神津善行の経歴と楽曲を調査!気になる孫や著書もチェック!

シェアする

本日、気になる人物は女優・中村メイコさんの旦那さんである作曲家・神津善行(こうづ よしゆき)さんです。

お二人が結婚して60年。どんな夫婦生活を送って来たのかとても気になってしまいました。そんな本日は神津善行さんの経歴と楽曲、そして気になるお孫さんや著書についてご紹介したいと思います。

それではさっそく行ってみましょう!

スポンサードリンク

神津善行の経歴と作曲した曲は?

神津善行

名前:神津 善行(こうづ よしゆき)
生年月日:1932年1月2日
現年齢:85歳
出身地:東京都
職業:作曲家


神津善行さんの経歴プロフィールは以上となっています。

神津善行さんの奥さんは女優の中村メイコさん。

そしてお子さんは全部で3人いて長女が作家・神津カンナさん、次女が女優・神津はづきさん、長男が画家・神津善之介さんです。

こうやって見ると芸能一家というか芸術一家というか素晴らしい家系だなと思いますね。

神津善行さんは東京都出身で国立音楽大学器楽科卒業。

学生時代から作曲などを勉強し、映画音楽を手がけたり、歌謡曲、吹奏楽の曲など幅広く関わっているようです。

さらに音楽だけではなく自身の著書を出したり様々な分野で才能を発揮しています。

神津善行さんと中村メイコさんが結婚したのは1957年のこと。

今年でちょうど60年になるというので半世紀以上一緒に過ごしているということになりますね。

相思相愛でお互いのことを思いやりつつ日々生活しているのでしょう。

余談になりますが、次女・神津はづきさんの夫は俳優の杉本哲太さんです。

お正月など親族が集まるときは相当すごそうな気がしますね(笑)

杉本哲太さん…相当気を遣いそうですw

次に気になるのが神津善行さんが作曲した曲はどんなものがあるのでしょうか。

調べてみると、「NET『日曜洋画劇場』テーマ」、「日本工学院専門学校校歌」、交響詩「月山」、「札幌の空」などです。

やはり昭和時代の楽曲なので僕もそうですがなかなかパッと曲が頭に浮かんできませんね。

神津善行の孫や著書も気になる!

次に気になるのが神津善行さんのお孫さんはどんな方なのでしょうか。

神津善行さんのお子さんなどは分かりましたが、お孫さんはいるのか、それともいないのかも気になります。

そちらも調べてみると神津はづきと杉本哲太さんの間には3人のお子さんがいるようです。

なので、最低でも3人はお孫さんがいるということですね。

長女の神津カンナさんは恐らく結婚していないので、お子さんはいないと思いますが、長男で画家の神津善之介さんはお子さんがいるようです。

ただ、年齢や性別などは不明なので芸能関係の仕事をしているかどうかも分かりません。

最後に神津善行さんの著書について調べてみました。

1971年に初めて出版した「歌謡曲の唄い方教室」、「ぼくの英才教育」、「音楽の落とし物 」などやはり音楽に関係する著書が多いですね。

楽天でも神津善行さんの著書がたくさん売られていましたよ。

気になる方は是非、チェックしてみてくださいね。

スポンサードリンク

まとめ

徹子の部屋に出演した中村メイコさん&神津善行さんご夫妻。

今年で結婚60年目という節目の年になりますがこれからも健康で素敵な毎日を過ごして欲しいなと思います。きっと、お子さんやお孫さんに囲まれて楽しい毎日を過ごしていると思いますね。

健康に気を付けて、長生きして欲しいなと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサードリンク

関連記事

シェアする

フォローする