ドロ刑|1話あらすじネタバレ感想!遠藤憲一がまさかの泥棒?!

シェアする

ドロ刑-警視庁捜査三課-

10月13日(土)にドラマ「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」第1話が放送しましたね。

煙鴉を演じるのは俳優・遠藤憲一さん、そしてイマドキの新米刑事・斑目勉を演じるのは中島健人さんです。ドラマ「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」第1話ではさっそく大どんでん返しがあったようですが…。

そんな本日はドラマ「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」第1話のあらすじネタバレ感想をご紹介したいと思います。

ドラマ「ドロ刑」1話のあらすじネタバレ感想!

遠藤憲一さんが演じている煙鴉は、警察。

だけど、冒頭のシーンで盗みをはたらいた泥棒はなんと煙鴉!?

「ドロ刑」というドラマ名なので、遠藤憲一さんも中島健人さんも警察だということは分かっていましたが、最初のシーンでまさかの遠藤憲一さんが泥棒だということが発覚して、驚きました。

中島健人さんが演じている斑目勉は、なりたての警察。

電車でスリを見つけても、捕まえずに知らんぷりをする。別の警察に、なぜ捕まえなかったのかを問われたら、「非番だったし」と答える。

斑目勉のやる気がなくて どこかズレているキャラクターが、面白いです。

こういう話なの!?と、いい意味で期待を裏切られました。

あるバーで、煙鴉と斑目勉は出会う。

斑目勉は、以前 煙鴉が泥棒をした現場を担当したことがある。その時の匂いを覚えていて、匂いで今、目の前にいる男が泥棒だということが分かった。

しかし、斑目勉は煙鴉を捕まえない。

煙鴉が、なぜ目の前に大泥棒がいるのに捕まえないのかと問うと「オフなんで」「正義感ないんで」と答える。物語だから許せるのですが、斑目勉のやる気のなさが最高です。

中島健人さんの演じ方も、見ていて楽しいです。

泥棒の男を張り込み捜査することになる。

しかし、その男に尾行がバレてしまった。そして、上司に怒られた。

しかも真面目に謝らなかったから、もっと怒られた。

煙鴉は、斑目勉の捜査を手伝うことにした。

偶然が重なり、楽々と 張り込み捜査で捕まえようとしていた男を捕まえることに成功する。

しかし、証拠がないから 自白させないと 釈放になってしまうことが発覚。

そして、上司に「なんだったら 僕が 落としますか」と調子乗った感じに言って、またもや 怒られた。

煙鴉が、犯人を自白させることを手伝ってくれることになった。

犯人に、大泥棒 煙鴉の話を持ち出す。

そして、「10月1日あんた、何してた?」と怒涛に 証拠を持ち出す。

証拠は煙鴉が集めたものである。

犯人が表情を変える。

しかし、「なんにも分かってないんだな」と犯人が言い出す。

ここから、衝撃の展開。

その犯人ではなく、その犯人を使って、煙鴉を捕まえた!!バーで会った時から、煙鴉の話を録音していたらしい。

そして、ひょんな事から、その犯人にも自白させることができた。

ここでまさかの展開!!

煙鴉は、大泥棒 煙鴉のふりをしていた。つまり、警察と煙鴉は協力していた。

全部演技だったのです!

煙鴉は、警察にご協力ありがとうございましたと言われる。

最後の最後に、怒涛の怒涛の(2回使うくらいに)衝撃の展開でした。

全部で4回くらい、してやられた感がありましたね(笑)

ドラマ「ドロ刑」1話についてネットやTwitterの反応は?

中島健人さんはもちろんカッコいいという意見がたくさんありましたが、皇子山隆俊(おうじやまたかとし)役を演じている中村倫也さんもめちゃカッコいいという声が多いです。

第1話の大どんでん返しにしてやられた感があるという意見も多いですね。

やっぱりみなさん思うところは一緒のようです。

脚本も良いし、全体的に飽きずに観ることが出来るという声も。

セクゾファンの人達はもちろん、誰が見ても面白いドラマだと思いますね!

まとめ

10月13日(土)から始まったドラマ「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」第1話のあらすじネタバレ感想をご紹介しました。

第1話目から何回もやられたー!と思うようなシーンも何回かありますし、観ていてマンネリしないのが良いなと思いました。イケメン俳優・中島健人さんや中村倫也さんも出演していますしえんけんさんの優しい雰囲気も素敵ですよね!

ドラマ「ドロ刑」第2話も絶対に楽しめると思います!!お見逃しなく!!

関 連 記 事

シェアする

フォローする