日大山形野球部2017のメンバーと出身中学は?監督や注目選手を調査!

シェアする

野球をしている風景

2017年夏の甲子園大会がそろそろ開幕しますね。

毎年、高校球児達が熱い夏の戦いを繰り広げてくれますが、そんな中で日大山形野球部のことが気になってしまいました。日大山形野球部2017のメンバーと監督、さらに出身中学や注目選手をご紹介します。

スポンサードリンク

それではさっそく行ってみましょう!

日大山形野球部2017のメンバー一覧と出身中学は?

気になるのが日大山形野球部2017のメンバーだと思います。

甲子園に出場するくらいなので選手達もかなりの実力者だと思います。現在、分かっているスタメンを下記にまとめておくので参考にしてみてください。

打順 守備 名前 出身中学・出身高校
1 鈴木琉生 3年生 秀光中 – 日大山形
4 舟生大地 3年生 日大山形
5 近藤大成 3年生 日大山形
7 鹿野佑太 3年生 日大山形
8 森田南々斗 3年生 天童市立第一中 – 日大山形
9 板坂拓海 3年生 日大山形

現在、分かっているスタメンはこんな感じになっています。また追って情報が入り次第、追記していくのでご了承ください。

日大山形野球部は4年ぶり17回目の甲子園出場になります。
日本大学山形高等学校の創立は1962年で山形県内で一番生徒数が多い学校として知られているんですよね。進学においてもかなりレベルが高く、部活動にも力を入れてる高校なので、数多くの実績もあるんです。

どこを取ってもレベルが高い高校なので、嫌でも注目されてしまうのかもしれません。

日大山形野球部2017の監督と注目選手が気になる!

次に日大山形野球部の監督と注目選手が気になったので調べてみました。

スポンサードリンク

日大山形野球部の監督は荒木準也という方で1971年生まれの現在45歳、寒河江市で出生しました。荒木準也監督自身も日大山形野球部出身で甲子園出場経験があるようですね。

高校卒業後も野球は続け、一時はアトランタ五輪の最終候補まで登りつめましたがその頃に所属していたプリンス野球部が解散したのと同時に野球の道を閉ざすことになりました。才能があるのにもったいないなと思ってしまいますが、自分の限界を悟ってしまったのかもしれませんね。

一度は地元に帰り普通のサラリーマンをしますが、2002年に現職につき、球児達と日々切磋琢磨しているようです。

日大山形野球部は今年の夏、どんな甲子園ドラマを見せてくれるのか今から楽しみですね!

最後に日大山形野球部2017の注目選手を取り上げてみたいと思います。
やっぱり甲子園に出場する強豪チームには注目される選手が何人もいますから、日大山形野球部にももちろんいるんです。

何人か注目する選手もいるんですが、やっぱり一番は外野手の鈴木琉生選手じゃないでしょうか?!

鈴木琉生選手は身長も高く走攻守と3拍子揃っているプレイヤーだと思います。2017年夏の甲子園で爪あとを残せるかどうかが今後の野球人生の肝になってくると思います。

若い実力者なのできっと何かしらやらかしてくれることでしょう!

その他は、内野手の舟生大地選手も注目されているようですね。活躍が今から楽しみです!

日大山形野球部2017夏大会の試合結果!

日大山形野球部2017夏大会の試合結果を下記にまとめておきます。


◆全国高等学校野球選手権山形大会2017年準々決勝

日大山形 5-1 山形南

◆全国高等学校野球選手権山形大会2017年準決勝

日大山形 5-4 酒田南

◆全国高等学校野球選手権山形大会2017年決勝

日大山形 16-3 山形中央


決勝戦は山形中央高校に圧勝と言ったところですね。

素晴らしいです!

まとめ

2017年夏の甲子園大会に出場決定した日大山形野球部2017のメンバーと出身中学、さらに監督や注目選手についてご紹介しました。

あと数日もすれば対戦カードが発表されます。
どんな対戦カードになるのか今から楽しみですよね。日大山形野球部もしっかり応援したいと思います!!

スポンサードリンク

関連記事

シェアする

フォローする