Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

SUITS/スーツ|2話ネタバレ感想!フリーター弁護士は勝てるのか?!

シェアする

SUITS/スーツ

10月15日(月)に月9ドラマ「SUITS/スーツ」2話が放送しました。

中島裕翔さん演じる鈴木大貴がめちゃくちゃカッコいいですね!そして第1話では原作と比べてしまい違和感ばかり感じてしまいましたが第2話ではその違和感もあまり感じなくなってきました。

そんな本日は月9ドラマ「SUITS/スーツ」2話のあらすじネタバレ感想をご紹介したいと思います。

月9ドラマ「SUITS/スーツ」2話のあらすじネタバレ感想!

それではさっそく月9ドラマ「SUITS/スーツ」2話のあらすじネタバレ感想をご紹介したいと思います。

プロポこと無料の法律相談に2年前に夫に先だたれた関めぐみさん演じる看護師・川瀬今日子がやってきます。

相談内容は今働いている病院の院長から生活費、息子の養育費を支払うから愛人にならないかという愛人契約を持ちかけられていた。

ですが、断ったとたんに病院から解雇を言い渡されてしまいます。

お金も払わず相談しようなんてとプロポを馬鹿にしている織田裕二さん演じる甲斐正午はまさか引き受ける訳じゃないよなと反対していた。

ところが相手が中村育児さん演じる海部だと知ったとたんに引き受けると言い出します。

ですが、すんなり相手が示談に応じ、示談金を支払います。

気をよくした鈴木君、あんまりにトントン拍子に話が進みなんか不吉な予感がすると中村アンさん演じる甲斐さんの秘書は言い出します。

しかし、この予感が的中してしまう。

東都医大海部院長セクハラの記事が、ネットのフェイクニュースに出てしまい、病院と海部院長の名誉が傷つけられたと言われ、示談交渉は決裂。

示談金を貰うどころか、名誉棄損で訴えられる始末。

リークしたのは看護師川瀬の弟だった。

鈴木も川瀬がお金目的かと疑いを向けるが川瀬はただ不当解雇されたことで次の仕事探しにも影響が出てる状況をどうにかしたいだけだった。

甲斐のところには横領事件の話がくる。

そして甲斐たちが働いてる弁護士事務所では新人いびり、セクハラなどのハラスメント疑惑が…持ちかけられます。

海部のハラスメント疑惑は他にもいるのではと被害者を探し出す。

今は看護師をやめて経営が困難な工場を夫と経営している 被害者を見つけ出す。

証拠がないと無理と思っていたが、海部の子供を中絶していた事実があればと甲斐がのりだしてきます。

甲斐は内部留保金に手をつけて女に貢ぐ行員がいるという銀行の内部告発を受ける。

相手は甲斐が顧問弁護士を勤める銀行の谷川部長。

昔の悪い仲間と縁をきり、お婆ちゃんを施設にいれてあげようと頑張る鈴木君。セクハラにあった元看護師の中絶した病院、カルテを手に入れようとするが…鈴木が忙ししいと仕事を後まわしにしている間に状況は変わってしまう。

大病院からの圧力で証言はできないと…。

勝てないとクビと甲斐先生から言われていたので落ち込む鈴木君。挙げ句の果てには弁護士失格と言われるが、甲斐いわく経歴詐称をしてるからでなく本気でないからだと言われる。

そんな人間は何をやっても続かない…。

逃げるなら最後までやってからにしろと言われるがすでに工場まで病院に買収されてしまいます。

甲斐と鈴木が海部に直接対決に…ところがボイスレコーダーに音声が残っていました。

それを知り院長も観念してしまいます。

ここで、横領を内部告発をした銀行から工場に融資がおりていた。

川瀬も示談金を貰い一件落着。

さすが甲斐先生!!今回も見事な役回りでしたね!!

月9ドラマ「SUITS/スーツ」2話のネットやTwitterの反応!

中島裕翔さんの演技がカッコいいという意見がとても多いです。

そして織田裕二さんの貫禄ある演技がさすがという声が最も多いですね。

ドラマ「SUITS/スーツ」第1話では原作と比べられて微妙という声がとても多かったですが、第2話が終わりだんだん馴染んで来たようです。

第3話以降も楽しみになって来ましたね。

まとめ

10月15日(月)に放送した月9ドラマ「SUITS/スーツ」第2話のあらすじネタバレ感想をご紹介しました。

個人的な意見になりますが、第2話目から少しずつテンポが良くなって来た気がしますね。観てても飽きがこないというのはドラマにおいてとっても大事なことだと思います。

織田裕二さんの本来の演技を観ることが出来る作品だと改めて思いましたね。

関 連 記 事

シェアする

フォローする