Ruuが衣装製作した作品画像が気になる!アトリエや値段も調査!

シェアする

衣装デザイン

本日、気になる人物は有名人の衣装製作などを手がけるデザイナー・Ruuさんです。

Ruuさんは今は亡き忌野清志郎さんの衣装製作を手がけていたとのこと。そんな本日はデザイナー・Ruuさんが携わった衣装製作画像やアトリエ、値段などについて調査したいと思います。

スポンサードリンク

それではさっそく行ってみましょう!

Ruuの経歴プロフィールは?

名前:Ruu
出身地:京都良福寺
学歴:藤川延子学園(ファッションデザインを専攻)


デザイナー・Ruuさんの簡単プロフィールは以上となります。

Ruuさんは学生時代、藤川延子学園でファッションデザイナーの勉強を学び、その後は古川雲雪さんに弟子入りし本格的にファッションイラストを学ぶこととなります。

そして、1975年に活動拠点を京都から東京に移し、1988年に東京都千駄ヶ谷にアトリエ「RuuRuu」をオープン!

年齢は非公開になっていますが、1994年にご長男誕生と公式サイトに記載されていたので50代後半~60代前半くらいのデザイナーさんだと思いますね。

帽子のデザインやミュージシャンの衣装デザインなど幅広く担当し、経験と実績を残すようになりました。

衣装担当したミュージシャンは忌野清志郎、BUCK-TICK、AURA、ボ・ガンボス、金子マリなどなどかなり豪華なアーティスト達の衣装をデザインして来ました。

個人的にBUCK-TICK、AURAは懐かしいですね(笑)

BUCK-TICKはまだ活動していますが、AURAは知らない人の方が多いんじゃないかなと思います。

ビジュアル系好きなアラフォー世代だったら知っていると思いますけど。

1990年後半~2000年前半は帽子展やギャラリーなど積極的にご自身の作品を世の中に提示して来ました。

グループ展やコラボレーションなども幅広く携わって来ました。

才能ある方は多方面で活躍できるスキルが自然と身に付いているのでしょうね。

Ruuが衣装製作した作品画像が気になる!

次に気になるのがRuuさんはどんな衣装デザインをしたり作品を残してきたのか気になったので画像を探してみました。

いくつかご紹介するのでチェックしてみましょう!


Ruuの衣装デザイン画像引用元:https://ameblo.jp/tomomi-shimizu/

スポンサードリンク

Ruuの衣装デザイン画像引用元:https://ameblo.jp/tomomi-shimizu/

Ruuの衣装デザイン画像引用元:https://ameblo.jp/tomomi-shimizu/

Ruuさんが手がけた衣装画像を何点か引用させてもらいました。

写真を見ると独創的というかアーティスティックというかRuuさんだけの世界感を読み取ることが出来ますね。

こういう特殊な才能がある人はいろいろなアイディアが次から次に浮かんでくるんだろうなと思います。

そういった才能がまったくないのでとても羨ましいー。

Ruuのアトリエやハンドメイド衣装の値段はどれくらい?

最後にRuuさんのアトリエやハンドメイド衣装のお値段について調査してみました。

Ruuさんのアトリエについては先ほどご紹介しましたが東京都千駄ヶ谷にある「RuuRuu」です。

公式サイトもあるので気になる方はチェックしてみましょう!

次にRuuさんに衣装デザインをお願いすることが出来るのでしょうか。

そちらについても調べてみると公式サイトに衣装オーダーに関するお問い合わせ場所が記載されていたのでお願いすることが出来ると思います。

もちろんハンドメイドオーダーなのでお値段もそれ相応にするとは思いますけど…。

結婚式などのオリジナルオーダーなども出来るので気になる方はRuuさんの公式サイトをチェックしてみましょう!

ご希望のデザインとご希望予算などを最初に提示することが出来るので自分の予算内で製作してもらうことも可能ですね。

一流デザイナーの方なので格安というわけにはいかないと思いますが、自分自身へたまにのご褒美という形でデザインしてもらうのもありだと思いますよ。

まとめ

テレビ番組「ニノさん」に出演した忌野清志郎さんの衣装製作を担当したデザイナー・Ruuさん。

やはりデザイナーの方は自分の世界を持っていてかなり独創的な方が多いんだなと思ってしまいましたね。人にはない才能なのである意味羨ましいなとも思いました。

今後も有名人やミュージシャンに素敵な衣装デザインを提供して欲しいなと思います。Ruuさんには末永く頑張って欲しいなと思いました!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサードリンク

関連記事

シェアする

フォローする