甲子園2017の中止情報を発表!チケットの払い戻し場所や順延について調査!

シェアする

雨で傘をさす女性

2017年8月7日(月)から夏の甲子園が開幕する予定でしたが、台風5号の影響で残念ながら中止となってしまいました。

天候による中止発表なのでこれについては仕方がありません。そこで甲子園2017の中止情報やチケットの払い戻し場所、さらに順延について調べてみました。

スポンサードリンク

それではさっそくご紹介しましょう!

甲子園2017開幕戦が中止と発表!

つい先ほど情報が入ったんですが、台風5号の影響で8月7日(月)に行なわれる予定だった甲子園開会式と開幕戦が中止になってしまいました。

夏の甲子園、開会式と開幕戦を楽しみにしていた方にとってはとても残念なことですが、悪天候による中止なので仕方がないのかなと思います。選手達にはベストなコンディションで試合に臨んで欲しいですしね!

甲子園開幕戦中止発表を下記に載せておきます。

明日7日に甲子園球場で開幕する予定だった第99回全国高校野球選手権は、台風5号の影響で中止、8日に順延となった。6日午前11時に大会本部が発表した。
引用元:Yahooニュース


ちなみに開会式が悪天候によって中止、順延になったのは96回大会以来で3年ぶり4度目となります。

甲子園2017の順延情報を紹介!

甲子園2017の開会式&開幕戦が中止となってしまいましたが振替日程はどうなっているのでしょうか。

ニュースでは順延と発表されたのでその情報を下記にまとめておきます。

日程は1日ずつスライドし決勝戦は22日となる。中京大中京(愛知)-広陵(広島)、横浜(神奈川)-秀岳館(熊本)、興南(沖縄)-智弁和歌山、大阪桐蔭-米子松蔭(鳥取)の注目カードが集中する大会第4日は11日の「山の日」に行われることになった。

試合日程は1日ずつズレて8月8日が開幕戦になるということですね。
本来、決勝戦は21日だったんですがそれが1日ずれて22日ということになります。夏の天候は大変かわりやすいので今後も中止や順延なんてこともあるかと思うので、そういう場合はニュース速報をチェックするか電話などでお問い合わせする方が確実だと思いますよ。

チケットの払い戻しなどもあると思いますし、余裕を持ってお問い合わせしておきましょう!

甲子園2017のチケット払い戻し場所について!

悪天候によって試合が中止になってしまった場合、チケットの払い戻しを希望する人も出てくるかと思います。

そういう場合はどこで払い戻しできるのか…事前に知っておきたい情報だと思います。

・1度購入した入場券は第1試合が成立しなかった場合を除き、払い戻しは行いません。
・第1試合成立後、降雨などで以後の試合が中止となった場合、入場券の払い戻しは行いません。
・第1試合が降雨などで成立せず、以降の試合も中止となった場合、当日券は翌日有効となります。
・ただし、払い戻しを希望される場合は中止当日に限り、阪神甲子園球場窓口で払い戻しいたします。
・第1日目の開会式が降雨などで未了の場合、入場券は翌日有効となりますが、払い戻しをご希望される場合は、当日に限り阪神甲子園球場窓口で払い戻しいたします。

スポンサードリンク

簡単にまとめてみましたが、わかりやすく説明すると事前に試合中止という発表がされた場合、当日阪神甲子園球場窓口で払い戻しが可能ということになります。

入場券で入場し試合が始まってしまい、途中で雨が降り中止になった場合はチケットの払い戻しは出来ないということです。意外とややこしいんですが第1試合、第2試合が決行され、第3試合、第4試合が降雨により中止になった場合は払い戻しは出来ないということですね。

逆に遠方から事前にチケット購入して試合を観にいこうとしている人は雨天で中止になった場合はどうしたらいいのか?こういう疑問も起こってきますよね。そういう場合はチケット購入した店舗で払い戻し可能となっています。

出来ることなら試合中止になって欲しくはありませんが、天候は自然の摂理なので受け入れるしかありません。

甲子園2017開幕戦中止について世間の声は?

甲子園2017の開会式と開幕戦が順延になってしまいましたが、世間の人たちはどう思っているのでしょうか。

下記にツイートをまとめてみました。


甲子園2017の開会式&開幕戦が中止、順延になってしまいガッカリしている人も多いですね。

それほど夏の甲子園を楽しみにしている人が多いということです。

まとめ

甲子園2017の中止情報、そしてチケット払い戻し、順延についてご紹介しました。

チケットの払い戻しをする場合はチケットの種類にもよりますが現地(甲子園球場)で行なうか購入した店舗でも払い戻し可能となっています。分からないことがあった場合はお問い合わせで聞いてしまった方が早いかもしれませんね。

スポンサードリンク

関連記事

シェアする

フォローする