中村泰(なかむらひろし)の経歴や2017年現在は?出身大学や顔画像も調査!

シェアする

未解決事件

本日、気になる人物は『國松長官狙撃事件』で重要人物として浮上した中村泰(なかむら ひろし)さんです。

1995年3月30日に”日本の警察庁長官國松孝次”が何者かに狙撃され命を落としてしまう事件が発生しました。その捜査線上に浮上したのが中村泰という人物だったんです。『國松長官狙撃事件』は現在、未解決事件のままで犯人も捕まっていません。

スポンサードリンク

事件からすでに20年以上経つので時効になっているとはいえ、このまま真犯人が捕まらないのもモヤモヤしてしまいますよね。そんな『國松長官狙撃事件』の真犯人と名乗った中村泰の経歴や2017年現在、さらに出身大学や顔画像について調べてみました。

中村泰の経歴プロフィールは?

中村泰画像引用元:国松長官狙撃事件まとめ【中村泰】

名前:中村 泰(なかむら ひろし)
生年月日:1930年
出身地:東京都


中村泰の簡単プロフィールはこんな感じになっています。

東京で生まれましたが、父親の仕事の都合で幼少期を中国で過ごします。

そして帰国してからは茨城県に住むことになります。
幼い頃から頭がよく学生時代は周りから秀才と呼ばれていました。そして周りの期待に応えるように東京大学に入学し、勉学に励みます。

そのままエリートコースを辿るのかと思いきや、東京大学在学中に参加した左翼運動によって中村泰の人生が狂い始めてしまいます。東京大学を卒業することなく中退してからは左翼運動の活動資金などを盗みなどでまかなっていたようですよ。

國松長官狙撃事件の概要は?

國松長官狙撃事件の真犯人として捜査線上に浮上した中村泰。

國松長官狙撃事件の概要を下記に載せておきます。

1995年(平成7年)3月30日午前8時31分頃、國松孝次警察庁長官が出勤のため東京都荒川区南千住の自宅マンションを出たところ、付近で待ち伏せていた男に4回発砲される。國松はそのうち3発を腹部などに受け、全治1年6ヵ月の瀕死の重傷を負った。男は自転車で逃走し、現場からは、朝鮮人民軍のバッジや大韓民国の10ウォン硬貨が見つかったという。

狙撃から1時間後にテレビ朝日に電話がかかる。電話の声は、國松孝次警察庁長官に続く次のターゲットとして、井上幸彦警視総監や大森義夫内閣情報調査室長らの名前を挙げて、教団への捜査を止めるように脅迫した。10日前の3月20日に地下鉄サリン事件が発生し、オウム真理教に嫌疑が向けられて8日前の3月22日に、オウム真理教関連施設への一斉強制捜査が行われていた。

國松は手術中に心臓が3度も止まり危篤状態にまで陥ったが、2ヵ月半後には公務へ復帰した。

引用元:警察庁長官狙撃事件 – Wikipedia


事件現場の画像画像引用元:国松長官狙撃事件まとめ【中村泰】

これが國松長官狙撃事件の概要になります。
今から22年ほど前の事件なんですが、僕が中学生くらいのときだったのかな?記憶にあるようなないような…でもこの事件の10日前に”地下鉄サリン事件”があったのでそっちの方がインパクトが大き過ぎたのかもしれません。

上の画像は事件現場である“東京都荒川区南千住6丁目37番11アクロシティEポート通用口”です。

なぜ、國松長官狙撃事件の捜査線上に”中村泰”が急浮上したのかというと、、中村泰本人が真犯人であると告白したことによってです。

1995年3月の国松警察庁長官狙撃事件は新潮45誌の 「国松長官狙撃事件と私」で自分がやったと告白。また、同年1995年7月のスーパーナンペイ事件では犯行に使われた銃の線状痕が中村の所有する銃と酷似。

スポンサードリンク

引用元:https://matome.naver.jp/odai/2140956348583139001


中村泰本人がなぜ國松長官狙撃事件に関与したと告白したのかが謎ですよね。なんの目論見があったのでしょうか…。


※昭和の未解決事件の人気記事も読まれています!

大坂正明の出身大学や指名手配から逮捕までの経緯は?現在の顔画像も調査!
本日、気になる人物は1971年11月14日に発声した渋谷暴動事件で指名手配をされていた大坂正明(おおさか まさあき)という方について...
桜井昌司の経歴と結婚や子供について調査!出演ラジオも気になる!
画像引用元:BLOGOS 本日、気になる人物は1967年8月30日に起きた布川事件で冤罪を受けた桜井昌司(さくらい しょうじ)さんです...

中村泰の現在は?

気になるのが國松長官狙撃事件の真犯人と名乗った中村泰の現在です。

中村泰が関与した事件というのは”國松長官狙撃事件”だけではなく過去に起こった大きな事件に何度も関与していました。そのたびに逮捕され実刑を受けていたので、人生の大半は刑務所の中で暮らしているのかもしれません。

最後に関わった事件は”現金輸送車襲撃事件”で無期懲役の判決が下り収監中ということです。
現在の年齢は87歳ということですが、無期懲役なのでこのまま刑務所の中で一生を終えることになりそうですよね。

中村泰の出身大学や顔画像は?

既述ですが中村泰の出身大学は“東京大学”です。

幼少期から頭が良く、自他共に認める秀才だったとのことです。左翼活動に熱意を注いでしまってからは道が外れてしまったように思えます。

政治的思想がとても強い人物なので、自分の考えや行動ひとつで社会や政治を変えることができると思っているようです。自己が強い性格なのでしょうね。

この考えが違う方向に向かっていたらもっと人生も変わっていたように思えます。人の人生というのはいつどこで変わって来てしまうのか本当に分かりませんね。

中村泰の顔画像はネット上にたくさん出回っています。ニュースなどでも報道されましたし、過去に関わった事件もたくさんあります。

中村泰という人物のすごいところはやはり凡人では理解できない頭脳です。
英語だけではなくその他の国の言葉もペラペラ話せるし、獄中でも“革命家チェ・ゲバラの著書”を原書のまま読んでしまうとのことです。しかも獄中生活でスペイン語を習得したそうな。

それだけ頭が良かったらもっと違うことに力を注いだらよかったのにと思ってしまいます。

まとめ

『國松長官狙撃事件』の真犯人と呼ばれた人物・中村泰について詳しくご紹介しました。

過去に関与した事件もたくさんあるので興味がある方は著書などを読んでみてください。2010年、國松長官狙撃事件は犯人が捕まる前に時効になってしまいましたが、真相が知りたいですよね。

個人的には”八王子スーパー強盗事件”、別名”スーパーナンペイ事件”に中村泰が持っていた銃の弾道と一致したというのもとても気になってしまいます。スーパーナンペイ事件も未だに解決していないので真相の解明を急いで欲しいと思います。

中村泰という人物は今、獄中で何を思って生活しているのかも気になってしまいます。

スポンサードリンク

関連記事

シェアする

フォローする