ガイコツパンダホヤの画像や写真が気になる!生態や生息地はどこ?

シェアする

今、Twitterの急上昇ワードで「ガイコツパンダホヤ」という言葉が上がっていますね。

“ガイコツパンダホヤ”と聞いただけだと一体なんのこっちゃいな?!と思ってしまったので独自に調べてみました。ガイコツパンダホヤの画像や写真、気になる生態や生息地をご紹介しましょう!

ガイコツパンダホヤの画像や写真は?

まず、気になるのがガイコツパンダホヤの画像や写真だと思います。

スポンサードリンク

なんの先入観もなくまずは画像を見てみてください。


ガイコツパンダホヤ画像引用元:http://blog.livedoor.jp/

どうでしょうか?
こちらがガイコツパンダホヤの画像になります。

確かにガイコツとパンダを足して二で割ったような見た目ですよね!(笑)

その看板に偽り無し!と言っても過言ではない見た目!

海の中で生息している生き物ということは分かりましたが一体どんな生物なのでしょうか。

見た目だけだとハロウィンの飾りみたいじゃないですか?(笑)

それくらい変わってるしキュートな見た目だと思います。

体の色素がまったくないから骨が全部透けて見えるということなんですかね?

見れば見るほどその生態が気になってしまうのでもっと掘り下げて調べてみることにしました。

ガイコツパンダホヤの生態や生息地はどこ?

見た目がとっても特徴的なガイコツパンダホヤ!

一言で可愛いとは言い切れませんが、体全体が透けていてほぼ黒と白の配色で成り立っている生体。

こんな生き物は今まで見たことがなかったので驚いてしまいました。

スポンサードリンク

まぁ、”ガイコツ”と”パンダ”という言葉が入っているのでその特徴がある生き物なんだろうとは思っていましたけどね(笑)

まさかここまでそのままだとは思いもしませんでした!

まず、ガイコツパンダホヤの生態からご紹介しましょう!

正式名称がガイコツパンダホヤというわけではなくその見た目から付けられただけだと思います。

ですが、正式名称が別にあるかどうかも分からないので一般的には”ガイコツパンダホヤ”で認識されているんだと思います。

名前の通りホヤの一種で脊索動物門、尾索動物亜門、ホヤ綱など海に生息する生き物の一種です。

海底などの岩に張り付いて生息するのでよく植物と間違われることがありますが、れっきとした生き物なんです。

生まれたばかりのときは海の中を浮遊しながら海水に含まれるプランクトンなどをエサとして成長します。

脊索動物なのでもちろん心臓や生殖器、消化器官などがあり岩に張り付きながらエサを食べ成長を繰り返していきます。

深海に生息するホヤもいるらしいですよ。

ホヤ貝とかは聞いたことあると思いますし、食べたことがある人も多いと思います。

そんな僕もホヤ貝は好きでよく食べますからね。

見た目はちょっと悪いけどお刺身として食べたらコリコリしていて美味しいんですよ。

ガイコツパンダホヤも食べられるのか気になったので調べてみました。

ネットを使って食べた人はいないのかひたすら調べてみたんですが、ガイコツパンダホヤを食べた人はどうやらいないようです(笑)

物珍しいし見た目が可愛いので写真に収めている人はたくさんいましたが、さすがに食べないですよね(笑)

まとめ

Twitterで急上昇キーワードに上がっていたガイコツパンダホヤ!

見た目は本当にパンダをガイコツにしたような容姿で、愛くるしいといえば愛くるしいですね。

どんな動きをするのかも気になりましたが、恐らくゆらゆら浮遊する感じで海の中で生きているのでしょう!

スポンサードリンク

関連記事

シェアする

フォローする