入社式の自己紹介!意気込みや抱負を端的にアピール!

シェアする

saasdsadsa
これからの季節、就職も決まって最後の学生生活を謳歌しようとしている学生さんがどんどん増えてくるのではないでしょうか?しかし、企業に就職したりすると付き物なのが、入社式の自己紹介!

スピーチする場合もあれば、歓迎会などで、軽く話す程度のものから形式は色々です。今後の社会人生活を生き抜いていくためには第一印象というものはとても大事なものです。いかに、良い印象をもってもらえるかというのもとても大事なことなんですよね。今後の仕事や人間関係にとても関わってくることなので軽視せずにしっかり考えるようにしましょう。

スポンサードリンク

だからといって作り込んだ自己紹介はかえって怪しまれてしまうもの。いったいどんなことを重視してスピーチすれば良いのかを知っていきたいと思います。

これから新入社員!例文の内容に気をつけていきたい事とは!

まず、新入社員の自己紹介に盛り込んでいきたい内容をピックアップしていきたいと思います。

①,自分らしさをアピール。
何が得意で自分がどんな人間なのかをみんなに知ってもらいましょう。

②,入社の喜びと共に喜びを伝えましょう。
ここでは会社側の人への感謝の気持ちも忘れないようにしていきまょう。お礼を言える人材はとっても大切です。

③,仕事への豊富と決意。

④,上司や先輩への指導のおねがいといった内容の順番でしっかりと構成していけば大丈夫です。

これらの一連の流れをしっかりと把握して、例文をいくつかつくって選ぶのがいいかもしれませんね。どんな職業にも大事な要項ばかりなのでちゃんとチェックしておきましょう。

スポンサードリンク

新入社員の自己紹介は1分で十分!悪い例も知っておこう!

いくら自分を印象つけたくても長々と話していると逆に悪い印象を与えてしまうのです。しかも、大手企業だとなおさら新入社員の人数は多くなりますし、沢山いるなかで聞いている側というのはせいぜい1フレーズしか覚えていられないのが現実なのです。

ここで良い例として、考えた例文のなかに、面白さを加えるとなかなか好印象になると思います。スピーチ時間が例え1分だったとしても、印象に残りやすいものです。

先輩に絡んでもらえるようなインパクトのある内容というのはとても大事ですよ。ランキングとしても、意外な趣味を述べたり、声が大きくハキハキしていたり、もしくは地方出身なのであれば方言をわざと使ったりするというのもあげられます。印象を残すことが大事だと思います。

他にも、呼んで欲しいあだ名や、わざと社長に話題を投げ掛けるといったユニークな会話内容を考える新入社員も増えてきているのです。自分自身で考えた内容に自信を持ってスピーチしていきましょう。

今までの事柄を踏まえた上で、他の人とは違った内容で良いスタートをきっていきましょう。あまり張り詰めた気持ちではなくワクワクした気持ちのほうがいいと思いますよ。まだまだ就職率も氷河期といわれているので、まず、その会社にはいれたことを本当に感謝しながら働いていきたいですね。

環境も変わってストレスがたまったり、忙しいと思う時期もあるかと思います。けど、社会人は社会人なりにとても楽しいと思いますよ。人間関係にしても仕事に関してもどんどんモチベーションを上げて、プライベートも充実させていきましょうね。仕事などは少しずつ覚えていけばいいんですから、最初は焦らずに自分のペースでやっていきましょう。

スポンサードリンク

関連記事

シェアする

フォローする