桜井昌司の経歴と結婚や子供について調査!出演ラジオも気になる!

シェアする

桜井昌司画像引用元:BLOGOS

本日、気になる人物は1967年8月30日に起きた布川事件で冤罪を受けた桜井昌司(さくらい しょうじ)さんです。

桜井昌司さんは布川事件の犯人として無期懲役の判決をくだされ29年もの間、獄中生活を送っていました。そんな桜井昌司さんの経歴や結婚、さらに子供や出演ラジオについて調べてみました。

スポンサードリンク

それではさっそくご紹介しましょう!

桜井昌司の経歴プロフィールは?

名前:桜井 昌司(さくらい しょうじ)
生年月日:1947年1月
現年齢:70歳
出身地:栃木県塩谷郡塩谷村(現塩谷町)


桜井昌司さんの経歴プロフィールは上記のようになっています。

出身高校は“茨城県立竜ヶ崎第一高等学校”に入学しましたが、1年も経たずに中退。
その後はいろいろな職を転々としましたが、なかなか定職に就くことは出来ませんでした。高校を中退してから5年が経った1967年8月30日に“茨城県北相馬郡利根町布川”で強盗事件が起こってしまいます。この事件をのちの布川事件として現代まで語り継がれることになるんですが、桜井昌司さんはこの事件がきっかけで冤罪を受け刑務所に29年間も入っていました。

布川事件が起こった2ヶ月後に窃盗で別件逮捕され、共謀者である杉山卓男と一緒に起訴され1978年に無期懲役が確定します。桜井昌司さんは獄中で生活しながらも無実であると再審請求をしましたが、棄却されてしまい結局29年間も収監されてしまいました。

1996年11月に仮釈放。
仮釈放されたからと言って無実が証明されたわけではないので、世間では犯罪者扱いされたまま生活しなくてはいけません。桜井昌司さんは無実を勝ち取るために2度目の再審を申し立ての準備を始めます。そして2001年に二度目の再審を申し立てして、2005年に再審開始が決定!

再審を申し立てしてから4年経ったあとに再審開始が決定されるってすごいことですよね。
桜井昌司さんが無罪を勝ち取るためにどれだけ時間を費やしたのか想像すると胸が苦しくなってしまいます。並大抵の精神力がないと心が折れてしまいそうですよね。

僕だったら既に釈放されたし、公に晒されることなく穏やかに暮らしたいと思って諦めてしまうかもしれません。

ですが、桜井昌司さんは違いました。
何度も棄却されても諦めず、再審申し立てをして、2011年5月にようやく無罪を勝ち取ることが出来ました!!絶対に無罪を勝ち取るんだという執念があったからこそだと思いますね。

桜井昌司は結婚して子供はいるの?

仮釈放されてからも再審申し立ての準備などで忙しい日々を送っていた桜井昌司さん。

普通に、恋愛をして結婚をするような生活を送れていたのかが気になってしまいますが、1999年7月に支援者の女性と結婚していることが判明しました。釈放されてからのお仕事は土木建築会社に勤務していたとのことです。

現在もその頃に結婚した奥さんと一緒に生活をしているのかどうかは分かりませんが、一度は結婚をしているということです。お子さんももしかしたらいるのかもしれませんね。ですが、公にしてしまうといろいろ問題が起こってしまうので非公開にしている可能性もあります。


※昭和の未解決事件の記事も人気で読まれています!

中村泰(なかむらひろし)の経歴や2017年現在は?出身大学や顔画像も調査!
本日、気になる人物は『國松長官狙撃事件』で重要人物として浮上した中村泰(なかむら ひろし)さんです。 1995年3月30日に"...
大坂正明の出身大学や指名手配から逮捕までの経緯は?現在の顔画像も調査!
本日、気になる人物は1971年11月14日に発声した渋谷暴動事件で指名手配をされていた大坂正明(おおさか まさあき)という方について...

桜井昌司の出演しているラジオ番組は?

次に無罪を勝ち取った桜井昌司さんが出演しているラジオ番組についてご紹介します。

ラジオ番組名は『桜井昌司の言いたい放題!人生って何だ!!』です。

スポンサードリンク

もちろんラジオDJは桜井昌司さんです。
「希望」をテーマに人生の奥深さを知るためのラジオ番組だったそうですよ。残念ながら2017年1月27日が最終回だったようです。桜井昌司さんも現在70歳なので、そろそろ隠居生活を考えてるのかなと思ってしまいます。

桜井昌司の気になる著書は?

ラジオ番組も紹介したのでおまけで桜井昌司さんの著書についても触れておきたいと思います。

『獄中詩集 壁のうた―無実の二十九年・魂の記録』、『CDブック 獄中詩集 壁のうた』の2種類の著書を出版しています。布川事件に興味を持った方はチェックしてみてください。

まとめ

布川事件で冤罪を受けてしまった桜井昌司さんについて詳しくご紹介しました。

事件が起こってから50年ほど経っていますが、警察官の冤罪事件というのは今の時代でも起こったりするので決して他人事ではないなと思ってしまいました。もし自分が無実の罪で逮捕されてしまったら、桜井昌司さんと同じように屈せずに戦うことが出きるのか、考えてしまいますよね。

恐らく心が折れてしまうだろうなと思ってしまいました。そう思うと、桜井昌司さんは本当に心の強い一本筋の通った男性なんだろうなと感心してしまいました。残りの人生は健康に楽しく、そして幸せに過ごして欲しいなと思います。

スポンサードリンク

関連記事

シェアする

フォローする