伊藤大貴(横浜市長候補)の学歴や結婚は?気になる政策や評判も調査!

シェアする

本日、気になる人物は元横浜市議で横浜市長候補の伊藤大貴(いとう ひろたか)です。

伊藤大貴氏は2017年7月30日(日)に行なわれる横浜市長選挙2017の候補者で、新人で無所属の長島一由氏と共に林文子氏に臨む形となっています。そんな伊藤大貴の学歴や結婚、そして気になる政策や評判について調査したいと思います。

それではさっそくご紹介しましょう!

スポンサードリンク

伊藤大貴の学歴や結婚について

伊藤大貴画像引用元:横浜市会議員団

名前:伊藤 大貴(いとう ひろたか)
生年月日:1977年10月1日
年齢:39歳
出身:東京都


伊藤大貴氏の簡単プロフィールはこんな感じになっています。

現在、39歳で東京都出身の男性です。
気になるのが伊藤大貴氏の出身高校や出身大学についてですよね。

調べてみると伊藤大貴氏の出身高校は”私立駒場東邦高等学校”で大学は”早稲田大学理工学部”を卒業しました。さらに”早稲田大学大学院理工学研究科”に進み修了。

高校、大学とかなり頭の良い生徒だったのでしょう!
大学院を卒業後は日経BP社に就職し「日経エレクトロニクス」の記者として仕事をするようになります。2006年まで同社に勤務し記者として仕事を全うしますが、その後は政治家に転身することとなります。

2007年に横浜市議会選挙に出馬し見事、初当選!
その後は2011年と2015年にも出馬し連続で当選します。そして今週の日曜(7月30日)に横浜市長選2017に立候補し、市長の座を狙いにいきます。

39歳という若さで市議として3期10年のキャリアを持っているというのもすごいことです。市民からも注目されている意味がわかりますよね。

そんな伊藤大貴氏は現在結婚しているのかも気になったので調べてみました。
調べてみた結果、伊藤氏は現在結婚して2人のお子さんがいるということが判明しました。年齢的に考えても結婚して子供がいるのは普通のことなのかなと思いましたね。

次に気になるのが伊藤氏の政策や評判などだと思います。そちらについても見ていきましょう!


※横浜市長選候補者・長島一由氏の記事も読まれています。

長島一由(横浜市長候補)の経歴や出身大学は?政策や政治活動も調査!
本日、気になる人物は元衆院議員で横浜市長選に立候補する長島一由(ながしま かずよし)です。 2017年7月30日(日)に行なわれる横浜...

伊藤大貴の政策や政治活動が気になる!

横浜市長候補・伊藤大貴氏の政策や評判についても調べてみました。

最高にワクワクする横浜を作ろう!というスローガンを掲げ政策についてもいろいろ考えているみたいですよ。

まずは、子育て世代について、中学校給食を実現させること。そして公教育の拡充、さらに保育サービスを充実させることを公約しています。

スポンサードリンク

この政策を聞いて中学校給食って実施されてないの?と思ってしまいました(笑)
僕が小中学校の頃は学校給食が当たり前だったんですが、最近は中学校でもお弁当だったりするんですかね?

他の地域では学校給食は当たり前ですが横浜はまだ中学校給食が実施されていないようです。
さらに公教育の拡充についてですが、ソーシャルワーカー特別支援を取り入れたり、英語教育、学校施設の整備などに力を入れるということです。

保育サービスの充実については待機児童をできるだけ解消し、認可化格差をなくすと公言しています。

さらに伊藤氏の政策はこれだけに留まりません。
安心できる高齢社会の実現!と題し、福祉人材の処遇改善、介護と子育て「ダブルケア」の支援を充実させる、そして移動の足となる公共交通の維持や充実に力を入れるとのことです。

“横浜にカジノは似合わない”と持論を持ち、反対の意見を公言しているので、その部分も市民としては気になることだと思います。


※横浜市長選挙2017の結果速報はこちら!

横浜市長選挙2017の結果速報!気になる候補者一覧や情勢を予想してみる!
2017年7月30日(日)に行なわれる横浜市長選挙! 現職である林文子氏と無所属新人の伊藤大貴氏と長島一由氏の熱き選挙戦が行な...

伊藤大貴の評判は?

最後に伊藤大貴氏の評判について見ていきたいと思います。


ツイッターなどでも伊藤大貴氏について呟いている人もかなり多いですね。良い意味で注目されていることは間違いないと思います。

まとめ

2017年7月30日(日)に行なわれる横浜市長選挙2017の候補者である伊藤大貴氏について詳しくご紹介しました。

まだ39歳という若さで市議としての実績や経験もある伊藤氏なので、どんな選挙戦が繰り広げられるのか今からとても楽しみですよね。現段階では現職の林文子氏が一歩リードしている状態ですが、まだまだ情勢が変わることもあるので結果が楽しみです。

横浜在住で選挙権を持っている人は積極的に参加するようにしましょう!

スポンサードリンク

関連記事

シェアする

フォローする