マストドン(Mastodon)の登録方法や使い方は?Twitterを超えるSNSアプリって本当?

シェアする

マストドン

Mastodon(マストドン)という気になる検索ワードが急上昇にあがってきました。
なにやらTwitterを越えるほどのSNSアプリになるとかならないとか噂されているみたいですね。昨日はAuto Drawをご紹介しましたが、今日はマストドンの登録方法や使い方についてご紹介したいと思います。

マストドンって名前もすごいですよね(笑)
最初、モンハンやパズドラのキャラクター名かと思ってしまいましたよ。それではさっそくご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

マストドン(Mastodon)ってなに?

まずはマストドンってなんなのさ?ということからご説明したいと思います。

Yahooニュースにマストドンに関する記事があがっていたので引用させてもらいますね。

Mastodonは、ドイツに住むEugen Rochkoさん(24)が作ったTwitterライクなSNS。Twitterとの大きな違いは、サイトが1つではなく複数に分散していることだ。

ドイツに住む24歳の男性がTwitterに似せたSNSアプリを開発したということです。
Twitter自体はサイトがひとつでみなさんそこにアクセスし、アカウント登録をすることで使うことが出来ますよね。ですが、マストドンはサイトがひとつだけではなくいくつかに分散されているということです。

サイトがいくつかに分散されていることでメリット・デメリットなどがあるのでしょうか。そしてTwitterとマストドンの決定的な違いというのをもう少し分かりやすくご紹介します。

マストドンとTwitterの決定的な違いは1回のつぶやきで500文字ほどつぶやくことが出来るみたいです。Twitter自体は140文字以内ですもんね。さらにTwitterとは違う専門用語がいくつかあります。それも使う前には知っておきたいものですね。

スポンサードリンク


・インスタンス
・トゥート
・ブースト
・CW(コンテンツワーニング)
・ローカルタイムライン
・連邦タイムライン

マストドンを使うときに最低限覚えておいた方がいい専門用語になります。

Twitterを愛用している人たちからするとまったく意味の分からない単語だと思います。
ですが、Twitterで使っている言葉と意味などはほぼ変わりません。トゥート投稿することで、ブースト拡散することです。Twitterでいうツイートとリツイートみたいなものですね。

インスタンスというのはサーバになります。
アカウントを作るときに自分が使うインスタンスを選ぶ必要があるんですよね。

マストドン(Mastodon)の登録方法や使い方は?

それでは気になるマストドン(Mastodon)の登録方法や使い方について簡単にご説明しましょう!

マストドン

上記画像が登録画面になります。
このインスタンス(サーバ)は恐らく日本人の方が実費で開設したもので、今現在アクセスが集中しているのでなかなかアクセスできないかもしれません。僕もさきほどアクセスしたんですが、なかなか開きませんでした。

こちらにユーザー名メールアドレス、そしてパスワードを入力すればすぐにマストドンを使うことが出来ます。基本的な登録方法はTwitterと変わりませんし、何も難しいことはありません。

今後、マストドンの詳しい使い方や使ってみた感想などこちらにどんどん追記していくのでもう少しお待ちくださいね。
そしてマストドンとは別のツールになりますが、Auto Drawを使ったことがない人はそちらも今話題沸騰中なので是非使ってみてください。どんなに絵が下手でも簡単に絵が描けちゃう楽しいツールです。

スポンサードリンク

関連記事

シェアする

フォローする