近藤龍一(量子力学)の高校はどこ?出身中学や学歴が気になる!

シェアする

たくさんの本

本日気になる人物は、若干12歳という若さで「量子力学の教科書」を執筆した近藤龍一(こんどう りゅういち)さんです。

僕みたいに頭があまりよろしくない人間は”量子力学”と聞いてもさっぱり意味が分かりませんw僕とは正反対の近藤龍一さんの通っている高校はどこなのか?そして出身中学や学歴について調査してみたいと思います。

スポンサードリンク

それではさっそくご紹介しましょう!

近藤龍一の経歴プロフィールは?

名前:近藤 龍一(こんどう りゅういち)
生年月日:2001年
現年齢:16歳
出生地:東京都


近藤龍一さんの簡単プロフィールは以上となっています。

近藤龍一さんのことを語る上で避けては通れないのが「量子力学」という四文字熟語?!(笑)

四文字熟語なわけがないですが、僕にはそう見えるw

「量子力学」についても簡単に説明した方がいいとは思いますが、今の僕には難しすぎてまとめることが出来ません!

なので、興味がある方は自分で読むか近藤龍一さんが12才の頃から執筆し始めた「量子力学の教科書」を読んでみてください(笑)

その方が間違った情報が入ってこないと思うので。

楽天ブックスで近藤龍一さんの著書が売られていたので一応ご紹介しておきましょう!


12歳の少年が書いた 量子力学の教科書 [ 近藤 龍一 ]

近藤龍一さんの回し者ではないですが、僕が「量子力学」について説明するよりは本家が研究したことを読んだ方が何百倍もいいと思いますので(笑)

天才高校生と呼ばれてる理由が分かりますが、近藤龍一さんは小学校に上がってから歴史や文学、天文学、哲学、医学、経済学に興味を持ち地元の図書館をトランクひとつ持って回り歩いたそうですよ。

自分が小学校に上がったときに興味があったものってなんだろうとふと考えてみたんですが、近藤龍一さんとは果てしなく遠いモノに興味がありましたね。

世の中のほとんどの小学生はそうだと思いますが、極稀に近藤龍一さんみたいな天才が現れるものなんですね。

よく可愛いアイドルが現れると「1000年に一度の美少女が~」などのキャッチフレーズが出回りますが、こういう言葉は近藤龍一さんに使った方が適切だと思います。

スポンサードリンク

まさに1000年にひとりだと思いますし!

近藤龍一さんは10才の頃に「量子力学」について興味を持ち始め独学で勉強を始めたようですよ。

そして2年後の12才のときに「量子力学」について書き始めたとのこと。

もう頭の中が凡人とはまったく別物なのでしょう!

近藤龍一の通う高校はどこ?出身中学や学歴も気になる!

最後にみなさん、気になっていると思いますが天才高校生・近藤龍一さんが現在通っている高校はどこなのか?ということです。

都内の私立高校に通っているという情報は出ていますが、詳しい高校名などは表に出ていません。

【近藤龍一】で検索をかけると「開成高校」と出てきますが真相はどうなのでしょうか。

調べてみると近藤龍一さんの通う高校は開成高校ではないようです。

他の方がご紹介している記事を読むとどうやら“八王子学園八王子高等学校”に通っているのではないかとのことです。

そして出身中学校は中高一貫校なので“八王子学園八王子中学校”

くまざわ書店八王子店のTwitterにしっかりと“八王子学園八王子高等学校”に在学中と書いてありましたね。

天才高校生と呼ばれている近藤龍一さんですが、将来は博士や研究者になるのでしょうか。

高校卒業後の進路はもちろん東大?!

ここまで頭が良いと将来有望だと思いますし、楽しみですよね!

どんな環境で育ってきたのかご両親にも興味が沸いてしまいました。

小さいうちの教育って本当に大事だと思いますね。

たぶん90%以上は遺伝だと思いますけど(笑)

まとめ

「量子力学の教科書」を執筆した天才高校生・近藤龍一(こんどう りゅういち)さんについて詳しくご紹介しました。

1日だけでもいいので僕の頭と交換してほしいくらいですね。
どんな発想やアイディア、そして物の見方、尺度が違うのかとっても興味があります。世界が変わって見えることは間違いないと思います。

天才高校生・近藤龍一さんのこれからに期待したいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサードリンク

関連記事

シェアする

フォローする