Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

僕らは奇跡でできている|2話ネタバレ感想!琴音が一輝に恋心を抱く?!

シェアする

僕らは奇跡でできている

10月16日(火)にドラマ「僕らは奇跡でできている」2話が放送します。

自分の好きな動物や生き物に対して周りが見えなくなるくらい没頭してしまう大学教師の相河一輝(役:高橋一生)。純粋な気持ちで自分の好きなことを追い求める為、周りからは空気の読めない男と思われています。第2話ではそんな相河一輝が授業の一環で学生達とフィールドワークに出かけることになります。

ドラマ「僕らは奇跡でできている」2話のあらすじネタバレ感想をまとめてみたいと思います。

ドラマ「僕らは奇跡でできている」2話のあらすじと予告動画!

大学で動物行動学を教える相河一輝(高橋一生)は、ある日、通っている歯科クリニックで“キッキッキッ”と音が出る古い水道の蛇口を発見。その音が鳥の鳴き声に似ていたことから、授業でフィールドワークに出かけることを思いつく。しかし大半の学生は、学外に出るフィールドワークを面倒に思うばかりで、ワクワクしているのは一輝ただ一人——。

一方、育実(榮倉奈々)は一輝に言われた「先生はウサギっぽい」「ウサギはカメを見下すために走る」という言葉が忘れられず、落ち着かない時間を過ごしていた。

ある日、歯科クリニックで出会った宮本虹一(川口和空)と公園で再会した一輝は、生き物に深い興味を示す虹一に、自分が人知れず山で調べている“ある謎”を打ち明ける。
虹一もまた、一輝に親しみを感じるが、虹一の母・涼子(松本若菜)だけは、息子に近づく怪しい男を警戒していた。

迎えたフィールドワーク当日、山に到着した一行は、音を出して鳥を呼び寄せる“バードコール”を手に鳥との会話を試みるが、なかなかうまくいかない。
そんな中、青山琴音(矢作穂香)は、まるで子供のような無邪気さでフィールドワークを楽しむ一輝に胸の高鳴りを覚えて……?

一方、育実は、ケンカした恋人の鳥飼(和田琢磨)と仲直りしようと、自宅で手料理をふるまうことに。しかし、相手を気遣ってついた小さなウソが、かえって雅也を傷つけてしまい、距離を置かれてしまう。

イライラが募る育実は、ある晩、ストレス解消のためにひとりで焼き肉を食べに行く。ヤケ食いとばかりに次々注文していると、そこへ一輝が現れて……!?

引用:僕らは奇跡でできている 公式サイト

ドラマ「僕らは奇跡でできている」2話のあらすじネタバレ感想!

フィールドワークは楽しい授業

主人公の相河一輝は生徒たちとフィールドワークでの授業を行うことにしました。

動物行動学を教えている先生ならば、こういう授業はあって当たり前だと思います。

しかし、大学では単位を取るためだけに、動物行動学を受けている生徒が多く、最初の反応は今一つでした。

私は散歩が好きで、自然の中を歩くこともあります。ごくたまに山に出かけることもあります。

そこで、一番気になるのはやはり鳥の鳴き声です。

ですが、そんな私も若い頃は自然の中で過ごす趣味がなく、いろいろな自然の音を楽しむのが楽しいとは思えませんでした。

なので、生徒たちがフィールドワークに馴染めないのも良くわかります。

しかし一度、自然の素晴らしさを知ってしまうと、さらにいろいろなことを知りたくなってきます。

今回のフィールドワークでの授業では、相河先生が一番楽しそうに授業をしていました。それを見ていた生徒はまずは先生の行動に面白さを感じたようです。

そして、実際に道具で鳥の鳴き声を模倣してみると、それに反応して自然の中の鳥たちも反応しました。

さらに鹿も反応したのは凄いと思いました。

今後はさらに生徒たちが動物の行動について興味を持っていくと良いなと思っています。

相河一輝が通っている歯医者の水本育実(役:榮倉奈々)とは偶然の出会いが多く、焼き肉店ではお互いが一人焼き肉をしています。

席が近いということもあり、焼き肉をしながら、二人はいろいろと話をしますが、相変わらず話が噛み合わないようです。

一見、相河一輝が話していることはトンチンカンなように聞こえてしまいます。

しかし、そこには普段、私たちが悩んでいることのヒントが隠されているような気がしました。

歯医者の水本さんも反応していましたが、相河一輝も最初は自分のことが大嫌いで、毎日泣いていたと言っていました。

毎日泣かないにしても、自分のことが好きになれないという経験を持っている人は少なくないような気がします。

私も10代の頃まではそのような傾向がありました。

しかし、22歳の頃から自分を好きになれるようになりました。

相河一輝も何らかのきっかけで自分のことが好きになれたのだと思います。それはもしかしたら、自分のことを丸ごと認めて上げたのではないかと思っています。

水本さんももしかしたら、今の自分のことが好きではなくて、それを悩んでいるのかもしれません。

もし、自分のことが好きで全て認めて上げているのであれば、周りの人に何を言われてもそれほど気にしなくなると思います。

水本さんはあまり恋人との関係がうまくいっていないようです。

しかし、今後は相河一輝と接することによって、何かが変わっていくのではないかと思いますし、それを期待したいですね。

ドラマ「僕らは奇跡でできている」2話のネットやTwitterの反応!

ドラマ「僕らは奇跡でできている」の第2話の反響がとてもスゴイです。

高橋一生さん演じる相河一輝のセリフが心に響いたという声がとても多かったです。

特に焼肉屋でのセリフが勇気をもらえるようですね。

人と少しでも違うと変な目で見られる時代だけど、それでも好きなことに目を輝かせて胸を張って生きていけるのはとても素敵なことなんだと思いました。

生徒たちの前でも少年のような眼差しで自分が一番楽しんでいる先生なんて最高じゃないですか?!

学生時代にそんな素敵な先生に出会うことが出来たら人生変わりそうですよね!!

ドラマ「僕らは奇跡でできている」第2話もとても素敵な内容でした。

まとめ

10月16日(火)に放送するドラマ「僕らは奇跡でできている」2話のあらすじネタバレ感想をまとめてご紹介しました。

周りが見えなくなるくらい自分の好きなことに没頭できる相河一輝はある意味、羨ましいなと思いますけどね。年を取ると好きなことに没頭する集中力が無くなってきますから(笑)

少年のような眼差しで好きなことに没頭している一輝を見て青山琴音(役:矢作穂香)は少しキュンとしちゃったのでしょう。

一輝は空気の読めない男性なので恋愛事には鈍感そうなので気が付くことはなさそうですけど…。

ドラマ「僕らは奇跡でできている」2話もお見逃しなく~♪

関 連 記 事

シェアする

フォローする