コイソフの場所や営業時間は?メニューと気になる評判も調査!

シェアする

coisof(コイソフ)画像引用元:Makuake

若者の街、原宿にまたもや人気スポットがオープンしましたね!その名も「coisof(コイソフ)」!!

どんなお店なの?と思った人もいると思いますが簡単に説明すると「濃いソフトクリーム専門店」です(笑)そんな本日はcoisof(コイソフ)の場所や営業時間、そしてメニューや気になる評判について調査したいと思います。

スポンサードリンク

流行に乗り遅れないように一緒にチェックしましょう!

coisof(コイソフ)ってどんなお店?

まず、coisof(コイソフ)がどんなお店なのか知らない人の為にも簡単にご紹介しておきます。

coisof(コイソフ)というお店は「”恋”を呼ぶ!?”濃い”ソフトクリーム」をコンセプトにオープンしたソフトクリーム専門店になります。

ただの濃いソフトクリーム専門店というわけではなく400年以上の歴史を持つ香川県の嫁入り菓子「おいり」をソフトクリームにパラパラとかけて食べるんです。僕も知らなかったんですが「おいり」という伝統的なあられ菓子があるみたいですね。

香川県や愛媛県ではとても有名なお菓子とのこと。
嫁入り菓子と呼ばれているのでそこに”恋”と”濃い”をかけているんだと思います。

これまた若者の街、原宿に似合ったお店がオープンしましたね(笑)
10代20代の女の子達は特に”インスタ映え”に強いこだわりも持っているのでそういう面でもcoisof(コイソフ)はお洒落なんじゃないかなと思います。

話が逸れますが今年の夏はテレビでどれだけ“インスタ映え”という言葉を聞いたことか…。もしかしたら今年の流行語大賞は「インスタ映え」になるかもしれませんね。(それはないかw)

そんなcoisof(コイソフ)ですがオープンしたのは2017年8月8日なので既に食べた人もいるかもしれません。

coisof(コイソフ)の場所と営業時間は?

次に気になるのがコイソフは原宿のどこにあるのか、そして営業時間についてだと思います。

まずは、場所ですよね。
下記に詳しい住所などを記載しておきます。

◆「coisof(コイソフ)」店舗詳細

場所:渋谷区神宮前-1-8-24 OZ原宿ビル1F
オープン:8月8日(火)
料金:「coiソフト」 600円~
営業時間:10:00~20:00

コイソフへの詳しいアクセス方法も載せておきますね!



スポンサードリンク

coisof(コイソフ)のメニューと値段は?

次に気になるのがcoisof(コイソフ)にはどんなメニューがあるのかということです。

ついでにソフトクリームの値段もチェックしてみましょう!


coiソフト(白)
“超特濃白ごまアイス”を使用したソフトクリーム 600円

coiソフト(ミックス)
両方の味が楽しめるお得なソフトクリーム 600円

coiソフト(黒)
“超特濃黒ごまアイス”を使用したソフトクリーム 600円

coisof(コイソフ)のメインメニューは上記3種類となっています。

おいりをかければ”インスタ映え”すること間違いなしの可愛いソフトクリームですよ!
濃いアイスというのは濃厚という意味ももちろんあったんですが、バニラやミルクが濃いというわけではなく”ごま”が濃いという意味だったんですね。

まぁ、普通にバニラが濃いアイスだったらそこら辺のお店にいくらでも売ってますし(笑)

ごまが濃いソフトクリームなんてとっても美味しそうです!

さらに店内は女子高生が好きそうなお洒落空間になっているんですよ。
ピンクを基調としたフォトジェニックなお洒落空間になっていてどこで写真を撮っても満足いくような可愛い写真が撮れちゃうんです。

これも”インスタ映え”を意識した作りになっているんですね!
インスタ映えを目的にアイスを食べに行くのはいいんですが、写真を撮ったらアイスを捨てるなんてことがないようにしましょう!

某ショップで人気のアイスの写真を撮ったらゴミ箱にポイと捨てられるというツイートが回っていましたから、それはいくらなんでもやり過ぎかなと思ってしまいます。写真を撮るために食べ物を粗末にするのはナンセンスですよね。

coisof(コイソフ)の評判が気になる!

最後にコイソフの評判について見ていきましょう!

既にお店に行って感想や評判をツイートしている人もとても多いですね。

みんなこんな感じでコイソフの写真を撮ってツイートしています。

カラフルでポップでとても可愛いソフトクリームですね。味の方も好評みたいですよ!

まとめ

2017年8月8日に原宿にオープンしたcoisof(コイソフ)。

coisof(コイソフ)の場所や営業時間、そしてメニューや気になる評判についてご紹介しました。まだ足を運んでいない人は夏が終わる前に遊びに行ってみましょう!

スポンサードリンク

関連記事

シェアする

フォローする