Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

黄昏流星群|4話ネタバレ感想!美咲の重大な秘密は不倫・浮気?!

シェアする

黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~

11月1日(木)にドラマ「黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~」4話が放送します。

完治と栞の関係が少しずつ深くなって来ました。それと同時に真璃子も美咲の婚約者・春輝に少しずつ心を奪われていきます。ところが美咲にも両親には話すことが出来ない重大な秘密があったんです…。

そんな本日は「黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~」4話のあらすじネタバレ感想をまとめてご紹介します。

黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~4話のあらすじ!

銀行復帰への道を探るため接待ゴルフに参加した瀧沢完治(佐々木蔵之介)だったが、虚しさだけが去来し、その場を去った。目黒 栞(黒木 瞳)と会うことで心を癒した完治は、別れ際に栞からキスされ驚く。

一方、妻の真璃子(中山美穂)は日野春輝(藤井流星)から「最近美咲(石川 恋)の元気がない」と聞かされ、その本当の理由を告げに春輝の事務所へ。しかし、夫や娘に募る不安や悩みを吐露するうち、春輝の優しさに触れ、思わず涙が溢れてしまう。春輝はそんな真璃子にそっと自分のハンカチを差し出した。

日曜日には、瀧沢家に春輝が再訪。真璃子と美咲は歓迎するが、春輝と初対面の完治は、美咲のためを思って年収や家のことなどを率直に尋ねる。真璃子たちは完治を止めようとするが春輝は臆せず答える。その完璧な返答に圧倒された完治は、春輝が帰った途端、美咲から怒りをぶつけられてしまう。

荻野倉庫に出社した完治は、重要書類は鍵をかけて保管すべきだと提案。だが、そんなに社内の人間が信用ならないのか、と川本 保(礼二)たちにつっぱねられる。完全に社員たちに嫌われてしまった完治。やるせなく社を後にすると栞が待っていた。

居酒屋「一番星」に並んだ二人。川本たちとの会話を見ていた栞は、銀行の常識が通用しないこともあると告げる。素直に胸の内を語り合い、食事をして別れるだけの関係。今はまだ、それだけで癒される二人だった。

真璃子は美咲のうなじにキスの跡を目撃。春輝のものなのか?しかし、その美咲は両親や春輝も知らない重大な秘密を抱えていた…。

引用:黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~ 公式サイト

ドラマ「黄昏流星群」4話のあらすじネタバレ!

さっそくドラマ「黄昏流星群」4話のあらすじネタバレをご紹介したいと思います。

完治と栞が真璃子は娘の婚約者である春輝(役:藤井流星)に優しい言葉をかけてもらったことでさらに意識するようになります。

週末に春輝が瀧沢家に結婚の挨拶にやって来ます。

そこで完治は春輝に収入のことなどについて詳しく聞いて娘の美咲を怒らせてしまいます。

しかし春輝は臆せず答え、その完璧さに完治は圧倒されてしまうのでした。

完治(役:佐々木蔵之介)は出向先の荻野倉庫の管理体制について川本(役:中川礼二)ら従業員に意見をしますが、社内の人間のことが信用できないのかと言われて冷たくあしらわれてしまいます。

