桃の節句の意味って?ちらし寿司をはじめ縁起の良い料理を食べる!

シェアする

asdasasda
みなさん、ひな祭りのことを桃の節句というのはご存知だと思いますが、さらに上巳(じょうし)の節句とも言うみたいですよ。これは私も初耳でしたね。

一般的にひな祭りと呼んでる人が多いので世間ではそれで通っていますが、今の若い世代は桃の節句と言っても分からない人が多いかもしれません。前の記事で雛人形は何故飾るのか、しまうとお嫁に行くのが遅くなるなど詳しく説明しました。そちらの記事も合わせて読んでみて下さい。

▼合わせて読みたい記事
お雛様を片付ける時期を間違えた!お嫁に行くのが絶望的?!

スポンサードリンク

ひな祭り(桃の節句)は我が子の幸せを祈願する日

雛人形は自分の子供の厄を身代わりになって受け入れてくれる役割があることは前回話しましたよね。自分の娘が健康で幸せにすくすくと育って欲しいという親の願いから3月3日、俗にいう一年の節目の日(節句という)に邪気を払う儀式を行なうという意味でひな祭りが始まるようになったといわれています。

スポンサードリンク

江戸時代辺りから3月3日に女の子のお祝いをする為に人形を飾り始めたといわれています。これが昔からずっと言い伝えられていたひな祭り(桃の節句)の由来ですね。そしてひな祭り(桃の節句)に食べると縁起がいいとされているものがあります。

桃の節句に食べると縁起がいいちらし寿司とはまぐり!

ひな祭り(桃の節句)の縁起物の食べ物として上げられるのがちらし寿司とはまぐりのお吸い物ですね。そしてひなあられなども縁起が良い食べ物としてあげられています。

なぜちらし寿司が縁起の良いものなのか?
ちらし寿司には幸せを表す食材が豊富に使われています。その中で一部ご紹介しますと、海老などは長寿を表しますし、豆には健康でマメに仕事が出来るようにという思い、さらにレンコンには将来を見通すという意味合いがこめられています。

はまぐりのお吸い物には、はまぐりの二枚貝のようにぴったりと一生を共に過ごせる結婚相手を見つけるという願いが込められています。このようにひな祭りにはひとつひとつ親の願いが込められ意味のあることがたくさんあります。

普段、何気なくひな祭りを開いている人達はもう一度ひとつひとつの意味をおさらいして有意義な3月3日を過ごして欲しいなと思います。知っているのと知らないのとではまた感慨深さも変わってくると思うんですよね。

2016年のひな祭りは平日(木曜日)なので学校や仕事の女性も多いと思いますが、思い出に残る素敵なひな祭りを過ごしてくださいね。

スポンサードリンク

関連記事

シェアする

フォローする