Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

下町ロケット|1話ネタバレ感想!イモトの涙と演技力がスゴイ!

シェアする

下町ロケット引用:http://www.tbs.co.jp/shitamachi_rocket/

2018年10月14日(日)からドラマ「下町ロケット」第1話が放送しましたね。

前作の下町ロケットが放送していたのは今から3年前なのでそれを考えると月日が経つのはとっても早いなと思います。そして第1話ではイモトアヤコさん演じる副社長・島津裕の涙と演技が最高という声がたくさん届きました!

そんな本日はドラマ「下町ロケット」1話のあらすじネタバレ感想をまとめたいと思います。

ドラマ「下町ロケット」1話のあらすじネタバレ感想!

帝国重工の作ったロケットが打ち上げ成功となったが、帝国重工のロケット事業が近々撤退する可能性があることを、財前から伝えられた佃航平は、スターライト計画が消えてしまうのではないかと危惧するところから、下町ロケット2期はスタートしました。

そのことを効いた帝国重工ロケット事業開発チームの従業員は混乱していてチームもバラバラになってしまいます。

その直後、畑仕事中に父親が倒れたことを知った殿村は、実家に帰り畑仕事を手伝うことになった。

次いで佃もその様子を見に殿村の元へ向かいます。

その際、佃製作所が作っているねじが使用されているトラクターで畑を耕しても、作業ムラがあり、クワで再度耕す必要があることを知ることに。

佃はその作業ムラがなぜできるのかをトラクターを分解し解析した結果、ローターの回転数が一定ではないことが原因であるとわかった。もしもそれを改善することができれば、作業ムラのせいで2度手間となって労力をかけている農家の人々を多く助けることができると考えました。

佃はすぐに会社に帰り、ローターに使用されているバルブの開発に着手します。

トランスミッションのバルブ製作に知識のない佃製作所は、トランスミッションの情報を求め、もと帝国重工の「ゴーストギア」へ向かった。

そこでコンペのライバルは「大森バルブ」であることを知ります。大森バルブは従業員数5000人・年商1500億円のトランス界の帝王と呼ばれている会社なんです。

この会社にコンペで勝つのは至難の業であったが、佃はまったく物怖じせず、トランスミッションバルブの製作に執念を燃やすのであった。

佃製作所は、大森バルブの旧モデルのトランスミッションバルブを購入し、部品を分解し、性能を確かめる「リバース・エンジニアリング」を行ったところ、あまりの品質の高さに驚くのであった。

立花洋介はコストを抑えた品質の高いバルブを作成するのに試行錯誤したが、何度やってもコストオーバーしてしまう立花の設計に、軽部は、オリジナリティがなく、無駄な設計と罵倒され、どうすればよいのかなにもわからなくなってしまいます。

立花は、一村に誘われ、ガウディ計画で作成した人工心臓弁を入れた子供のサッカーの試合を見に行くことになります。

そこで清人君は元気にサッカーをしており、改めて佃製作所のロケットプライドがどれほどすごいものなのかを再認識することとなった。その後、立花は試行錯誤し、ついにコストを抑えた高品質バルブの作成に成功します。

コンペ当日、大森バルブと佃製作所が立ち会う中、ギアゴーストのトランスミッシ、ョンモーターの性能評価審査が始まった。

コンペの結果、性能の結果は圧倒的に大森バルブのモータが上回ったが、佃製作所のモーターは大森バルブのモーターよりも約3分の1も少ない部品の数で作っていました。

部品が少ないということは強度が高いので、トラクターなどの重機には、性能がどれほど高くても、壊れやすくては意味がない。

それを買われ、ギアモーターは佃製作所のモーターを採用することに決めた。佃製作所は、大森バルブに勝利した瞬間でした。

ドラマ「下町ロケット」第1話も感動ありの内容でさっそく第2話が気になってしまいます。

ドラマ「下町ロケット」1話 イモトアヤコの演技がスゴイ!

イモトアヤコさんの涙シーンや演技、役柄が最高!という声がたくさんTwitterにアップされていました。

普段、バラエティ番組で活躍しているイモトさんのイメージしかないので真面目に演技しているのは新鮮だなと思いました。

そして意外と演技が上手なんですよね(笑)

逆にイモトさんアンチの人もちらほらいましたけど、賛否はあるようです。

徳重聡さんの演技評価もかなり高くなっています。

Twitterを観ると最初、誰だか分からなかったという声が多いですね。

それだけ役になりきって演じていたんだと思います。

まとめ

10月14日(日)に放送したドラマ「下町ロケット」1話のあらすじネタバレ感想をまとめてご紹介しました。

イモトアヤコさんの涙シーンや役柄、そして徳重聡さんの演技の幅の広がりなどやはり下町ロケットはいろんな気がつきがあるドラマだなと思いました。

もちろん魅力的な物語も最高なのでドラマ「下町ロケット」第2話もしっかりと観たいと思います!!

関 連 記 事

シェアする

フォローする