その様子を見ていた栞(役:黒木瞳)は完治の言うことは正論だが、銀行にいた時の常識が通用しない時もあると助言します。

二人で食事をした帰り道、栞は完治にキスをしたことを謝ります。

今は二人で食事をして別れる関係が良いのだと伝えます。

週末、以前から約束していた山登りに出かけた完治と栞ですが栞の携帯に母親が入所している施設から連絡が来ます。

怪我をしたと聞いた完治と栞は山登りを中断して施設に向かいます。

そこで完治は、栞の母親の悦子(役:岩本多代)から亡くなった夫と間違えられてしまいます。

女性の顔に戻った母親を見て栞は羨ましく思うのでした。

栞はずっと親の介護をして来て、自分の人生を後回しにしてきました。

恋愛から遠ざかってしまった自分より母親の方が女性らしく見えて虚しさを覚えたのだと思います。

完治が既婚者なのもありますが、完治と恋愛を始めることに対して臆病になっている気がしました。

ある日、美咲は春輝と映画の約束をしていましたが仕事で行けなくなります。

しかし、携帯を忘たことから連絡が取れなくてなってしまい真璃子に伝言役を頼みます。

動揺する真璃子ですが、心のどこかでは春輝と会えることを嬉しく感じていました。

美咲が来れないことを伝えて帰るつもりでしたが、春輝に誘われて一緒に映画を観ることになります。

帰り道に春輝から、美咲には他に好きな人がいるかもしれないと告げられます。

春輝の横に座る真璃子の緊張がこちらまで伝わって来るようでした。

春輝に対する想いがどんどん強くなっている気がしました。

春輝はそんな真璃子の気持ちに気付いているようですが、いまいち何を考えているのかわかりません。

完治は栞と食事をします。

そこで栞は今の自分の正直な思いを告げます。

恋愛から逃げて歳だけとってしまったと言う栞の手を完治はそっと握ります。

そして二人はホテルへと向かうのでした。

エレベーターには完治たちの他にもうひと組カップルが乗っていました。

完治がじゃれ合っているカップルの女性の顔をそれとなく見るとそこには美咲の姿がありました。

完治と栞がホテルに向かったのも衝撃ですが、美咲のことを知ってさらに衝撃を受けました。

今後の展開が楽しみです。

ドラマ「黄昏流星群」4話の感想!

ドラマ「黄昏流星群」4話を見た率直な感想をご紹介します。

まず、それぞれの関係に進展があったことに衝撃を受けてしまいました。

栞と完治の二人がお互いに惹かれ合っているのは最初から分かっていましたが、真璃子と春輝の関係も少しずつ進展しましたよね。

少し意見を言わせてもらうと春輝からすると真璃子はこれから義母になる予定の人なわけで、映画を観たあとにお互いの感想を言い合うシーンがありました。

その時の会話に違和感を少し感じちゃいましたね。

義母と話す会話の内容に違和感というか、これから結婚する相手の母親にあんなことを話すかな?と(笑)

最初から女性として意識した会話の内容かなと思ってしまいました。

例えば「ご主人と上手く行っていないのでは?」とか、本来なら余計なお世話ですよね。

春輝が最初から真璃子のことを女性として見ているなら納得の行く話しですが、結婚の挨拶もしたのに微妙な空気感だなと。

結婚の挨拶をしたのに美咲に好きな人がいると思う、と告げるのも疑問が。

黄昏流星群のストーリーには賛否があると思いますが、個人的にドラマとして観る分にはとても楽しいなと思います。

あと、美咲の相手がかなり年上で驚きました!!

真璃子が完治に「美咲はファザコンかもしれないね。」と話していたのを思い出して妙に納得しましたけど。

本当は完治に求めたい愛情を違う年上の男性に求めてしまったのかもしれません。

完治が真璃子や美咲としっかり向き合ってこなかったツケがここで回って来たんだと思いますね。

美咲の相手役が高田純次さんだったことにも驚きましたけど(笑)

第5話からまたいろんな進展があるのでしょうね!

ネットやTwitterの反応は?

黄昏流星群にはかなり賛否があるようです。

ドラマにのめり込んで見てしまうと気持ち悪さや苛立ちが出てくると思いますが、ドラマだと割り切って見ると楽しめると思うんですよね。

筆者は完全にドラマだから…。と割り切って観ているのでめちゃくちゃ面白い展開です。

逆に見ていて不自然になるくらいハッピーエンドなドラマが好きではないので、非現実的でなかなか体験することが出来ないようなドラマはやっぱり面白いですよね。

今期のドラマだと中学聖日記、大恋愛、獣になれない私たち、黄昏流星群はみんな婚約者(結婚相手)がいるのに他の相手に目移りして恋愛をしちゃいます。

シチュエーションや環境はまったく違うけど、大まかな流れは似ているドラマ作品ですよね。

黄昏流星群 4話を観ていて完治と美咲がホテルで鉢合わせになったシーンはどっちも声掛けられないよなぁ、としみじみと観ていました。

これで真璃子ひとりだけが完全ホワイトだったらとても可哀想だけど、これから真璃子も春輝となにかしらあると思うので、誰も何もいえない状態ですよ。

ドラマ「黄昏流星群」5話が今から楽しみすぎますね!!

まとめ

11月1日(木)に放送するドラマ「黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~」4話のあらすじネタバレ感想をご紹介しました。

完治は栞との楽しい時間を過ごすことで仕事の嫌なことを忘れ、家族との距離が少しずつ離れて行ってしまいます。

そして妻・真璃子は娘・美咲の婚約者・春輝に少しずつ惹かれて行ってしまいます。

はたから見ればとても幸せそうな家族ですが、実はみんなが別の方向を見はじめ、家庭崩壊に向かって進み出していることに気が付きません。

一度、歯車が狂ってしまうと元に戻すのは容易ではありませんよね。

美咲も両親や春輝に隠している重大な秘密があるようですし、物語が進むにつれいろんなことが明るみになってきますね。

ドラマ「黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~」第5話も楽しみです。

関 連 記 事

シェアする

フォローする