衆議院選挙2017の結果予想!期日前投票期間や投票率も調査!

シェアする

選挙活動する政治家

2017年9月28日に阿部内閣総理大臣による突然の解散宣言!

その解散宣言を受けて第48回衆議院選挙2017が行なわれることが決定しました!
普通なら4年に1度、任期満了に伴い衆議院選挙が行なわれるんですが今回はいきなりの解散宣言でしたから…かなりバタバタしているんじゃないでしょうか。そんな本日は衆議院選挙2017の結果予想、そして期日前投票期間や投票率について調査したいと思います。

スポンサードリンク

それではさっそくご紹介しましょう!

衆議院選挙2017の日程や期日前投票期間は?

まずは、衆議院選挙2017の日程と期日前投票期間についてチェックしてみましょう!

調べてみると、告示日10月10日投票日10月22日と発表がありました。

10月22日は日曜日なので投票しにいける人も多いかと思いますが、あまりにも突然だったのでその日は既に予定入ってるよ!という人も多そうです。

衆議院選挙2017の日程については分かったと思いますが、期日前投票期間はいつからいつまでなのでしょうか。

こちらに関しても調べてみると告示日の次の日、10月11日(水)~10月21日(土)までとなっています。

投票時間は投票所が設置されている自治体によって変わってくると思いますが、大体は朝8時30分~夜8時頃までだと予想されます。

投票所や投票時間などはお住まいの自治体をご確認ください。

期日前投票期間と投票時間については以上となりますが、投票日当日は少し時間が変わってくるので注意してくださいね。

一般的な選挙当日は朝7時~夜8時頃まで投票することが出来ますが各自治体によって1時間繰り上がって終わる場所などもあります。

事前にお近くの自治体に問い合わせして時間を間違えないようにしましょう。

ここのところ毎日、政治のニュースでテレビが賑わっていますから、注目している人も多いと思います。

阿部内閣のいきなりの解散宣言だったので、心の準備が出来ていない人もたくさんいるんじゃないかなと思いますね。

そもそも衆議院が解散したら40日以内に選挙をしないといけないという法律もいかがなものかと思ってしまいます。

解散後40日以内に選挙をしないといけない理由などは一切分かっておらず、憲法で定められているからとしかいえません。

我々国民の都合などは一切考えずにこの日に選挙やっちゃうよ!という感じですよね。

衆議院選挙では議員を選ぶだけではなくその他に、比例代表政党を選んだり、最高裁判所裁判官の国民審査なども一緒に行います。

衆議院が解散する理由と条件とは?

衆議院選挙2017の結果を予想する前に衆議院が解散する理由と条件について調べてみました。

スポンサードリンク

僕と一緒で政治や選挙に疎い人はなぜ、衆議院が解散するんだろう?と疑問に思っている人も多いかと思います。

調べてみると衆議院が解散する理由は主に3つほどありました。

◆衆議院が解散する理由と条件!

  1. 任期満了
  2. 内閣不信任案が可決
  3. 内閣総理大臣が決定

衆議院が解散する理由や条件はこんな感じですかね。

特に多いのが3番目の内閣総理大臣が解散決定をした時です。

今回の解散はそれに該当しますよね!

衆議院とか内閣とか小中学校の頃によく勉強しましたが大人になると忘れていることも多くてやはりしっかり勉強しなおさないといけません(笑)

衆議院選挙2017の結果予想をしてみる!

そろそろ本題に入りますが衆議院選挙2017の結果を予想してみたいと思います。

小池百合子都知事の新党である“希望の党”がどれだけ得票数を伸ばすのか…ここに注目している人が多いと思います。

なんだかんだで小池百合子人気は健在なので、阿部首相の自民に対して敵対で臨むとのことですよ。

小池都知事VS阿部首相という構図が描かれているわけですが、やはり阿部首相率いる自民党が勝利するのではないかと予想されます。

2016年7月に東京都知事に当選した小池百合子氏。

そのときの公約は確か築地移転問題、さらに東京五輪問題などだったと思いますが、1年の任期が経ちますがなにひとつ表立った行動が出来ていない気がします。

小池都知事の言動と行動が伴っていない状況で有権者が票を入れるのか疑問ですよね。

そう考えたときに阿部首相率いる自民党が有利なんじゃないかと思います。

衆議院選挙の投票率は?

過去に行なわれた衆議院選挙の投票率もチェックしてみましょう!

2014年に行なわれた衆議院選挙は自民党の圧勝でしたが、投票率に関して言えば52.66%と過去最低の記録を出してしまいました。

「投票しなくても自民党が圧勝するのは分かっている」と有権者は思っていたのかもしれませんね。

民進党は離党続きで力がどんどん弱まっている印象ですし、衆議院選挙2017も自民党が優勢ということでしょう。

ですが、選挙活動によって情勢は変わってくるものなので新しい情報が入りましたらまた追記したいと思います。

まとめ

2017年9月28日に阿部首相から突然言い放たれた解散宣言!

10月10日に告示され10月22日に衆議院選挙2017が執り行われます。10月10日といえば”朝鮮労働党の創建72周年記念日”なのでまたミサイル発射するのではないかとささやかれています。

根拠はありませんがまた早朝にJアラートが鳴る!なんてことがないようにして欲しいですよね。Jアラートが鳴ると心臓バクバクしちゃうから本当に辞めて欲しい…。

北朝鮮問題など軽視できない部分がたくさんありますが、とりあえず衆議院選挙2017に注目したいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサードリンク

関連記事

シェアする

フォローする