Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

砂防ダムの転落イノシシは救出された?現在やその後の画像を調査!

シェアする

いのししの子供

北九州市門司区の小森江川にある砂防ダムに二匹のイノシシが転落してしまいました。

報道番組で知ったんですが、イノシシ二匹を助けるべきか、放っておくべきか最初、議論していましたね。ですが、放送終了後に視聴者から弱りきっているので助けてあげて欲しいとたくさんの要望があったようです。

そんな本日は砂防ダムに転落したイノシシは捕獲されたのでしょうか、現在の様子とその後の画像を調べてみました。

砂防ダムの転落イノシシは捕獲された?

砂防ダムは高さ6mの壁で囲まれているので中に落ちてしまったら自力で脱出することが出来ません。

砂防ダムの近くに住む女性が市の職員にイノシシを救出して欲しいと要請をしたのですが、鳥獣保護管理法で自然の動物に勝手に触れることが出来ないという理由で動向を見守る結果となりました。

ですが、時間が経つにつれイノシシは少しずつ弱って来ました。

それを報道で知った視聴者から救出して欲しいとたくさんの要望を受けてやっと市の職員が動く事態となりました。

最初はダムの上から木でスロープを作り餌で誘導するように救出作戦を計画しました。

餌はよく食べるのですが、問題のスロープを上ろうとしません。

専門家はこのスロープがあまりにも人工的なのでイノシシが警戒しているのだろうと分析していましたね。

確かにイノシシが渡るには人工的過ぎますし、ちょっと怖いなと思いました。

こんな感じのスロープですね。

なかなかの距離と高さがあるのでイノシシもちょっと怖いと思います。

この救出作戦を決行しましたが、思うように事が運ぶことはありませんでした。

そして次に立てた救出作戦がワナ設置捕獲作戦!!

読んで字の如しで檻を作りその中に餌を入れイノシシが入った瞬間に檻を閉鎖!そのまま人力で上まで運ぶという至ってシンプルな方法です。

最初からこの方法で捕獲すればいいのにと思ってしまいましたけどね。

この方法なら確実に救出されると思いますが、どうなのでしょうか。

転落イノシシの現在とその後の画像は?

最後に砂防ダムに転落したイノシシの現在とその後の画像をご紹介したいと思います。

最初は衰弱してカラスに突っつかれたりしていましたが、餌を食べたので少しは元気が出て来たと思います。

現在の画像などを載せておきますね。

現在は元気よく走り回っているようですね。

ワナ設置捕獲作戦で間違いなく救出されるでしょう!!

また新しい情報が入りましたらこちらに追記したいと思います。

まとめ

北九州市門司区の小森江川にある砂防ダムに二匹のイノシシが転落してしまいました。

いろんな意見がある中、今回救出するという形を取ったのはやはり良かったと思いますね。そのまま放置しろという意見もあったようですが、可哀想ですよ。

雨が降ればダムに水が溜まって大変なことになるだろうし、早めに救出してあげて欲しいなと思います。

関 連 記 事

シェアする

フォローする