Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

中学聖日記|2話ネタバレ感想!末永聖と黒岩晶の恋が急接近!?

シェアする

中学聖日記

10月16日(火)にドラマ「中学聖日記」第2話が放送します。

第1話では有村架純さん演じる末永聖が思春期の子供達に翻弄され、教師の仕事に少し自信を無くしてしまいました。その中でも特に黒岩晶に手を焼くことになるのですが、第2話では末永聖と黒岩晶の仲が急接近するんですよね?!

そんな本日はドラマ「中学聖日記」2話のあらすじネタバレ感想をご紹介したいと思います。

ドラマ「中学聖日記」2話のあらすじと予告動画!

「先生のこと、好きになっちゃいました」――。
晶(岡田健史)から突然告白された聖(有村架純)。だが聖はその言葉を受け流していた。
ある日、聖と勝太郎(町田啓太)両家の顔合わせが急遽開かれることに。勝太郎が仕事のトラブルで遅れる中、聖は両家の親に教師としての思いを伝えるも、いずれは仕事をやめるように言われ悩む。
そんな中、晶から再び気持ちを伝えられた聖は晶の真っ直ぐな表情に困惑する。
そして、子星中学校の体育祭が幕を開ける。聖に避けられ続けていた晶は大胆な行動に出て…。

引用:中学聖日記 公式サイト

ドラマ「中学聖日記」2話のあらすじネタバレ感想!

ドラマ「中学聖日記」2話のあらすじネタバレ感想を簡単にご紹介します。

第2話は黒岩晶が末永聖に告白をするシーンから始まります。

晶は「先生のこと好きになってしまいました。」と告白をすると聖は「先生、黒岩くんに嫌われていると思ってた。ありがとう。」と軽くあしらいます。

そして、聖はこのことを先輩・丹波千鶴に相談します。

聖はこの時点で、晶の告白は冗談だと軽く考えていましたが、のちに本気の好意だということが少しずつ明らかになって来ます。

婚約者・勝太郎に教師を辞めて大阪に来なよ、と言われた聖はまだ教師をしたいと伝え、そのことがきっかけで勝太郎から連絡が来ていないという聖。

勝太郎との結婚も悩みますが、黒岩晶についても悩む聖。

千鶴に相談した結果、晶とは距離を保ちつつ様子を見ることに決めました。

婚約者・勝太郎も聖とのことで悩み、上司の原口と一緒にバーで飲んでいました。

原口がテキーラを飲み干し、そのまま意識を失ってしまい勝太郎がおんぶして自宅に戻ることになります。

酔ってふにゃふにゃになっている原口を抱きかかえた瞬間に…キス?!

となりましたが、良いところで原口の彼女に押されて尻もちをつく勝太郎。

そんなある日、聖が図書室に行くと黒岩晶がひとりで勉強をしているのを発見。

聖は「なにか分からないことがあったら聞いてね。」と優しく話しかけます。

すると晶は「先生のことが好きなだけじゃダメなんです。先生にも好きになって欲しいんです。」と伝えます。

聖は「それはちょっと無理だよ。」と軽くあしらいその場からそそくさといなくなってしまいます。

聖のことで思い悩んでいる晶の自宅に同級生の岩崎るな(るなち)がやってきます。

るなちは晶に好意を寄せている女の子です。

晶のことを何かと気にかけ、「末永なんて止めちゃいなよ!どうせ結婚するし、黒岩が傷付くだけだよ!」とかなり積極的に伝えます。

「私は傷ついてもいいから黒岩に気持ち伝えてるよ!」とまで言ってしまいました。

聖のことを悪く言われた晶は頭に来たようでるなちのことを力づくで家から追い出そうとします。

その時にちょうど母・黒岩愛子が入って来て、晶とるなちがもしかして付き合っている?と勘違いしてしまいます。

るなちが帰ったあとに晶が放った一言。

「るな、あいつ気持ち悪っ!俺と同じくらい。」と言いました(笑)

