木造勇人(卓球)の出身高校や使用しているラケットは?大会成績も調査!

シェアする

本日、気になる人物は高校生で卓球選手の木造勇人(きづくり ゆうと)選手です。

木造勇人選手は張本智和選手とペアを組み世界卓球で強豪・中国を破り見事に金メダルを獲った若きイケメン卓球選手です。現役、高校生ということもありこれからの活躍に期待している人も多いかと思います。

そんな木造勇人選手の出身高校や試合で使っているラケットの種類、そして大会成績などを調査したいと思います。

スポンサードリンク

それではさっそくご紹介しましょう!

木造勇人の出身高校は?

木造勇人選手画像引用元:卓球NIPPON

名前:木造 勇人(きづくり ゆうと)
生年月日:1999年10月22日(17歳)
出身地:愛知県
血液型:o型
最高世界ランク:93位
現在世界ランク:93位
利き腕:
グリップ:シェークハンド
ラケット:アポロニアZLC-FL


木造勇人選手の簡単プロフィールはこんな感じになっています。

恥ずかしい話なんですが、”木造”という苗字を”もくぞう”と読んでいました(笑)変わった名前だなーと思ったら”きづくり”だったんですね。

出身地は愛知県で現在17歳の卓球選手です。
現役高校生ということで現在も学校に通いながら日々卓球の練習に励んでいると思います。

そんな木造勇人選手の通う高校はどこなのか気になってしまいました。
調べてみると現在「愛知工業大学附属中学校・名電高等学校」に通っているという情報が出て来ましたね。

中高一貫校なので、中学校を卒業したらそのままエスカレートで高校に進学できます。
愛知工業大学名電高等学校の偏差値は46~66と平均よりかなり高い学校になっていて愛知県内にある私立高校では149校中、上位6位と学力がとても高い学校です。

愛知県内にある高校でも462校中、上位20位なので相当学力のレベルは高いですね。
愛知工業大学名電高等学校の卓球部は創部80年を超えていてすごい伝統がある部活なので、力を入れていることが分かります。

木造勇人選手はそんな卓球部に所属し、日々練習に明け暮れているのでしょう。

木造勇人が卓球の試合で使っているラケットは?

次に気になるのが木造勇人選手が卓球の試合で使用しているラケットの種類です。

使っているラケットの種類が気になる人は卓球選手か卓球を趣味でやっている人だと思いますけど、一応調べてみました。
木造勇人選手が使っているラケットの種類は”アポロニア ZLC”でラバー表面はテナジー・05で裏面はテナジー・80となっています。

たぶん、卓球をまったくやったことがない人はラバーと聞いても「なにそれ?」と思ってしまいますよね?
木製のラケットは知っていると思いますが、その木製のラケットに貼り付けてある”ゴム”をラバーといいます。

このラバーの種類によって試合にかなり影響が出てくるんですよ。
僕は中学校の頃に『行け!稲中卓球部』という漫画に憧れて卓球部に入っていたんです。

最初は遊び半分で入部したんですが、ラケットやラバー選びをしていると「卓球って実は奥がすごく深いんだ!」と思い少しずつハマっていったのを覚えています。それまでは”卓球なんて温泉の湯上りでやるスポーツでしょ”程度にしか思っていませんでした。(卓球選手のみなさんすみません。)

スポンサードリンク

いざ、自分がやってみるとラケットやラバーの種類で球への摩擦などが変わり試合への影響というのをすごく感じるんです。

だから自分が使うラケットやラバーの種類はかなり試行錯誤する部分だと思いますね。
ちなみに卓球で使うラケットの種類は2パターンあります。”シェークハンド”タイプのものと”ペンホルダー”タイプのもので、どちらも握り方がまったく違います。

この時点でかなり奥が深いですからね!
シェークハンドタイプのものは裏表にラバーが貼ってありますが、ペンタイプのものは表にしかラバーが貼ってありません。

握り方もまったく違えば、試合での戦略も使うラケットによってまた変わってくるものなんですよね!

木造勇人選手が使っているラケットは楽天でも購入することが出来ます。
下記にリンクを貼っておくので気になる人はチェックしてみてください。木造勇人選手が使っているラバーも楽天で売っていました!


★即納/あす楽★■送料無料■【Butterfly】バタフライ 36831 アポロニア ZLC FL (フレア)【卓球用品】シェークラケット【RCP】

★即納/あす楽★■卓球ラバー DM便送料無料■【Butterfly】バタフライ テナジー05 回転をかける性能に優れた『テナジー』 05800 TENERGY05/TENERGY・05【卓球用品】裏ソフトラバー/卓球/ラバー/ラバ-【RCP】


さすが金メダリストが使うラケットなので高級感もありますし、それ以上にお値段に驚いてしまいましたね!

でもこれだけ高級なラケットとラバーを買ってしまったらやるしかない!という気持ちになるかもしれません。趣味で卓球をやっている人は良いラケットに出会うことが出来れば劇的に強くなると思いますよ!

木造勇人の大会成績などをチェック!

最後に木造勇人選手のこれまでの大会成績などを調べてみました。

2013年の全国中学選抜卓球大会、全国中学校卓球大会団体[6]、シングルス[7]など各種大会で優勝
2016年の全日本卓球選手権大会(ジュニアの部)、全国高等学校総合体育大会卓球競技大会(インターハイ)で優勝、南アフリカ開催の世界ジュニア卓球選手権では団体で優勝
2017年の全日本卓球選手権大会(ジュニアの部)では2連覇を達成
3月のITTFチャレンジシリーズベラルーシオープンではU-21および高見真己と組んだダブルスで準優勝
6月のITTFワールドツアー中国オープンではU-21で優勝

木造勇人選手の主な大会成績は上記のようになっています。
まだ、現役高校生でこれからの練習によってどんどん強くなりますし、それに伴い今以上に素晴らしい成績を残してくれることは間違いないと思います。

まとめ

炎の体育会TVにも出演しイケメン卓球高校生としても取り上げられていましたね!
そんな木造勇人選手の出身高校や試合で使っているラケットの種類、そして大会成績などを詳しくご紹介しました。

まだ17歳という若さなのでこれからに期待したいと思います!若いというのは無限の可能性があるのでほんと素晴らしいことだと思います。(うらやましいーw)

スポンサードリンク

関連記事

シェアする

フォローする