバレ、感想を簡単に紹介します!

『人類滅亡まで、100日。5本の刃が、神の審判を執行する。』

この言葉からスタートします。

第1話の序盤

舞台は東京・渋谷から始まります。
東京・渋谷では至って普通の日常が送られているんですが、突如現れたスキンヘッドにタトゥーを入れた男・蠑螈(いもり)。蠑螈(いもり)は神の五本指”小指”に属する男です。

その蠑螈(いもり)が鍵を自分の目に入れた瞬間にそれまで平和だった渋谷が一変、地獄絵図と化します。
蠑螈の不気味な笑い声が渋谷中に響き渡ると今まで普通にしていた人たちが突如狂ったように自分を傷つけはじめます。そしてものの数分で渋谷にいた3,000人ほどの人たちがみな自傷行為でなくなってしまいました。

そんな中、内閣総理大臣の長男である“桂とおる”と次男の“桂しるし”は自身の父親である”桂一兵衛”の60歳の誕生日を祝いにサプライズで会いにいくことに。桂とおると桂しるしは実に1年半ぶりの再会となったわけですが、もともと仲の良い兄弟だったので車中で昔話に花が咲きます。

スポンサードリンク

次男の桂しるしは父親の背中を追って政治家になりますが、優秀な次男とは正反対の性格である桂とおるは世界を飛び回る自由人。幼少時代、しるしは弁護士になるための六法全書を丸暗記してしまうほどの天才ぷり。

一方、長男のとおるはポケモンマスターになる!というくらい夢見がちな少年でした。性格も頭脳もまるっきり正反対の2人の息子。

そんな息子達が父親のいる首相官邸に向かっている最中に世の中に起こっている異変に気がつきます。

第1話の中盤

首相官邸では渋谷区で起きた暴動に対しての話し合いが行なわれ、警察も駆けつけたが収集が一切つかない状態であるということが伝えられました。

そんなときに外務大臣・緒方東次郎がやってきて”オーストラリアが壊滅”したことを伝えます。他の政治家達は核でも使用されたのか?と疑いをかけますが軍事力の衝突ではないことが判明されます。

『海上から超巨大生物が現れ、大陸を塵にしてしまった。』と伝えられます。

何がなんだか分からない政治家達は狼狽し始めますが、さすが内閣総理大臣!
『我々が狼狽してどうする、冷静にならないといけない。』といい『日本を守ろう!』と言い放ちます。

第1話の終盤

内閣総理大臣が日本を守ってくれるのかと思いきや、首相官邸の中にひとりの美女が迷い込んできます。

警備員に話しかけられるとその美女が無作為に洋服を脱ぎ始めます。
目のやり場にこまった警備員達の阻止を無視した美女は隠し持っていたナイフで自らを傷つけ始めます。それを見ていた警備員達の様子が見る見る変わり最後は全員が自傷行為を繰り返し壊滅。

そして内閣総理大臣を狙った蠑螈(いもり)が再び現れます。
首相官邸に着いた桂とおる&しるしが見た景色はまるで地獄絵図!父親に会いにきた二人が会議室に訪れるとそこには無残に変わった父親の姿があります。

泣き叫びながら首相官邸を出ようとするしるしの目に飛び込んできたのは”宙に浮かんだ唇の姿”。
その不気味な唇は開口一番、『ピンポンパンポーン!人類のみんな~元気ですかー?!初めまして。私は神様です。』と話し始めます。そして『この世界に5人の敵キャラ「神の五本指」を登場させました。』と続けます。

神の五本指とは登場人物でも紹介した、神の五本指”小指”・蠑螈(いもり)、神の五本指”中指”・ターコイル・G・シャトー、神の五本指”薬指”・ラララ・リラ、神の五本指”人差し指”・ナジャ、神の五本指”親指”・犬山くんです。

100日間猶予を与えるから”神の五本指”を倒すように人類に命じます。
神の五本指を倒せば地球は救われますが、もしひとりも残らず人類が滅亡したら地球は終わりというルールを説明されます。

しかも神の五本指はチート級に強いから本気で倒したいと臨む人間にはチカラを授けると不気味な唇が言いました。ですが、何かを得るということは何かを失うということを頭に入れておかないといけません。

ここで第1話が終わると思いきや桂とおる&しるしの前に突然、敵意むき出しの蠑螈(いもり)が現れます。

第1話目にして桂兄弟にピンチが降りかかろうとしています。第2話がとても気になってしまいますね!


※ワールドエンドクルセイダーズ2話のネタバレ感想はこちら!

ワールドエンドクルセイダーズ2話のネタバレ感想は?神の五本指の行動は?!
画像引用: 6月14日(水)から新連載開始した週刊少年マガジンの「ワールドエンドクルセイダーズ」。 第1話目からかなりの衝撃を与...

まとめ

ワールドエンドクルセイダーズ第1話のネタバレ感想、そして登場人物についてご紹介しました。

第1話目からかなり過激でファンキーなストーリー展開になっているので早く次の話が読みたくて仕方ありません(笑)やっぱり「神様の言うとおり」に似ているのかなと思いきやまだ第1話目なので断言は出来ません。

これからどういうストーリー展開になっていくのかまったく分かりませんがまた第2話のネタバレ感想を更新しますね。これは中高生の男の子はかなり好きな漫画だなと思いますね。中年の僕が読んでもかなり楽しいのでおそらく人気が出る漫画になることは間違いなしです!!

スポンサードリンク

関連記事

シェアする

フォローする