初冬の候の読み方や意味について教えて?使える時期や例文も一緒にチェック!

シェアする

huyukoukou

みなさん今の時期に使える時候の挨拶といったら何を思いつくでしょうか?

季節ごとに利用できる時候の挨拶はたくさんあるので何を使えば適切なのか悩んでしまうときもあるかと思います。季節が秋から冬に移り変わる今の時期に最適な時候の挨拶といったら「初冬の候」だと思います。

「初冬」とは一体、いつくらいの時期に使われるのでしょうか?そもそも読み方や意味も気になると思います。さらに、初冬の候をもちいた例文についても見ていきたいと思います。一緒にチェックしていきましょう!

スポンサードリンク

初冬の候の読み方や意味を教えて?

最初に、初冬の候の読み方や意味を見ていきましょう。

まず読み方ですが、これはあまりにも簡単ですよね。わざわざ説明する必要はないかもしれませんが、念のためにご紹介しておきます。「初」「しょ」「冬」「とう」ですから、「初冬の候」「しょとうのこう」と読むことになります。

一般的に時候の挨拶は音読みになりますから、ほぼ悩むということもないでしょう。しかし、初冬の候の場合は訓読みで「はつふゆのこう」としても間違いではありません。普通は「しょとうのこう」ですから、これで覚えておいてまず大丈夫だと思います。

次に初冬の意味について見て行きましょう!
意味のほうはこれも読んで字のごとく、冬の初期というものになります。冬も始まり、寒さが少しずつ深まって来たというニュアンスで大丈夫でしょう!

ということで初冬の候につきましては、読み方も意味も、ほとんど難しくはないものということでした。

スポンサードリンク

初冬の候を使う時期について教えて?

初冬の候は冬の初期ということでしたが、では、実際に手紙として出す場合には、どの時期が適切であると言えるのでしょうか?冬というのは、一般的には12月、1月、2月あたりでしょう。その冬の初期ということになれば、12月くらいとなるのでしょうか?

たしかに、そのように考える人もいるでしょうが実際には異なります。
時候の挨拶は、感覚的な季節ではなく、暦の上での季節となることに注意しなければいけません。冬が始まるのは、ふつうは12月くらいと考えるでしょうが暦の上では11月上旬の立冬なのですね。

立春も2月上旬であるため、暦の上での冬は、このあいだということになります。つまり、初冬の候を使う時期とは、一般的にはまだ秋ですが11月中ということになるのです。

この時期に使える時候の挨拶は他に「仲秋の候」「晩秋の候」「秋冷の候」などがあります。

初冬の候を使った例文をチェックしよう!

初冬の候というのは、冬に使うものかと思いきや、実際にはまだ秋と言える時期に使うということでかなり微妙だったようですね。そうなれば、手紙で用いるうえでも、文章が不自然にならないよう要注意だと言えそうです。

「冬」という文字が入っているため、冬にも言及した方がいいでしょう。
でも、11月といえば、時期にもよりますが、まだ冬そのものではありませんよね。そこで、初冬の候を使った例文となると、これらを両立しなければいけません。

具体的には、「もうすぐ冬の訪れを感じる季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか」といったものがよろしかろうかと思います。ほかには、「冬が近づいてきて、我が家も衣替えに追われております」といったものもよいのではないでしょうか。

師走や年の瀬などのように年末を感じさせる言葉を使って、今年1年お世話になった感謝の気持ちを使うのも効果的だと思いますよ。「今年も残すところあとわずかとなりました。」なども付け加えてあげるといいですね。

まとめ

このように、時候の挨拶には一般的な意味とは異なるケースも少なからず存在します。
くれぐれも一見しただけで判断したりせずに、慎重に意味を調べたいものですね。季節や時期に適した時候の挨拶を使って趣のある手紙や挨拶をしたいものですね!

スポンサードリンク

関連記事

シェアする

フォローする