昭和記念公園花火大会2018が中止になる可能性は?延期や順延もある?

シェアする

花火大会

2018年7月28日(土)に立川にある昭和記念公園で花火大会が開催される予定です。

ですが現在、台風12号が強い暴風域を伴いながら東京に接近して来ています。7月28日の午前中には東京に上陸するといわれているので昭和記念公園花火大会2018は中止になってしまう可能性も懸念されます。

そんな本日は昭和記念公園花火大会2018中止になる可能性と延期、順延もあるのかそちらをご紹介したいと思います。

昭和記念公園花火大会2018の日程と打ち上げ時間は?

◆立川まつり 国営昭和記念公園花火大会

開催日:2018年7月28日(土)
開始時間:19時20分 ~ 20時20分
場所:東京都立川市 / 国営昭和記念公園 みんなの原っぱ

昭和記念公園花火大会2018の日程と打ち上げ時間、場所は以上となっています。

昭和記念公園花火大会は毎年たくさんの屋台も出ていますし、人もかなり来るので盛大に盛り上がるんですよ。

ですが、毎年この時期に開催されるのでちょうど台風と当たってしまうということが過去にありましたね。

2017年の昭和記念公園花火大会も小雨が降っていて開催するのか中止なのか直前まで分かりませんでした。

筆者も途中まで行ったんですが、開催するのかしないのか分からないので諦めて帰宅しましたけどね(笑)

去年は小雨でもそのまま強行突破したようなので迷わず行けばよかったと思いました。

公式サイトを随時チェックしていたんですけど、なかなか情報が更新されずTwitter情報を頼りにしていましたね。

早い時間から場所取りで現地にいる人達がみんなツイートしていたりするのでそういう情報を辿っていくといいかもしれません。

昭和記念公園花火大会2018が中止になる可能性は?

気になるのが昭和記念公園花火大会2018が中止になる可能性だと思うんですよ。

現時点(7月25日現在)ではまだ台風も直撃していないし、中止するのか決行するのかは分かりません。

ですが、台風12号が東京に上陸するのは7月28日となっています。

今(7月25日23時頃)、台風12号による新情報をみてみたんですが関東に上陸するのが7月28日(土)の夕方~夜となっていました。

しかも発達しながら東京に接近して来ているのでもし直撃した場合は昭和記念公園花火大会2018は中止になる可能性が高いです。

延期や順延について

もし7月28日(土)が雨天で中止になった場合は7月29日(日)順延(延期)になります。(公式サイトに記載あり。)

小雨程度ならそのまま決行するので公式サイト及び公式Twitterをチェックしておくと良いでしょう。

ちなみに昭和記念公園の公式Twitterでは現在このようにアナウンスされています。

明日中に方針を決定・発表とあるので7月26日(木)には中止か順延か延期か分かると思いますね。

去年も雨天で観ることが出来なかったので、今年こそはと思っていたんですが、晴天になることはなさそうで切ないです…。

まとめ

2018年7月28日(土)に開催予定の昭和記念公園花火大会2018が雨天により中止になるのか、延期(順延)になるのかについて詳しくご紹介しました。

台風12号が東京に上陸するのが28日(土)となっているのでこのままだと中止になる可能性は高そうですね。

隅田川花火大会も同日に開催されるのでそちらも中止になるのでは…と懸念されています。

毎年、花火大会を楽しみにしている人達にとってはとても残念なことですが、まだ日にちはあるので新しい情報を待ちましょう!!

関連記事

シェアする

フォローする