そして、子星中学校の体育祭が始まり、聖は相変わらず晶を避けるような冷たい態度で接します。

その様子に苛立ちを隠せない晶。

とうとう怒り心頭になり晶は聖の手を強引に引っ張り人目の付かないところに連れていきます。

聖は「こんなときに冗談は止めてよ、戻るよ。」と。

晶は「なんで逃げるんですか?子供扱いしないで下さい。」と伝えます。

すると聖は「じゃあ、はっきり言うけどこういうの迷惑なの。先生として黒岩くんを応援する。それ以下でもそれ以上でもない。」と。

それを聞いた晶はとてもショックを受けてリレーをせずに勝手に帰ってしまいます。(思春期の男の子めんどくせーw)

勝太郎の職場では原口が外されると聞かされ、勘違いした勝太郎が直訴しに行きますが、実は原口は外されることはありませんでした。

原口をかばったつもりが逆に墓穴を掘ってしまった勝太郎。

原口にちょっと付き合えといわれなぜかテニスをすることになります。

聖は晶に、そして勝太郎は原口に、と少しずつ気持ちが動いているのかなと思いますね。

子星中学校の体育祭が終わり、聖が車で自宅に帰ろうとすると、ピンクのハチマキが車のミラーに巻いてありました。

ハチマキをよく見ると黒岩と名前が書いてあり、それを見た聖は戸惑うばかりです。

晶はもどかしい気持ちになりながら猛スピードで自転車をこぎ道を踏み外し転んで怪我をしてしまいます。

その時にちょうど聖の車が通りかかり発見してもらいます。

聖が晶のもとに駆け寄り「黒岩くん、大丈夫?怪我してるの?」と聞きます。

足から血が出ているのを見た聖に晶は自分の気持ちを抑えることが出来ず無言で抱き寄せてしまいます。

そして「先生、僕のことを嫌いにならないで下さい。」と伝えます。

聖は「黒岩くん、落ち着いて。こんなところ誰かに見られたら…」と伝えると「僕は別に見られても大丈夫です。」と返答。

なんとか晶を落ち着かせ、車で自宅に送って行こうとする聖。

晶の自宅にいくら電話を掛けても繋がらないので、ひとまず晶を聖の家に連れていき怪我の手当てをすることになります。(男子生徒を怪我の手当てとはいえ自宅に連れて行くのはないでしょ!と思ってしまいましたけど笑)

聖の自宅で怪我の手当てが終わり、ここでまさかの婚約者・勝太郎が聖の自宅を訪れてきます。

黒岩晶と勝太郎、そして聖の3人が顔を合わせることに?!

ドラマ「中学聖日記」第2話のあらすじネタバレ感想は以上となります。

ドラマ「中学聖日記」2話についてネットやTwitterの反応!

ドラマ「中学聖日記」第2話を観てもどかしい気持ちや胸が締め付けられる気持ちになる人続出ですね。

筆者も「嗚呼…青い春ってこういうことなんだな」と思いながら懐かしんで見ています(笑)

中学生、高校生頃の男子って年上の女性に強い憧れを抱く時期なんですよ。

なぜか分からないけど、同級生の女うぜー!子供にしか見えねー!とか思ってしまう年頃なんですよ。

今思うと完全に中二病なんですけどね(笑)

黒岩晶を見ていると大人になりきれないもどかしい自分、そしてそのもどかしい気持ちとパワーを発散する場所がなくてヤキモキして苛立ちを抑えることが出来ない気持ちが痛いほど伝わって来ます。

思春期ってそういうものなんですよね。

ドラマ「中学聖日記」第1話の視聴率が6%ほどとかなり低かったんですが、個人的には今期のドラマの中でかなり面白いなと思います。

まとめ

10月16日(火)に放送したドラマ「中学聖日記」2話のあらすじネタバレ感想についてご紹介しました。

中学3年生という多感な時期に年上の教師を好きになることは現実の世界でもあることですよね。でも教師も大人なので普通は理性を働かせて拒むのが常識だと思います。

ドラマ中でも夏木マリさん演じる塩谷三千代も「教師は聖職です。」と言ってるくらいですからね。

末永聖と黒岩晶のふたりの距離はますます縮まって行くのでしょうか?!

関 連 記 事

シェアする

フォローする